2009.12.28

2009年の個人的感想~F1

今日は仕事納めでした。初めての仕事納め(社会に出てからずっと365日無休の職場でシフト制で働いていたので)。だからどうということはありませんが。今年はなんだか忙しかった、まるまる一日休みだった日が月に何日あったかなあという感じでした(ちょっと大げさ)。そんな具合で、あまり今年はブログが書けなかったので、まあちょっとジャンル別に今年を振り返って書いておきたいことを少し書いてみようかと思います。まあ、例によって大した内容ではありませんが。

まずはF1。ブラウンGPやフォースインディアの奇跡(個人的にはフォースインディアの方がより驚きが大きかったです)とか、バトンの戴冠だとか、ベッテルくんの活躍だとか、後半戦の新旧の強豪のバトルとか、覚えられない名前の新人とか、またしても「よくある苗字+めったにない名前」の組み合わせの日本人ドライバーとか(ザウバーの正ドライバー決定おめでとうございますです)、ブルドーザーみたいなマシンとか、スリックタイヤとか、もろもろあって興味深いシーズンでしたが、私のライコネン(まあ言うのはタダだから)がアレだったので、個人的にはまことにテンションの上がらないシーズンでした。後半、開発が止まったマシンで善戦し、優勝を含む4回連続の表彰台を獲得したあたりは楽しかったですけど(当たり前ですが)。あれはさすがだった。

あの事実を思い起こすと、前半の不調はなんだったんだろうと思うんですよね。フェラーリの契約解除やF1からの離脱についてもいろいろ思うことはあります。素人が何を言おうと憶測に過ぎないし、負け惜しみみたいで嫌だから書きませんけれども。って、何度も既にここで同じことを書いているような。何しろいろいろ書きたいのを無理に抑えていますから(苦笑)。随分業界の人には言われていましたよね、やる気がないとかその他もろもろ。まあ私も業界の人の意見にその都度素直に動揺していましたが。でも、不調の前半でもモナコでは表彰台を獲得していること、開発が止まった後の活躍、ラリー転向などの事実を見れば、結局、前半も後半もライコネン自身に違いはなかったと言っていいんじゃないかと個人的には思います。まあ、今さら何を言っても不毛ですが。

今年はまだ本の総集編は買っていないなあ、そういえば。最後だから買おうとは思っているのですが、なんかちょっと寂しいのもあって・・・。WRCの雑誌を本屋で見ると、来年からはこれをチェックするのかと思います。F1も見るつもりですが・・・。シューミは戻ってくるし、新しいチームがたくさん増えるし、給油が禁止になるし、せっかくいろいろ面白くなりそうなのに、その面白くなりそうなF1にライコネンがいないなんて。でも、WRCのシステムやマシンのことはよくわからないけれど、チャンピオンと同じマシンに乗れるというのはやっぱりおいしいことには違いないと思いますから、あくまで"勝ちたい”ライコネンにとってはもしかしたら一番正しい選択になるかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.24

メルセデスGP一人目のドライバー発表

メルセデスGPのレギュラードライバーはかねてからの噂どおりニコ・ロズベルクだそうで。

http://f1.gpupdate.net/ja/news/2009/11/23/224026/

音速ディカプリオ(Byフジテレビ)の相方は誰なのでしょうか。もう9割諦めがついているんだけど、まだ1割期待している自分がいます。ライコネンは本当のことしか言わないから、99%ないとわかっているんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.19

バトン、来季はマクラーレンへ/ライコネンは来季休業

だそうで。

バトンのマクラーレン入りが正式決定

ライコネン 2010年は休業

休業という言い方をしているけれど、あまり期待はしていません。相場というのがわからないのでなんとも言えませんが、唯一交渉していたというマクラーレンと合意に至らなかった条件の内容が報道されている通りならば、そもそもそれほどF1に残りたかったわけではないとしか思えないです、素人には(まあ、ライコネンがF1の社会をあまり好んでいなかったことはよく言われていたことですが)。妥協すればいくらでも選択肢はあったであろうにそれを選ばなかったのだから、つまりはそういうことなのでしょう。それがライコネンの結論なら仕方がない。

でも、残念だし、もったいないし、つまらないし、寂しい。それに最後のレースがアブダビの12位なんて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.11.17

メルセデスGP誕生/グロックはマノーへ

なんかバトンがマクラーレンのファクトリーを行ったとか行かないとかで、ちょっと胸のドキドキの音が以前よりも大きくなっている今日この頃です。そんなライコネンファンの気持ちをよそに、ライコネン関係以外のことに動きがいろいろあったようで。

まずはこれですね、メルセデスのブラウンGP買収。リンク先の記事内のドライバーラインナップ予想が若干癇に障りますが、まあ、これで資金的に安心と言えるのかな。名前はメルセデスGPということで、あくまでGP押しなんですね。カラーリングはやっぱりシルバーなのでしょうか、シルバー好きだからカラーリングが楽しみ。メルセデスはマクラーレンとの関係も継続だそうで(リンク先の記事内の・・・以下省略)これは嬉しい(単純にマクラーレン・メルセデスが好きなので)。ハウグはやっぱりメルセデスGPの方にいるわけですよね、ハウグとブラウンのツーショットがもたらす圧迫感はかなりのものと思われます。

あと、元トヨタのティモ・グロックがマノーチームのドライバーに決まったそうで。急にチームにF1撤退されてしまったグロックの立場を思うと本当に良かったと思います。それにしても、来季なんかたくさんチームが増えるんですね。それはそれで楽しみだけど、絶対レースの流れがわけわからなくなりそう、今でも十分わけわからないのに。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.05

F1から日本がいなくなる

最終戦アブダビGPが終わってから、ウィリアムズの来季ラインナップに中嶋くんの名前がないとか、トヨタが遂に1勝もあげることなく今季限りで撤退だとか、ブリヂストンが来季限りで撤退だとか、とにかく息もつかせぬ勢いで日本関係の撤退話が続いていますが。別にF1に関しては特にナショナリズムを発揚しているわけではないですけれども、やっぱりちょっと寂しい。まあ、あえて言うならブリヂストンの撤退ですね、これが特に残念。今はワンメイクだから特にないけれども、ミシュランとやりあっていた頃は「やっぱりなんやかんや言って日本製は素晴らしい」とちょっと誇らしく思うことが何度かあっただけに。あと、一時は来季は正ドライバーかとも言われていた小林可夢偉選手がちょっと気の毒であります。名前がすごく日本人F1ドライバー仕様なのになあ(関係ない)。

アブダビGPの方は例によってまだ見ていません。予選だけ見たんですけれども、サーキットのデザイン(コースではなくサーキットそのもののデザイン)がなかなか凝っていたり、トワイライトレースだったり、視覚的に面白かったです。トワイライトレースはドライバーにとっては刻一刻と変わる明るさの変化に対応していかなければならない点でなかなか大変そうだと思いましたが。

でまあ、レースの映像は見ていないんですけれども、ライコネンの結果がシーズン締めくくりとしてはちょっと切ない結果になってしまったことは知っております。残念。でも、シーズン後半のライコネンは、眠れる獅子が目覚めたかのごとく、開発を止めた車で素晴らしい走りを見せてくれましたから。今年はF1のニュースをチェックするたび(忙しくてもそれはやっています、仕事の合間に)悲しい気持ちになることが多かったけれど、シーズン後半に“見たいライコネン”を何度も見られたので、まあ、「終わりよければ全て良し」というにはアブダビがアレでしたけれども、後味は悪くないです。本当にシーズン後半のライコネンはいろいろな意味でかっこよかった!(髪形以外) ファンとしてはかなり満足しています。来年もF1で満足させてください、F1で。

そういえば、今年の最多ファステストラップはベッテルくんだそうですが、その前2年間最多ファステストだったライコネンは今年は0回だったんですね(ベッテルくんの記事を読んで気付いた)。これで終わりはよくないですね、やっぱり来年もF1で走ってファステスト取らないと。あと6回かな、ファステストを取れば、プロストを抜いて歴代2位になるらしいので、やっぱりそこまではやり遂げてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.19

おめでとう、バトン

まだレースの録画は見ていませんが、ジェンソン・バトンがブラジルでついに初戴冠だったそうですね。おめでとうございます。昨年の今頃は翌年F1人生最高の幸せを味わえるとは夢にも思っていなかったことでしょう。本当に良かった。バリチェロはね・・・歳が歳だけに取らせてあげたかったというのはあるんだけど・・・。まあ、それこそバトンのごとく、人生何が起こるかわからないから・・・。だから来年もがんばってください。鉄人の名にふさわしく、40歳までがんばって(まあ、鉄人と呼んでいるのはフジテレビだけですが。それにしてもフジテレビが彼を「鉄人」と呼んでいるのはキャリアからなのかな、それともルックスからなのかな。ルックスそっくりですよね)。

ライコネン、ドライバーズランキングは下がってしまったけど、あのマシンで今回も入賞ということは良いレースをしたということだと解釈します。フリーの順位すさまじかったのによくがんばったなあ。レースの録画を見るのが楽しみですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.07

がんばれ、関ジャニくん/クビカはルノーへ

関ジャニ∞から同時期に3名の病人(安田くん、大倉くん、横山くん)が出てしまったそうで。まあ、このうち、最初に病気になってしまった安田くんは快方に向かっているようでちょっと安心しましたが、早く大倉くん、横山くんも元気になりますように。大倉くんと安田くんは罹患時期がせっかくの連ドラの制作発表会見日に被るというタイミングの悪さがまたかわいそうでした。大倉くんにとっては初主演作だし、ヤスにとっては久々の連ドラなのになあ。そして、まだかかっていない村上くん、すばるくん、マルちゃんには感染することがありませんように。

で、F1のストーブリーグネタ。かねてからの噂どおり、ロベルト・クビカの来季のシートはルノーになりました。

http://f1.gpupdate.net/ja/news/2009/10/221293/07/

なんで上記リンク先の記事のクビカの写真がこんなキメキメなのだろうという疑問以外に特に言うことはないですね。アロンソが抜けて空いたシートに、所属チームは今季限りで撤退するけれど来季もF1に残すべき才能あるドライバーがすっぽり納まったというだけのことですから。

それよりライコネンの来季のチームが早く知りたい、F1で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.04

2009F1日本GP 他

そういえば、昨日の「左目探偵」の中で横山くんのキミタカ時代の写真が出ていましたね。一緒に写っていたのは幼い頃の山田くんなのかな、大きな黒い目がきらきらして可愛かった。まあ、山田くんの写真だと思うのだけど、キミタカ時代に山田くんはジャニーズに入っていないと思うから、あれは合成ということになりますか。妙なところに気合入れているなあ、日テレ。

横山くんと言えば関ジャニ∞ですけれども、関ジャニの新曲が11/4に発売ということで、まあ、一年ぶりのシングル発売にちょっとわくわくしていたんですけれども、タイトルが「急☆上☆Show!!」・・・。あの、どうしてこういうことになるかなあ、どう考えても最年少24歳最年長28歳の男性グループ(しかも一応アイドル)が歌う歌のタイトルではないでしょう、これは。いくら歌そのものが「keep the faith」並みにかっこよくてもですよ(このブログを書いている人の中では一番クールなジャニーズ曲は「keep the faith」ということになっています)、名前がこれの時点で印象の面でかっこよさが何割減ですよ(哀)。まあ、なんやかんや言いつつ、歌番組露出が楽しみなのですが。

ジャニーズといえば、ジャニーズきってのF1通(多分)堂本光一くんもゲスト出演していた今日のF1日本GPですが。光一くんは残念ながら副音声でした。主音声のほうは先輩のマッチさんでしたが、マッチさんの解説はいつも聞いているのでせっかくだから光一くんの解説が聞きたかったです(でも主音声のほうに森脇さんとか佐藤琢磨選手とかがいたからそちらを取りました)。佐藤琢磨選手の解説良かったなあ、彼は声が綺麗だし落ち着いてしゃべるので聞き取りやすく、知りたいことを必要な範囲で簡潔にわかりやすく言ってくれる。解説に向いていますね。

で、肝心のレースですが、もうベッテルくんのベッテルくんによるベッテルくんのためのレースという感じで。2005年にMP4-20を駆っていた頃のライコネンのごとく、ポールから一度も1位の座を明け渡さない完璧な勝利でした。タイヤ2種類ちゃんと履いたのかと思うくらい、スピードが安定していたなあ。またこの子は喜ぶ姿が本当に無邪気で可愛い。こんなに感情を表に出す人が感情を表に出さない人と大の仲良しというのが面白いです。

その感情を表に出さない人の方ですが、今回も空気ながらよくがんばりました。開発を止めたマシンでよくまあ・・・(涙)。正直今回の件が精神的な影響を及ぼしていないかちょっと心配でしたが、そこのところはさすがですね、堅実でできるだけのことはやった良いレースだったと思います。この調子で残り2戦いってほしいですね。なんとかコンスト3位を守って、かっこよくフェラーリを後にしてほしいです。

今回のレースで何気に一番興奮したのが最後のピットストップ。トヨタがマクラーレンをピットでかわしたときです。あれは本当に興奮しました。ティモ・グロックは重傷ではないみたいで良かったですね。昨日の予選で担架に乗った彼が親指立てるまでは本当にドキドキしました。用意されたのが青いシートではなかったからひどいことにはなっていないと思ってはいたけれど。予選であまりにデグナーでクラッシュが多かったから決勝も心配だったけど(何しろ地上波では放送の締めがコヴァライネンのクラッシュでしたから。実況・解説の悲鳴で番組終わりましたから)、決勝ではデグナーは大丈夫で良かった、その代わり130R出口でありましたけれど。アルグエルスアリ(3回確認したので覚えられたかも!)も、救急車に乗っていたからちょっと心配でしたが、何事もなかったようで何よりです。

次戦はブラジルですか。バリチェロはバトンというよりジンクスとの戦いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.01

アロンソ、来季からフェラーリへ

なんとかは風邪をひかないという言葉を信じて、風邪のひき始めに何も対策をしないでいたら本格的に風邪をひいてしまってちょっとしんどい今日この頃です。熱はまったくないのでインフルでないことは確かだと思いますが。言い伝えはあてになりません。

まあ、そんなところにですね、追い討ちをかけるようなニュースが。

ルノーのフェルナンド・アロンソが来季からフェラーリに加入し、ライコネンが離脱することが正式に発表されました。

フェラーリ アロンソ加入を正式発表

まあ、噂どおりだったわけですが。アロンソ加入・ライコネン離脱の事実の裏にどういう事情があったかわかりませんし、ライコネン自身は非常に素直なコメントを出していますので、諸々思うことは多々ありますけれど、何も書かないでおこうと思います。それに、このチームで念願のチャンピオンを獲得できたことは紛れもない事実ですし、フェラーリはフェラーリですから。まあ、諸々思うことは多々ありますが。

ライコネンはこれからどうなるのかな。なんか古巣に戻るという噂がありますけれども。なんであれ、来年も彼の勇姿を見ることができますように。彼の価値がわかるチームで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.28

2009F1シンガポールGP

ここのところずっと休みなしで(あ、22日と23日は休みましたが。とっても幸せな時間を過ごしてきましたheart04)、明日も仕事なので、さくさくと感想を。

というか、仕事云々以前に感想の持ちようのないレースでした。ロズベルクのタイミングの悪さに涙。あと、グロック、ハミルトン、アロンソ、バトン、ベッテルくんの走りが素晴らしかった。まあ、それくらいです。正直、シンガポールGPは見ていてあまり面白くないなあ。空撮映像の夜景はとても素晴らしいですが、マシンがアップになると、まわりがほとんどコンクリの壁と高い網というか柵というかそんなもので囲まれているので映像が単調になるし、コース自体は全然抜けないし。バレンシアと被って、自分の記憶の中でごっちゃになるし(それはおのれの問題)。
まあ何が一番面白くなかったって、結局ライコネンが空気だった上にノーポイントだったことなのですが(苦笑)。

トヨタはあれですね、どうしても優勝できないですね。2位まではいくのだけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧