« 2013年11月 | トップページ | 2015年12月 »

2014.12.29

2014年はすばるくんファン冥利に尽きる一年でした②

そして10月13日のドリフェスへの単独出演。私はチケットが取れなかったのですが、またしても誘っていただき、ファンばかりではない会場で一人で歌うすばるくんを見ることができました(でも思った以上にエイトファンが多かった)。フェスの冒頭、出演者の名前が次々にモニターに出てすばるくんの名前が出たとき、感動でちょっとうるっときたので、これは本番一人でステージで歌っている姿を見たら涙が止まらないのではないかと危惧しましたが、実際にバンドを従えて堂々と歌うすばるくんを見ても特に涙は出ませんでした。というかそもそもステージをあまり見ていなかったかも。何かもう歌を聞くので精いっぱいで、聞きもらさないように、そしてそれを味わうことに集中していた気がします。オープニングでのブルースハープの演奏には驚かされましたし、こぶしを回して歌っていた「愚か者」、囁くような冒頭から泣きそうに歌うサビまで表現力の高さを感じさせた「レイニーブルース」も良かったですが、何といっても「スローバラード」が圧巻でした。「カバーズ」で聞いたときよりもすばるくんらしさが出ていたと思いますし、「カーラジオから~」から始まる盛り上がりの部分の特に高音がとても伸びがあり声もボーイアルトのような澄んだ美しさがあって聞き惚れましたよ、本当。会場を覆うような声量と迫力があって、まさに圧巻でした。「スローバラード」を聴いているときに、ふとスタンド席を見たら、結構座っている人が多かったのですが、立っている人も座っている人も一様にステージのほうに体ごと向いて見入っているかのごとく全く動かなかったのが印象に残っています。たった30分ほどの出演でしたが、本当に満足で、その後何週間も余韻に浸っていました。

ドリフェス自体、とても楽しかったです。他の出演者の歌をライブで聴くのは初めてでしたが、どの出演者もさすがの実力で聞きごたえがありましたし(スピッツの「チェリー」を生で聴けたのはとても感激でした)、ステージ上での出演者同士の直接の絡みはありませんでしたが、他の出演者ネタやカバーを聴けるというフェスならではの醍醐味もありました。アーティストたちが気さくなトークをする中、ジャニーズという一番テレビタレント化した立場であるはずのすばるくんが途中MC一切なし、言葉での煽りもなし、1曲終わると無言で次の曲の準備をし、黙々と(というのも変かな)ただ歌い続けていたのが面白かったです。客はある意味置いてけぼり。たどたどしくてもMCで曲紹介しながら進めていたらもっと好感度が上がったかもしれないのにと思ったりもしましたが、あれはあれでインパクトがあったし持ち時間いっぱい歌が聞けたから…。ともかく、すばるくんより前の出演者を見ていて抱いた「すばるくんMC大丈夫かな」という心配がまさかのMCなしという形で杞憂に終わるとは思いませんでした。

そして、ソロデビューとソロツアーの発表ですね。ソロツアーのほうはチケットが外れて私は行けません。ただ、すばるくんがソロデビューしてソロツアーをやることもやはりずっと望んでいたことだったので、それが実現したこと自体がすごく嬉しいです(初めてスポーツ新聞を3紙も買いました)。とはいえ、やはりソロコンは見たいので、追加のツアーや映像化をお願いします。

本当にまあ、今年はすばるくんに関して望んでいたことが期待以上の形で実現した年でしたが、欲を言えば、ソロデビューもソロツアーも映画の企画から派生した形で実現したものなので、それが今回で終わらずテゴマスやキンキキッズのソロのように今後定着してくれることを望みます。あとはソロアルバムの発売ですね。すばるくんの発言を見ていると、今後も演技仕事はあまりしなさそうですから、せめて歌の仕事を充実させていってほしいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年はすばるくんファン冥利に尽きる一年でした①

2014年も早いものであとわずかですね。相変わらずウィーン少年合唱団や関ジャニのコンサート、イベントに行き、オタ活動を楽しんでおりました(F1?今年ありましたっけ?←現実逃避)が、何より今年は渋谷すばるくんごとに楽しませてもらった一年でした。すばるくんファン冥利に尽きる幸せな一年でしたよ、本当に。以下、とっても痛いです、文章が。

ここ数年、他のメンバーに演技やバラエティのソロ仕事が次々決まりそれに伴いテレビや雑誌での露出が増えていくのにすばるくんには何もなく、他のメンバーがいろいろな場所でいろいろな魅力で自分のファンを楽しませているのを羨ましく思うばかりだったし、メンバー個々の活動が増えるにつれグループのメインボーカルという位置づけであっても実際は韓流アイドルグループにおけるメインボーカル的な扱いになっていき、テンションが下がることが多かった。

それでも昨年あたりからテレビでピンで歌を披露する機会が増えてきたから、もしかしたら今後は歌の方面でソロ活動をするかもしれない、演技仕事はやる気が全くなさそうだから(あのスバラジでの「映画はやりません」発言のショックは大きかった、そのときはもうファンを続けられないと思いましたね。思えばあの時すでに「味園」は決まっていたんですよね、悪い人だ)どうせなら歌だけで大きくなっていってほしいと思い始めた矢先の6月5日のあの発表。忘れもしない6月5日の単独初主演映画の発表ですよ。

すばるくんのソロ活動があまりにも少ないから、1度ソロ活動があったら次はいつあるかわからないわけで、1回1回が貴重なソロ活動にすばるくんに何をやってほしいか妄想したことがありましたが、1番やってほしかったのが映画だったんですね、それもミニシアター系の。ストーリーはあってなきがごとく、ドキュメンタリータッチでリアルなつくりなのだけどどこか非日常的で、退廃的で切ない雰囲気の映画。すばるくんの持っている雰囲気や魅力から言っても、演技の傾向から見ても、一番合っているように思うのです(あと、個人的にこういう映画が好きというのもある)。さらに歌を絡めた映画なら言うことなしということで、赤西くんが「バンデイジ」に主演したときは「こういうのをすばるくんにもやってほしい」とひそかに思ったものでした。

だから、その発表の記事の中で映画の内容の概略を読んだとき、まるで自分の妄想がそのまま現実になったようで、なんだか嬉しいを通り越して信じられない気分でした。すばるくんの関係者でもないのに大げさですけど、でも、あまりないですよね、何事であれこういうことがあったらいいなみたいなことが希望に近い形で実現するのは。特にすばるくんに関してはいろいろな意味で不可能だと思っていましたし。監督や共演の女優さんが若手の実力派なのも嬉しかったです。

「味園」は公式やPのツイッターがまた楽しかったんですよね。撮影の進捗状況を見られるのもさることながら、映画が作られていく過程が垣間見られて興味深かったです。だんだん映画雑誌にも記事が載るようになって今は公開を待つばかりですが、どんな形でもいいので良い結果となることを願っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2015年12月 »