« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010.03.13

左目探偵 最終回

横山くんが痩せ体型をキープしていたのは実は山田涼介くんのためだったことが判明した「左目探偵EYE」最終回ですが、なんか話数少なかった割に続編(もしくはスペシャル)がありそうな終わり方でしたね。続編(もしくはスペシャル)での敵は、夢人とはまったくの別人(よくあるパターン)、実は生きていた夢人(少年漫画系)、もしくは夢人の双子の弟(「男たちの挽歌2」風)あたりかな。横山くんの氷の美貌とクリスタル・ケイの意外な存在感が印象的でした。荒唐無稽な話でしたが次どうなるかちょっと気になるストーリーのつなぎ方はまあまあ良かったのではないかと個人的には思います。横山くんは見た目はため息が出るほどに美しいのだけれどあのセリフ回しがちょっと気になりますね。

今季のドラマではダントツで「不毛地帯」が面白かったです。これも打ち切りだったみたいですが、もったいない、作りは丁寧だし、役者は上手いし、なかなか見ごたえのあるドラマだったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.11

そういえば、もうカテゴリー欄の「F1(ライコネン)」って正しくないんだなあ

以下、ブログのタイトルに関係ない内容が続きます。

ライコネンがいなくなって興味が薄れたというより、そこにライコネンがいないのが寂しいという理由であまりチェックしていなかったF1ですけれども、まあ今週末には2010年シーズン開幕なんですね。見たいことは見たいんだけどDVD取ってまで見るかとなるとなあ、でも、彼がいない方が明らかにF1そのものを楽しめるからなあ。で、ライコネンの方ですけど、第2戦のメキシコでプルシェンコもびっくりの6回転を披露したそうで。車載カメラの映像を見ましたが、本人たちの体にほとんど動きがないので、「風景が回転している映像を見ている人たちの図」みたいでした。当人たちにけががなくて良かったですよ、本当。次は良い順位で完走できますように!

関ジャニ∞の横山くんのソロコンは、結構大きな箱でもやるし、公演数も多いのに、かなりの激戦だったみたいですね。横山ファンのうちの妹は5公演申し込んで名古屋の1公演のみの当選でした。私自身は行くかは未定です。何しろ仕事が(4日からずっと出勤中です。しあさってまで出勤することが確定しています。本当は月曜日も仕事の予定はあるのだけどそこを休まないと20日まで休めない)。で、すばるくんの予定は、ジャニーさん?昨年は生すばるくんをたくさん楽しませてくれてとても嬉しかったけれど、たまにはすばるファンもお金を使わずに自担を楽しめる(つまりテレビ出演)ようにしていただきたいものです。でなければ、誰かとの共演で出演時間が少ないのではなく、がっつり彼を楽しめるものを企画していただきたいです(そういう点で横山くんファンは心底羨ましいです。羨ましいのが自分の身近にも一人)。そうしたら万難を排して行くのに。

懐かしいコリー・ハイムの名を久々に見たと思ったら訃報だなんて。自分は、前に書いたかもしれないけれど、Wコリーのもう一人、コリー・フェルドマンが好きだったので、ハイムの方は「死霊の牙」と「ドリーム・ドリーム」くらいしか見ていないですけれども、80年代の人気子役たちの一人としてなんとなく愛着があったので(写真集も持っています 苦笑)寂しいです。なんともいえない独特のあどけない口元が可愛かったですよ。彼の主演作の「死霊の牙」はスティーブン・キング原作の全然恐くないホラーで、内容はほぼ覚えておらず、ただ、主人公の悪い叔父の「これ以上“おいた”をするとオレは『ウィーン少年合唱団』に入れられちまう」というセリフだけが印象に残っております。

フェルドマンは私の中では「子供もカメレオン俳優になれる」ことを示した唯一の子役ということで今も特別なんですけれども、俳優としては大成しなかったなあ(まあ、まだこれからわかりませんが)。かなりやんちゃな人のようですが、体は大切にしてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »