« 2009年に行ったコンサート① | トップページ | ご無沙汰しております »

2009.12.31

2009年に行ったコンサート② 良いお年を

今日はジャニーズ系の方を。

ジャニーズ系に関しては、もう渋谷すばるくんを思いっきり堪能できたことに尽きます。ジュニアの子たちとのJRockライブではバンドのフロントマンとしてのすばるくんを、関ジャニ∞のコンサートではジャニーズアイドルとしてのすばるくんを、そしてドリームボーイズでは歌だけでなく演技するすばるくんをと、いろいろなすばるくんの姿を見ることができましたし、そのどのすばるくんも私にとっては大満足できるものでした、歌も本人も。

関ジャニのコンサートでは、特にレンジャーでのすばるくんが可愛くて面白くて好きでした。歌も、常に安心してきけました。歌といえば、一番聞きやすかったのは意外なことに東京ドームでした。1階スタンド席だったんですけど、そこで聞いていると、すばるくんの声がドーム中に響き渡っているような、ドームのどこにいてもはっきり聞こえるのではないかと思うほど大きく聞こえましたし(DVDでは音を絞られてしまって彼の声量のすごさがまったく感じられないのが残念でした)、一言一句がはっきり聞き取れるほどクリアに聞こえました。歌い方も東京ドームのが一番良かったなあ、「パズル」とか後の公演のほうはちょっとクセをつけて歌うようになっていましたし。

関ジャニは、でも、他の子たちも本当に上手くなったなあ。特に歌謡曲系は歌が苦手と言われるヨコヒナも結構聞かせますよね。大倉くんに至っては感情表現の力もついてすばるくんと遜色なくなってきたと思います。今回のツアーは踊る彼らをかなり楽しめたし、レンジャーも程よい長さで内容も面白くて、かなり満足できました。

すばるくんに話を戻して、次にドリボですが、歌は曲数こそあまり多くなかったですが、そのどれもがとても良くて大満足でした。東京公演に入った後、どうしてもドリボのすばるくんをもっと見たくて大阪公演にも行ったのですが、大阪公演のほうがさらに上手くなっていて(声の出は東京公演のほうが良かったような。でも、特に「心友の詩」だったかな、これは東京公演でひっかかった部分がすべてなめらかになってより歌いこなれていました。そしてより心に訴えかける歌い方になっていました。東京公演のときは、この手のバラードにしては随分とあっさり歌うなあという印象でした)、特に「愛してる愛してない」は大人の色気と完全に歌を自分の物にしている歌いこなしっぷりに、これを聞けて大阪まで来た甲斐があったと思いましたよheart01

すばるくんの舞台演技も良かったです。時々セリフがうつろというか棒になることがあったり、あとボクシングにはさすがにちょっと閉口しましたが(あんなに脇が無防備でよくチャンプが取れたなあ、まさにドリームボーイ)、キャラクター設定がはっきりしていてやりやすいとはいえメリハリのついた演技はとても良かったと思いますし、とりわけボクシングジムのシーンの迫力ある演技は、ジュニアの子たちも誉めてくれていましたが、カリスマ性があってとてもかっこよかったです(「CHAMP」というよりは「CHIMPIRA」という感じでしたが←ちょっと無理がある)。

東京公演はすばるくんのお誕生日公演に両部入ることができたこともとても嬉しかったです。会場もすばるくんファンが多く、すばるくんのソロコンみたいな雰囲気で、そんな中お祝いされて照れまくっているすばるくんがとっても可愛かった。出ずっぱりのフライングやりまくりで誰よりも大変でがんばっていた亀梨くんが、それでも両公演とも率先してすばるくんを祝ってくれて今日の主役とばかり立ててくれたのも嬉しかったですね。そういえば、亀梨くんも今年はたくさん生で見たなあ、すばるくんと同じ数だけ見ていますよ。彼のプロ意識の高さにはいつも感心します(新潟のときはちょっと恐かったけれど)。

話をすばるくんに戻すと、ドリボのすばるくんも関ジャニのすばるくんもとても良かったのですが、一番好きなのはJRockのすばるくんでした。素朴で落ち着いていてちょっとクールで、でもとても生き生きしていて、一番輝いているように見えました。SHIBUYA-AXの公演のとき、マイクを客席に渡してファンが一言言っては次に回していったんですけれども、それを笑顔で見守るすばるくんの顔が本当に綺麗で忘れられないです。

公演自体もこれが一番好きでした。自分はフラフラ目的だったのだけど、終わってみると一番楽しかったのは9人でやった部分でした。特に「光へ」でしたっけ、米村くんと中江川くんとすばるくんで作ったとかいう曲、あれの前奏と後奏の部分でドラム以外の7人が横一列に並んで楽器を演奏しながらぴょんぴょんはねるのが本当かっこよくてhappy02 (こう書くとかっこよく聞こえないけれど)。あと「ありがとうの歌」かな、あれでわちゃわちゃやっているのも可愛くて好きでした。

なんていうのかな、派手な演出もない、きらびやかな衣装もない、ジャニーズの魅力のほとんどを排したライブだったんですけど、それゆえに「本来の男の子の飾らないかっこよさ」があって、自分が異性に対してのあこがれとか魅力と感じるものにぴったりマッチしていて、すごく好きでした。多少拙かろうとも自分たちで演奏しているのも良いです。顔はさすがにジャニーズだから綺麗な中性的な子が多く、それでいて素朴な男の子らしいライブで、もう私のためにあるようなライブでした(まあ落ち着いて)。

あとよく行ったのがKAT-TUNのコンサートでしたね、惑星の。こちらはいかにもジャニーズな派手なきらびやかなコンサート。個人的な好みから言ったらJrockなんですけれども、これはこれでとても楽しかった。何度行っても飽きなかったですね、毎回毎回とても楽しかったです。派手な演出もあるけれど、KAT-TUNは歌も好きなの多いですから。冒頭のシングルメドレーのおいしさは関ジャニでは考えられないことです。あと、中丸くんがよくバンジーがんばりました。実際飛んだ瞬間軽く感動しましたよ、高所恐怖症の自分にはそのつらさがよくわかりますから。

大雑把にまとめました。これから大阪に向かいます。皆様、良いお年を。

|

« 2009年に行ったコンサート① | トップページ | ご無沙汰しております »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/47162119

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年に行ったコンサート② 良いお年を:

« 2009年に行ったコンサート① | トップページ | ご無沙汰しております »