« 「ミヒャエル・ゾーヴァ展」 | トップページ | 2009F1イタリアGP »

2009.09.10

いけいけイケメン!

約10年ほど前に、ジャニーズジュニア時代の三馬鹿が主役をやっていた連続ドラマ「いけいけイケメン!」の映像を、妹がいただいたので見ることができました。

これ、最高。

毎回のエピソードの小ささといい、内容のばかばかしさといい、主役の容赦ない扱いといい、香港のお正月映画を髣髴とさせる、ある意味完成されたと言っていいほどに徹底したおバカドラマで、単純に面白かったです。まあ、これが香港映画だったら未公開でそのままDVD化(しかも5年後くらいに)がほぼ確実というレベルの内容ですが、「食神」などのシンチー映画や「大英雄」に大爆笑する感性の人間なら楽しめるのではないかと思います(あくまで私見)。

「大英雄」は最高だったな・・・、登場人物みんな大好きだし良かったんだけど、特にカリーナ・ラウのキュートさとナイーブな演技が売りのトニー・レオンのおバカ演技がお気に入りでした。カリーナは、この映画と表裏の関係にあると言っていいシリアス映画「楽園の瑕」でのミステリアスで陰気なまでに物憂げな雰囲気とのギャップがすごくて、そういう意味でも印象的でした(「楽園の瑕」見てから「大英雄」を見たので)。カリーナの映画はいくつか見たけれど、演じ方によっては嫌な女になりそうな役でも、彼女が演じると嫌味が全然なくてむしろ魅力的に見えるので好きです。

話が横道に大きく逸れましたが、まあ、楽しかった一番の理由はいうまでもなく三馬鹿てんこもりだからです(この場合の「三馬鹿」には三人の関係性まで含ませていないですよ、単純にこの3人が主役で出まくっているということです)。しかもshine若くて美しいshine三馬鹿happy02。いただいた映像は大分ぼやけていたんですけれども、それでもよくわかる若さと美しさでした(基本顔は変わっていないですが)。若いっていいなあ・・・(遠い目)。若いって大事ですね・・・(遠い目)。

役柄としては、すばるくんが真面目系、横山くんがおバカキャラ、村上くんがよくわからないけど強いて言えばしっかりしているようでどこか抜けているキャラかな。なので、すばるくん、村上くんはいたって普通でしたが、横山くんは終始おバカ演技で、捨て身の変顔もたくさん拝むことができました(でも普通にしていればそれはそれは美しいですlovely)。美しいと言えば、途中で出てくるすばるくんの女装が、ぱっちりした目がきらきらしていてすさまじい美少女っぷりで、なんかもうノーベル賞をあげたいくらいでした。

さすがジャニーズジュニア主演だけあって毎回ジャニーズジュニアがゲスト出演するんですけど、ファイブの上里くんや長谷川純くんなどの現役の他に、原知宏くん、古屋暢一くんなど懐かしいジュニアも出てきて、時代を感じました。

それにしても三馬鹿てんこもりはおいしい・・・。三馬鹿てんこもりで徹底したおバカドラマときたら、これからかなりリピしそうですよ。またやってくれないかなあ、こういう企画。

|

« 「ミヒャエル・ゾーヴァ展」 | トップページ | 2009F1イタリアGP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/46178056

この記事へのトラックバック一覧です: いけいけイケメン!:

« 「ミヒャエル・ゾーヴァ展」 | トップページ | 2009F1イタリアGP »