« おめでとう、ライコネン(感涙) | トップページ | フィジケラ、フェラーリへ »

2009.09.02

2009F1ベルギーGP

錦戸くんと山下くんがインフル罹患だそうで・・・。早く良くなりますように。

今日、2日ぶりに家に帰ってきて、さあベルギーGPを楽しみましょうかとテレビの前に陣取ったら、録画映像を編集しておいてくれた妹に「最新のF1、最後切れていたよ」と言われ、再生してみたら番組冒頭に10分間の放送繰り下げの字幕が(大泣き)。今まで最後が切れていようがまったく取れていなかろうがかまわないようなレースがくさるほどあったのに、なぜよりによってベルギーのときにこういうことが起こるのか、ライコネンの超久しぶりの勝利のチェッカーフラッグが見たかった、フィジケラとの表彰台での“美しすぎる”ツーショットが見たかった(ベッテルくんはキュートだし大好きだけど、ここはシビアにいきます)、なんで自分は歴史的な結果となった選挙の日で番組表が乱れる可能性が高いのに長めに録画しておかなかったんだ、大体なんでフジテレビはスポーツ延長でもないのに番組を繰り下げるんだ(←もうめちゃくちゃ)、と、おもちゃを取り上げられた5歳児顔負けのふてくされっぷりで再生映像を見ておりました。

が、オープニングラップとSC明けのライコネンのかっこよさで全てが吹っ飛びましたhappy02
なんか道じゃないところを堂々と使っていましたが(以前にもどこかでランオフエリアを有効活用していたような気がするんだけど、気のせいかもしれない)、KERSが有効に機能していたとはいえ、クビカ、フィジケラへのオーバーテイクにはしびれましたよ。アグレッシブで大胆なライコネンらしい走りを久々に堪能でき、本当に気持ちが良かったです。ずっと見たかったものがやっと見られました(感涙)。

おかげで雷雨もいつの間にやら快晴になり、5歳児顔負けの姉をできるだけ刺激しないようおとなしく興味のないF1に付き合っていた気の毒な妹も「で、バリチェロはどうしたの?寝てたの?」とツッコミを入れられるまでに空気が和らぎました。ありがとう、ライコネン。そういえば、今回の放送で初めて知ったんですけど、バリチェロの奥さんのシルヴァーナさんって日系人だそうですね。いわれて見ればちょっと日本人っぽいような。彼女の顔大好きなんですよ、ハリウッド女優のギャビー・ホフマン似の可愛い顔だと思います(表情によってはリンダ・ハミルトンっぽくも見えるけど)。

話は戻して、まあ、フィジケラとフォース・インディアがもうちょっと上手く立ち回れば、違う結果になったような気もします。SCが抜けるときのフィジケラはあまりにも正々堂々としすぎていたような。2004年にベルギーで優勝したときのライコネンの対ミハエルの動きを思い起こすと、今回のフィジケラは「抜いてください」と言っているようにさえ見えます。フォース・インディアに関しても、もう少しピット戦略を上手くすれば、あの僅差だったら十分ピットで逆転が可能だったと思います(まあ、燃料の搭載量を正確に知らないのであまり大きなことは言えませんが)。とはいえ、今回のフォース・インディアとフィジケラは十分すぎるほどすごい。完全に勢いはライコネンよりありましたから。今までのフォース・インディアのことを思えば、ちょっとした奇跡を見せてもらった気分です。

今回のレースはライコネン対フィジケラのマッチレースに尽きますね。最後まで気の抜けない良いレースだったと思います。それにしてもこんなことがあるんですねー、今までノーポイントのチームが予選・決勝とおして安定して速いということが(しかも天候の影響が一切ない中で)。そして、今まで圧倒的に速かったマシンが予選のびず、決勝でも巻き返せないということが。そういう意味でも面白いし、貴重なレースだったと思います。

ライコネンがイタリアGPについて非常に現実的な見通しを立てているので、私もあまり期待していませんが、願わくばスパでかかった魔法が残っていますように。ライコネンが今回のような走りをして、フェラーリが今回のようにノーミスでピット作業したら、KERSもあるわけだし、あの高速サーキットなら何とかなりそうな気もするんだけど、初心者目線だと。

|

« おめでとう、ライコネン(感涙) | トップページ | フィジケラ、フェラーリへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/46107119

この記事へのトラックバック一覧です: 2009F1ベルギーGP:

« おめでとう、ライコネン(感涙) | トップページ | フィジケラ、フェラーリへ »