« 良くないことは重なるものです | トップページ | 2009F1オーストラリアGP決勝 »

2009.03.28

2009F1オーストラリアGP予選

2009年シーズン最初のGPの予選が終わって、昨日のブログに書いたことを何度も自分に言い聞かせているところであります。ライコネンの顎もしゅっとしていたことだし、前向きにいきましょう、前向きに。うん。(必死)

ただ、ライコネンファンというポジションから外れて見るとこの予選はかなり面白かったです。いやあ、ブラウンGP、直前のテストでの勢いそのままでしたね。新しく参戦したチームが参戦1戦目で余裕のフロントロウゲットなんて漫画のような展開だなあ。新しいF1チームと言っても実体は旧ホンダチームですから、まあ、普通にありえることではありますけれども、あまりテストが出来なかったという点で他よりずっと不利であったことに変わりはないわけですから。白地に部分的に蛍光イエローが入っただけのシンプルなカラーリングのマシンがやけにかっこよく見えました。

ブラウンGP以外にもレッドブルだのトヨタだの(レギュ違反で降格になってしまったみたいですが)ウィリアムズだのが大活躍する一方で、昨年優勝争いの中心だったマクラーレンやフェラーリ、後半カムバックのルノーがナチュラルに中段ポジションになっていて、まあ、フェラーリがその中にあるというのはアレですけれども、新鮮な光景で見ていて単純に面白かった。去年までだったら旧ホンダ、トヨタ、レッドブル、ウィリアムズなどがピリオド途中で出したトップタイムをマクラーレンやフェラーリ、ルノーあたりが終盤どんどん塗り替えていって終わるというのが定型だったのが、きれいに前者と後者の立場が入れ替わっているのだからなあ。

まあ、決勝終わってみないとまだなんとも言えませんが、なかなか面白いシーズンになりそうですね。ただまあ、私の場合、いかにF1として面白くてもフェラーリ(特にライコネン)が活躍してくれないことには。ライコネン奇数年のジンクスが当たりますように。どうでもいいけど、あのフロントウィングすごいですね、本当ブルドーザーが走っているみたいに見える。雪かきできそうです。

|

« 良くないことは重なるものです | トップページ | 2009F1オーストラリアGP決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/44496482

この記事へのトラックバック一覧です: 2009F1オーストラリアGP予選:

« 良くないことは重なるものです | トップページ | 2009F1オーストラリアGP決勝 »