« 2009F1オーストラリアGP予選 | トップページ | 2009F1マレーシアGP »

2009.03.30

2009F1オーストラリアGP決勝

2009年の開幕戦は、ポールからスタートのブラウンGPのジェンソン・バトンが危なげないレースでそのまま優勝、2位に紆余曲折を経た上でチームメイトのバリチェロが入るという、ブラウンGPが全てを(笑いの部分込みで)持っていったレースでした(いやもう、なんでフロントロウにいたバリチェロが中段スタートの人たちとオープニングラップでおしくらまんじゅうしているのですか、まったく)。不思議と嬉しい気持ちになるのはやっぱり元ホンダだからかなあ。ホンダの都合で撤退したのだから仕方のないことなんだけど、この強いマシンが作られたのは主にホンダ時代なのだから(確かこのマシンは1年以上前から開発していたんですよね)、ホンダの名前で走らせたかったなあとちょこっとだけ思いました。

このレースは用事があって地上波放送をリアルタイムで見られずうっかり先にネットで結果を知ってしまい、ライコネンの順位に「また今年もか・・・」と遠い目になってしまったんですけれど、実際にレースを見てみたらそれほど悪くはなかったような(でもあのウォールへの接触はライコネンのミスだったみたいですね、本人によると。まあ、でも、開幕戦で何かやらかすのがライコネンの習性だから)。ちょっと初心者にはマシンそのものが競争力が劣るのか地上波放送の分析どおりKERSが問題なのか見極めることはできませんが、なんかKERSの存在がいろいろな部分に影響を及ぼしているせいでグダグダなレースになってしまったような印象でした(地上波解説の影響を多分に受けていますが)。

結局あれが重たいから、タイヤにも負担がかかるし燃料もあまり積めずピットインの数を多くしなければならないししかもピットイン回数を多くした場合のメリットもあまりないということになっている感じですよね。KERSの導入がのちのち義務化するなら早い段階からレースで使っているフェラーリやマクラーレンが最終的には勝ち組になりますが、そうでないなら使用を止めることも選択肢に入れてほしいものです、あまりメリットが見えないですし(まあ、まだドライバー自身が活かしきれていないのでしょうが)、もうライコネンも痩せたし。

まあ、だからといってマシンそのものに問題がないとは言い切れないわけですけれども、でもおかげであまり悲観的にならなかったです。まあ、まだたくさんレースは残っていますから。とりあえずライコネンは壁に激突大破しなかったのはさすがだと思います(何しろ盲目ファン)。次はコースを外れても壁をかすらないで済むようにお願いします。

ベッテルくんとクビカの接触は残念でしたね。ベッテルくん、このパターン2度目ですね。空撮映像を見たうちの妹の審判によると「悪いのは外側のほう」だそうなので今回は被害者の立場ですが。そして、ハミルトンとアロンソはなんやかんや言ってちゃんとポイント圏内に入ってきますよね。そういうところは素直に素晴らしいと思います。

ブラウンGPのこの強さは本物なのでしょうか。場合によっては退屈なシーズンになりかねないですね。

|

« 2009F1オーストラリアGP予選 | トップページ | 2009F1マレーシアGP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/44508541

この記事へのトラックバック一覧です: 2009F1オーストラリアGP決勝:

« 2009F1オーストラリアGP予選 | トップページ | 2009F1マレーシアGP »