« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009.03.30

2009F1オーストラリアGP決勝

2009年の開幕戦は、ポールからスタートのブラウンGPのジェンソン・バトンが危なげないレースでそのまま優勝、2位に紆余曲折を経た上でチームメイトのバリチェロが入るという、ブラウンGPが全てを(笑いの部分込みで)持っていったレースでした(いやもう、なんでフロントロウにいたバリチェロが中段スタートの人たちとオープニングラップでおしくらまんじゅうしているのですか、まったく)。不思議と嬉しい気持ちになるのはやっぱり元ホンダだからかなあ。ホンダの都合で撤退したのだから仕方のないことなんだけど、この強いマシンが作られたのは主にホンダ時代なのだから(確かこのマシンは1年以上前から開発していたんですよね)、ホンダの名前で走らせたかったなあとちょこっとだけ思いました。

このレースは用事があって地上波放送をリアルタイムで見られずうっかり先にネットで結果を知ってしまい、ライコネンの順位に「また今年もか・・・」と遠い目になってしまったんですけれど、実際にレースを見てみたらそれほど悪くはなかったような(でもあのウォールへの接触はライコネンのミスだったみたいですね、本人によると。まあ、でも、開幕戦で何かやらかすのがライコネンの習性だから)。ちょっと初心者にはマシンそのものが競争力が劣るのか地上波放送の分析どおりKERSが問題なのか見極めることはできませんが、なんかKERSの存在がいろいろな部分に影響を及ぼしているせいでグダグダなレースになってしまったような印象でした(地上波解説の影響を多分に受けていますが)。

結局あれが重たいから、タイヤにも負担がかかるし燃料もあまり積めずピットインの数を多くしなければならないししかもピットイン回数を多くした場合のメリットもあまりないということになっている感じですよね。KERSの導入がのちのち義務化するなら早い段階からレースで使っているフェラーリやマクラーレンが最終的には勝ち組になりますが、そうでないなら使用を止めることも選択肢に入れてほしいものです、あまりメリットが見えないですし(まあ、まだドライバー自身が活かしきれていないのでしょうが)、もうライコネンも痩せたし。

まあ、だからといってマシンそのものに問題がないとは言い切れないわけですけれども、でもおかげであまり悲観的にならなかったです。まあ、まだたくさんレースは残っていますから。とりあえずライコネンは壁に激突大破しなかったのはさすがだと思います(何しろ盲目ファン)。次はコースを外れても壁をかすらないで済むようにお願いします。

ベッテルくんとクビカの接触は残念でしたね。ベッテルくん、このパターン2度目ですね。空撮映像を見たうちの妹の審判によると「悪いのは外側のほう」だそうなので今回は被害者の立場ですが。そして、ハミルトンとアロンソはなんやかんや言ってちゃんとポイント圏内に入ってきますよね。そういうところは素直に素晴らしいと思います。

ブラウンGPのこの強さは本物なのでしょうか。場合によっては退屈なシーズンになりかねないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.28

2009F1オーストラリアGP予選

2009年シーズン最初のGPの予選が終わって、昨日のブログに書いたことを何度も自分に言い聞かせているところであります。ライコネンの顎もしゅっとしていたことだし、前向きにいきましょう、前向きに。うん。(必死)

ただ、ライコネンファンというポジションから外れて見るとこの予選はかなり面白かったです。いやあ、ブラウンGP、直前のテストでの勢いそのままでしたね。新しく参戦したチームが参戦1戦目で余裕のフロントロウゲットなんて漫画のような展開だなあ。新しいF1チームと言っても実体は旧ホンダチームですから、まあ、普通にありえることではありますけれども、あまりテストが出来なかったという点で他よりずっと不利であったことに変わりはないわけですから。白地に部分的に蛍光イエローが入っただけのシンプルなカラーリングのマシンがやけにかっこよく見えました。

ブラウンGP以外にもレッドブルだのトヨタだの(レギュ違反で降格になってしまったみたいですが)ウィリアムズだのが大活躍する一方で、昨年優勝争いの中心だったマクラーレンやフェラーリ、後半カムバックのルノーがナチュラルに中段ポジションになっていて、まあ、フェラーリがその中にあるというのはアレですけれども、新鮮な光景で見ていて単純に面白かった。去年までだったら旧ホンダ、トヨタ、レッドブル、ウィリアムズなどがピリオド途中で出したトップタイムをマクラーレンやフェラーリ、ルノーあたりが終盤どんどん塗り替えていって終わるというのが定型だったのが、きれいに前者と後者の立場が入れ替わっているのだからなあ。

まあ、決勝終わってみないとまだなんとも言えませんが、なかなか面白いシーズンになりそうですね。ただまあ、私の場合、いかにF1として面白くてもフェラーリ(特にライコネン)が活躍してくれないことには。ライコネン奇数年のジンクスが当たりますように。どうでもいいけど、あのフロントウィングすごいですね、本当ブルドーザーが走っているみたいに見える。雪かきできそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.27

良くないことは重なるものです

いやまあ、どれも大したことではないんだけど。

今日は仕事でうまくできないことがあってちょっと尾を引いている状態で帰宅して、ネットで今日開幕のF1オーストラリアGPのフリーの結果を見たらわれらがライコネンがちょっと幸先のよいスタートとはいえない状況で、で、JロックのDVD発売が未定の延期だそうで、はあsad(そういえば、フィギュアスケートのブライアン・ジュベールがフィギュアの世界選手権で前日のSPで首位だったのにフリーで逆転され3位なんていうのもありましたね・・・)

まあ、あれですよ、F1に関して憂うのは決勝が終わってからでも遅くはないし、Jロックに関しては去年のエイトの春・夏のツアーのDVDが出なかったことに比べたらなんのそのです。ライコネンを見習って取り越し苦労はしないように、村上くんを見習って何事もポジティブにgood (ブライアンは・・・次がんばってくださいと言いたいけど、いつまで現役続行でしょうね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.26

2009F1ドライバー一覧

桜が咲き始めたというのに雪が。今年は2月のど真ん中に気温20度超えを記録したり、なんだかわけのわからない冬でしたね、本当。

今週末にはいよいよF1開幕ですね。毎年チームとドライバーをまとめてブログに載せていましたが、今はそれを書く時間的精神的余裕がありませんので割愛します。かわりにこちらを紹介。GPUpdate.netがこんなに詳しいドライバーの個人情報を教えてくれています。

GPUpdate.net 2009年ドライバー紹介

名前の表記が、ミドルネームがあったりなかったり通称のままだったりするのは登録名かなにかをそのまま載せているということなのでしょうか(あと、ハミルトンだけ写真の下に名前が書いてあるのはチャンピオン特例か何かでしょうか)。

これ、本当に詳しく載っていて便利ですが(便利と言っても何に使うわけでもないんだけど)、誕生日のところに書いてある曜日はなんですか。まさか生まれたときの曜日まで書いてくれているのでしょうか(まったく同じ誕生日の中嶋くんとスーティルさんの曜日が異なるところを見ると、同じ年を基準にしているわけではなさそうですし、少なくとも今年も去年も何人かのドライバーたちの誕生日と曜日が一致していないことは確認しました。ただ、実際に生まれた日と曜日が一致しているかは未確認)。なんてまあ細かい・・・crying

ここまでいろいろ細かく調べて書かれた記事にけちをつけるのは気が引けますが一つだけ。せっかくあんなにも手間をかけて(多分)書いたのですから、バリチェロとボーデの写真選びももうちょっと一生懸命やってあげてください、お願いですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.22

3/21のCANジャニ

関ジャニのニューアルバムのCMを某所で見ましたが、その中で軽く流れていたユニット別の歌を聞いてますます楽しみが募ってきました。村上くんとマルちゃんの曲はかっこよさそうだし、ヤスと横山くんの曲はキュートだし、すばるくんと亮ちゃんと大倉くんの曲は、曲そのものはバラードっぽくて個人的には望んでいた方向とはちょっと異なるのですが、声がすごくきれいだし、フルで聞くのが楽しみで待ちきれないですheart04

久々にCANジャニの感想でも。今回はすばるくんとマルちゃんのロケで老人ホームのお手伝いということですが、なんでうちじゃないのですか(涙)(私は有料老人ホーム勤務です)
関ジャニのバラエティで老人ホームネタを取り扱うということでうちに関ジャニメンバーがロケに来るという妄想を以前何度となく繰り返していた自分(哀)としては、これをよその施設でしかもすばるくんで実施されてしまったことに、ハンカチ口にくわえてきーっとしたい気分ですよsmile
これも巨木同様シリーズ化しませんか、テレビ朝日さん。

冗談はさておき今回のCanジャニですが、温かくて良い内容だったと思います。高齢者の方たちは、自分の世話をしてくれた人に対してその内容以上のねぎらいと感謝の言葉をくれるし(すごく小さなことをやっただけなのにものすごく感謝されて逆に恐縮するということがよくあります)、こちらが一生懸命がんばりさえすればそれを認めて優しく接してくれて(諸々例外はありますが)、それが自分の仕事のモチベーションになっているのですが(自分は直接介護の仕事をしているわけではありませんが)、そういうこの仕事の良さが画面から伝わってきたと思います。

それにしても、優しくて雰囲気が柔らかくて盛り上げ上手のマルちゃんはこの仕事にピッタリですね。ピッタリすぎるほどピッタリだと思いました、もし介護の仕事全般をあの調子でやれるのであれば、理想的なスタッフになれると思います。詩吟の失敗には大爆笑でした、久々に窒息するかと思った。失敗も単独でエンターテイメントにまとめあげてしまうマルちゃんは、生粋のエンターテイナーですね。

すばるくんはすばるくんなりにがんばっていましたwink マルちゃんのような天性の介護士ではなかったけれど、慣れたら良い介護士になれそう。お散歩に行くときにカメラの端っこで車椅子の老婦人に「寒くないですか」と声をかけていたのが、シャイなすばるくんの素の優しさが垣間見えて良かったです。それになんといってもビジュアルが素晴らしかったhappy02 それが私は何より嬉しかったです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.21

結局チャンピオンの決定方法は変わらない模様

FIA 新ポイントシステムの導入を2010年に延期

まさに朝令暮改ですね。というか、「2010年に延期」とありますけど、来年にはなかったことになっていそうですよね。おそらく新ポイントシステムは2008年のチャンピオン争いを受けて出てきた案でしょうから、2009年の結果次第でどうでもよくなっていそうです。

もう来週には開幕ですか。早いなあ。でも、いつもより時期的には遅いんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.18

FIA、新ルールを発表

それにしても、ブラウンGPのケースを見ていると、「最後に笑う者が最も良く笑う」ということわざを思い出しますよ。ほんのちょっと前までグリッドに並ぶのだって危ういと思っていたのになあ(水面下で着々と準備はしていたのでしょうけれど)。まあ、本当の最後の最後に笑うのは誰か、まだ幕が開けない限りわからないですが。

それはそれとして、またFIAがなにやらいろいろ決めたそうですね。とりあえず、初心者ファンが知っておけばいいと判断したのだけ。

2009年は最多優勝者がチャンピオンに

まあ、昨年のマッサはちょっとチャンピオンじゃないのが気の毒な気もしましたので、これ自体は良い決定だと思いますが。なんか「優勝」の扱いというか価値がちぐはぐですね。つまり、チャンピオンを決める一番の基準という点では非常に地位が高くなりましたが、ポイント制度自体は内容をまったく変えずに維持していてその中では2位と大して差のないあまり高くない扱いのままなんですよね。優勝者続出のシーズンだと、ポイントランキングでは2位どころか3位以下なのにチャンピオンというのもありうるわけで、ちょっとそれもどうかと思います(まあ実際には滅多にないことでしょうが)。それに、2位以下はポイントだけで決めるみたいですが、例えば、ポイントランキング1位の人が1勝、2位の人が2勝、3位の人が3勝だった場合は、3位の人が1位になりあとは順に下がることになるわけですよね。まあ、チャンピオン決定は特別なんだと言われればそれまでですけど、なんかこれもまた変な気もします(まあ実際には・・・以下略)。優勝の場合の獲得ポイント数も同時に上げる(2位以下と大きく差をつける)とか、優勝数を第一の基準、次にポイント数を第二の基準という風に統一した方が良いような気がします。

あと、こんなルール変更も。

ファンとメディアへの対応改善

なんとまたライコネンに酷な・・・(涙)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.17

ちょっとラッキー

突然の異動で軽く滅入っている今日この頃ですが、その一方で関ジャニ∞のツアーが発表されたり、すばるくんたちが出た武道館のコンサートのDVDの発売が決定したりといったプチ喜びもあって、まあ、差し引きとんとん。武道館のDVDに関しては、その後教えていただいた情報によると純粋に3バンドのみの収録だそうで、DVD化が決まったときに一番入れてほしいと思ったマッチとのコラボがまったく入らないのは非常に残念ですが、雑誌やテレビの取材ではとかくゲストやプロデューサーばかりクローズアップされていただけにメインの3バンドの出演部分にしぼって映像化されるのはそれだけですごく嬉しいことです。

嬉しいと言えばですね、3月下旬から始まるJロックツアー、自分は4月初めのJCBの公演に申し込んだのですが、突然の異動で平日に6時までに水道橋に行くのは事実上困難になり(異動して1日2日で半休は取りにくいし)、チケットが当たっても当たらなくても悲しいという状況だったのですが、JCBのチケットは取れず4月末に渋谷AXで行なわれる追加公演にまわされまして、これだったら多少の遅刻で行けますので(状況次第では半休も取れるかもしれないし)、本当ラッキーで嬉しいです。

ついでに言うと、5月から始まるエイトのツアーが、ドームでのコンサートを除いては軒並み土日の公演で、日にちを気にせずチケット申込みが出来るので、これまたラッキーでした。今までのようなシフト制だとむしろ土日公演ばかりなのはちょっと困るんですよね、やはり他の人の手前自分だけ土日にばかり希望休は入れにくいですから。で、当然のことながら去年のように平日公演が多いと今度の職場では有休を使わなくてはならないからこれまたやりにくい、ということで、異動により自分の勤務形態とエイトのツアーの組み方が上手くかみ合った格好になって本当良かったです。

まあ、滅入っているといっても、異動先の人たちはみんな見知っている人たちでしかも優しい良い人ばかりだということがわかっているので、人間関係に関してはとりあえずは心配していないんですが、仕事そのものが自分にこなせるのかがすごく不安で・・・。まあ、とりあえず、一生懸命がんばりましょう、自分。ちょっとネガティブな私事ネタが続いてすみませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.13

異動

ブラウンGPの驚異の速さに脅威を感じている今日この頃ですが、まあ、開幕してみないとわからないから。とにかくフェラーリは信頼性をよろしくお願いします。まあ誰よりも信頼性を何とかしたいのはフェラーリ自身でしょうが。ライコネンは減量が上手くいったみたいで何よりです(具体的な数値は判明していないみたいだけど)。ここ数年顎のラインが気になっていたので、減量するきっかけになっただけでもKERSを導入した甲斐があります(減量後の写真を見ていないのでなんとも言えませんが)。まあ、KERSの信頼性次第では、顎のラインがどうとか言っていられなくなりますが。今のところはちょっと顎のライン云々言っていられなさそうですね・・・。

何よりといえば、関ジャニ∞の渋谷すばるくんも出るJ-ロック・ライブ・ツアー(仮)に追加公演が出たそうで、個人仕事があるということは何よりだと思っていますので(すばるくんもこのコンサートのとき本当に楽しそうで生き生きとしていて輝いているし)、ファンとしては嬉しい限りです(ただ、「すばるくん、すばるくん」の自分も、ちょっともうそろそろエイトコン不足で禁断症状が出てきそうですよ)。エイトコンであろうと、Jロックであろうと、フラフラであろうと、すばるくんの出るコンサートにはできる限り行きたいのですが。

想定外の異動で4月から施設勤務でなくなりまして。コンサートに行くのに非常に便利だったシフト制ではなく、ごく一般的な土日休みの週休二日制の勤務になってしまいました(しかも残業多そう・・・涙)。自分は今までの傾向から異動はまだまだ数年先だと思っていたので(異動しても別の施設だと思っていたし)、4月からのコンサートもがんがんチケット取っていたのですが、幸いウィーン少年合唱団のコンサートは土曜日の公演ばかりで良かったんですけど、リベラとマックスのコンサートはウィークデーでちょっと行けるか微妙で・・・(特にマックス)。さらに微妙なのがチケットを取れたかどうかまだ判明していないですが、JCBでのJロックコンサート。職場から遠いのに開始時間が早いし、時期が時期だから(4月の2日または3日)異動してすぐに早退するわけにもいかないし。まあ、Jロックに関してはチケットが取れるかという問題がありますから、自分。

まあ、今までが恵まれすぎていたからなあ。贅沢を言ってはいけないですね。新しい職場のみなさんに迷惑をかけない程度にコンサートに行きまくろうと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.03.09

ブラウンGP/トロロッソの新車

若干周回遅れのネタですが、やっとホンダチームの売却先が決まったようですね。

http://f1.gpupdate.net/ja/news/2009/03/06/207861/

ロス・ブラウン氏が買い取ったということで。まあ、自分、「ブラウンGP」という名前を初めて聞いたときはてっきりもう1レース増えたのかと思いましたよ。何はともあれ、開幕に間に合って良かった、良かった。そしてバリチェロとバトンも良かったですね。バリチェロはこれでまた出走レース数の記録を更新できますね。

そして

トロロッソ STR4を発表

相変わらず牛が張り付いております。個人的にはどちらかというと世界一バナナが似合う男のチームのマシンが気になっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.07

伊東旅行

昨日から今日にかけて伊東に行ってきました。この時期に伊豆に行くといったら河津に桜を見に行くのが一般的なんでしょうけど、夕食がバイキング形式のホテルに行きたくていろいろ探してみて決めたホテルが伊東だったから伊東にしたという次第なもので(でも遠くからですが早咲きの桜を見ることができました。満開で綺麗でしたよ)。伊東はでも何もないですね、本当。どこに行くにもバスに乗らないといけない。バイキングが目当てで行ったから良いですが。

行ったホテルは「いとうにいくなら~♪」のCMでおなじみのホテルです。思った以上に高い場所でびっくりしましたが、伊東の町が一望できて良かったです。私の泊まった部屋は山側で海が見えないのが残念でしたが、山の景色も好きなので十分満足しました。満足といえばお目当てのバイキングも個人的には満足のいくものでした。建物が古いせいか床がぷわんぷわんしているのが気になりましたが(場所が場所だけに)、スタッフの接客も良かったし清潔だったし、また泊まりたいと思いました。

ホテル以外だと、電車の時間の都合上駅の近くしか回る時間がなかったので、バスで数分のところにある「伊東マリンタウン」というスパやらレストランやらみやげ物店やらが入った複合施設に行きました。ここで海中を見ることができる遊覧船に乗ったのですが、「天気晴朗なれど波高し」で、あまり大きな船でないこともあってかなり上下に揺れました。幸い船酔いはしませんでしたが、自分は飛行機がエアポケットに入ったときや速度の速いエレベーターが下降したときのふわっと沈む感覚が大変苦手なのでしんどかったです。でも景色は素晴らしく水面がきらきらしていて綺麗でしたし、海中の見物は水が澱んでいてほとんど見えなかったのですが面白い経験でしたし、まあ乗って良かったです。

で、そこで職場へのお土産をたくさん買って伊東駅に戻ったのですが、中途半端に電車の時間まで間があったので、歩いていける伊東オレンジビーチに行きました。自分はオレンジビーチというとペリリュー島を思い出すのでネーミングとしてちょっと微妙な気持ちになりますが、それはそれとしてコンクリートで固められた砂浜から海に向かってせり出している部分を歩いていたんですけど、足元が泥を被った状態だったのに気を抜いて歩いていて見事にすべって転んでしりもちをつきました。自分の転倒人生でもまれに見る身体にまったくダメージのない転び方だったのですが(まあ、恥ずかしいという精神的ダメージはありますが)、ジーンズやコートは汚れるし、何より、とっさにお土産を持っているほうの手をついたのでお土産のいくつかがつぶれたり外の袋が切れて泥が入り込んだりして他人様にあげられる代物ではなくなったのが残念でした。

今度は伊豆高原のほうに行きたいなあ。なんかマニアックな博物館があって面白そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.01

フォース・インディアの新車&ウィリアムズの正式なカラーリング

いよいよF1も今月下旬に開幕ということで徐々に胸も高鳴ってくるわけですが、元ホンダの行方がはっきりしませんね。ただ元ホンダであろうとも“元”にすぎないから・・・。いや、もちろん気になるけど(バトンも気の毒だと思うし)、どちらかというとUSF1のほうに今は興味が湧いています。言葉のイメージがかっこいいですね、USF1。これが野球やバスケだったら間違いなくドリームチームなのでしょうが。

さて、フォース・インディアの新車とウィリアムズのカラーリングが発表されたということで。

フォースインディア、VJM02を発表

で、VJM02がこれ
去年はなんといいますか、豊臣秀吉あたりが決めたようなカラーリングでしたが、今年は一転してお菓子のおまけのようなカラーリング。マクラーレン・メルセデスと技術提携したそうですが、ドライバーのユニフォームのデザインもマクラーレンと提携しているのでしょうか。でも以前よりずっとマクラーレンのマシンとのカラーリングの類似性が減っているのはありがたいです。もうマシンのカラーリングが類似していると本当わけわからなくなるから、自分(そうでなくとも最初のピットストップが終わったあたりでレースの流れについていけなくなるのに)。

そしてウィリアムズの新カラーリングですが。

まあ、いつもどおりの感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »