« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009.02.27

関ジャニ∞ニューアルバム「PUZZLE」4/15発売とのこと

大分長いこと間が空いてしまいました。仕事の方も一段落しましたし、これからF1の開幕、ウィーン少年合唱団他の来日、そして関ジャニ∞のアルバム発売やすばるくんのツアーなど、いろいろ楽しいことが目白押しなので、もっとブログを書けたらいいなと思います。

で、今日の本題。昨日レコメンで発表された関ジャニ∞のニューアルバムの特典の内容を、ネットをまわって知って(雑音が激しいのでレコメンは聞かないのです)ちょっとわくわくしている次第です。相変わらず通常盤と初回限定盤でまったく異なるファン心くすぐる特典をつける商売上手っぷりですが、ファン心をくすぐられてしまった身としては怒るに怒れませんsad(それにいい加減慣れてしまったし)。

何よりまず初回限定盤につくというユニット別の歌+そのPVですね。組み合わせが、横山くん&安田くん、村上くん&マルちゃん(今「歌のおにいさん」見ているけど、ビジュアル良いですね、これに出ているマルちゃん。今日は出番も多くておいしい)、すばるくん&亮ちゃん&大倉くんだそうで・・・。「オニギシ」以来?の三兄弟の作詞作曲コンビの歌も楽しみだし、笑いを封印してしっかり踊る曲だという村上くん&マルちゃんのコンビもすごく楽しみですが、やはり自分は前回の「torn」コンビにすばるくんが加わったユニットが一番気になります(他の2ユニットほどの情報も出ていないみたいだし)。どういう路線で行くのかな・・・。個人的には「torn」コンビの路線にすばるくんが引っ張り込まれて、「torn」のようにかっこよくてキャッチーな曲でジャニーズらしくがっつり踊る正統派アイドル路線でお願いしたいものです。昨年の春コンの「Forward」で村上くんのバックで踊っていたすばるくん、めちゃくちゃセクシーでかっこよかったから、またそういうすばるくんが見たい(切実)。

まあ、せっかくこの3人が偶然にしろ揃ったのなら、歌謡曲が良いかもしれないですね。普通のジャニーズソングやロック系の曲だとこのグループ(関ジャニ)はどのメンバーの歌もそれなりに良いですが(特にロック系)、歌謡曲となるとこの3人が抜きん出ていると思いますので。

あとPVも楽しみです。3ユニットそれぞれまったく個性の異なるものだと面白いのでそうなるといいなあ。すばるくんたちのユニットに関しては大倉くんに期待しております。どれほどPVの製作の部分にメンバーが関わってくるかは知りませんが、それでも大倉くんに多大の期待を寄せております。あの、大倉くんのソロコンでの「torn」のPV、あそこまで亮ちゃんのかっこよさを十二分に引き出した映像って見たことがない気がします、私の知る限りでは。その彼の手腕と視点をぜひもう一度。

なんかこう期待と妄想がほとばしっていますが・・・。O型トリオに関しては出来ればアーティスト路線は避けてほしいなあ。横山くんとヤスのコンビはどうなるのかな、三兄弟のようなほのぼの系になるのかな。個人的には「みかん」のような曲を期待します。

通常盤には全員のソロが入るそうですが。こちらもとても楽しみです。個人的には今度は作詞作曲ともプロが作ったものだったらいいなとちょっと思っています。

「ちょっとわくわく」どころじゃなかったですね。そしてえらく注文が多くてすみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.15

すばるくんが最高に良かった/少クラプレミアム

昨日はマッチ企画のジャニーズバンドの合同コンサートに行きました。心底満足したコンサートでした。本当にすばるくんがかっこよくて可愛くて歌が上手くて・・・。個人的には昨日のすばるくんはあらゆる意味で最高でした。私の理想のすばるくん像に、本人の方からピタッとはまってくれた感じ(ある意味奇跡)。何の曲だったか、多分「スニーカーぶるーす」かその前のマッチがドラムを担当していた歌だったと思うのだけど、すばるくんの歌を聞きながら、モニターに映る彼の表情を見ていたら、大げさですけど年甲斐もなくちょっと胸がいっぱいになりましたね、あそこまで幸せな気分だったのは本当に久しぶりの気がする(昨年から仕事でストレスがたまって消化できないことが多いので。一つ一つのストレスは本当に小さなものなのでそれを上手く消化していけない自分が悪いだけなんだけど)。で、これまた年甲斐もなく、この子が心底好きだなあと思いました。芸能人とつきあいたいとか結婚したいとか思ったことは子どもの頃からないし、この人は芸能人の中でも特にそういう風に思う対象ではない人ですが、ちょっとあれはあの瞬間だけは恋心に近かったですね(苦笑)。

イタイ話はここまで。この感想についてはまた今度にするとしまして、少クラプレミアムです。今回のゲストはV6のイノッチだったんですけど、なかなか面白かった。V6結成に至るまでのエピソードの中に見えるこの人や長野くんのおっとりして前向きな人柄が良かったなあ。かなり詳しく結成の話をしていたけれど、ジャニーズ予備校の話は完全スルーでした。彼らのファンではないからわからないけど、タブーなのかな。

村上くんの「イフオア」、ネタバレ読んでいるので知っている内容でしたけど、雰囲気が見られて良かったです。プレミアムショーは「鏡花水月」の前に恒例のセピア色のちょっとした準備のシーンがなかったのが残念。エンディングで大笑いしている大倉くんが可愛かったです。

・・・大阪行こうかな・・・。チケット今からでも手に入りそうだし。あの最高のすばるくんはこのマッチ企画でしか見られない気がするから。ああそうだ、仕事でした(大泣き)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.13

これから行くコンサート

明日は今年最初のコンサートに行きます。またしてもジャニーズ。近藤マッチ企画のジャニーズ合同ライブを聞きに、生まれて初めて日本武道館に行ってまいります。お目当ては、出演者のひとり、関ジャニ∞の渋谷すばるくんの歌なんですけど、やはり出演者であるジャニーズジュニアの2バンドも、ジャニーズにしてはなかなかの歌唱力なのでそちらも楽しみに行ってきます(特に生で聞くのははじめてのクエスチョンが楽しみ。正統派美声の淀川くんと歌によって色を変えられる米村くんの歌が楽しみです)。まあ、生マッチも楽しみといえば楽しみです、いつもF1番組でお世話になっているマッチさんですから(あと、たのきんの中では唯一歌をいくつか知っている人だし)。

それ以外で今のところ行くことが確定しているのが、4月にリベラ、カウンターテナーのマックス・ツェンチッチのリサイタル、ウィーン少年合唱団、5月にウィーンをさらに2公演、です。ウィーンは来日組のレベルによってはさらに行くかもしれません。マックスは、せっかく来日するのにこの1回だけなのかな、プログラムを変えてもう1公演くらいやってくれればいいのになあ、どんな形でもいいから。

とりあえず明日は大好きなすばるくんを楽しんできますheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.10

レッドブルの新車発表(2009)

「トライアングル」面白い。豪華キャストで、それをどういうバランスで配置していくのかそれについても興味津々だったんだけど、だんだんと上手い具合に淘汰(という表現は語弊がありますが)されていっていますね。あまりにも登場人物みんなに思惑や裏があって逆にワンパターンになっている感じもしますが、それでも結論が気になることには変わりないので、やっぱり来週が楽しみです。来週は1話以来ご無沙汰だった佐々木蔵之介氏の再登場が非常に楽しみ。これで蔵之介氏が犯人だったら、ダリオ・アルジェントのジャイロものみたい(ダルジェントのジャイロもの2作品しかまだ見ていないけど。何しろ恐いから)。まあ、年齢的にありえないですね。

最近、2001年のF1オフィシャル総集編を好んで見ています。素直に見ていて楽しい。下手にライコネンが出てこないほうが心穏やかに楽しく見られるなあ(苦笑)。あと、やっぱりミハエルがいたほうが自分は面白いと感じるんだということにも気付きました。この当時はシケインのショートカットに対して厳しかったんだなあ、そこが個人的には◎です、最近ちょっとシケインカットに対して甘すぎるような気がするので。

で、本題。昨日、レッドブルの新車発表が行なわれたようです。レッドブルの新車と言ったって、もうレッドブルにはクルサードはいないんだからなあ・・・(遠い目)。まあ、ベッテルくんと予選番長の対決も楽しみなんですが。

レッドブル RB5を発表

RB5
http://images.gpupdate.net/large/117936.jpg

まあ、私にはよくわかりません、例によって。あの、バージボードは不可になったらしいんですけど、これはOKなのでしょうか。なんか、ネットで画像を見ただけの初心者には似ているように見えるんですが。

番外編
なんか、拝んだらご利益がありそうですね、このクルサード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.07

RESCUE第3話/銭ゲバ第4話

日頃ほとんどドラマを見ない自分ですが、今季は結構見ています。今日は2本(まあ、金曜日も2本見ていますが)。

「RESCUE」はまあ毎度の強引な話の展開はアレですが、横浜人としては横浜の地名や見慣れた場所がどんどん出てくるのが嬉しいし、出演者にイケメンが多いし、何より登場人物たちがみんなまっすぐで情に深くて熱い男らしい人ばかりで見ていて気持ち良いです。前回の感想でも書いたけど、本当一昔前の少年漫画のようです、若干ひねくれているけど根は悪くないクールな一匹狼(不動)とかもお約束どおり。

病院のシーンとかラストの古賀のおばあちゃんの言葉とか、ベタだと思いつつもちょっとうるっときました。病院のシーンはジャニーズの泣き顔が一番美しくないという逆転現象が気になりつつもうるっときました(おばあちゃんの言葉を聞くシーンは聞きながら泣き出す中丸くんに軽く萌えましたが)。中丸くん、良いですね。若干演技がオーバーだし度々怒り顔がボブサップになっていますが、非常に役に合っている。演技にも表情にも嫌味がないから古典的な熱い好青年にピッタリだと思います。

で、そのあとは「銭ゲバ」。職場の先輩に見るように熱く薦められて今回初めて見ましたが、熱く薦めるのも納得のドラマでした。橋田すがこ脚本家と思うほどの長台詞にびっくりしましたが、サスペンスタッチの演出は凝っているし、出てくる役者の演技は軒並み上手いし、ドラマのテンポもちょうどよく、ストーリーも興味深くて、見ごたえがありました。役者の演技の上手さが光りますね、今季自分が見ているドラマの中ではピカイチです。松山ケンイチくんの演技をしっかり見るのはこれが初めてなんですけど、噂に違わぬ演技派ですね。役になりきっていて本当になんだか不気味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.06

今年もトロロッソはセバスチャンコンビです

やっとトロロッソが未確定だったもうひとつのシートに座る人物を発表しました。

トロロッソ ボーデの起用を正式発表

昨年もトロロッソで走ったセバスチャン・ボーデということで、今年もトロロッソはレギュラードライバーのファーストネームがセバスチャン統一ということになりました。この席は佐藤琢磨選手も狙っていたシートですね。ドイツの天才児相手になかなかの健闘を見せていたボーデ(まあ、この表現は複数回チャンプカーチャンピオンに対して使うのにはあまり適当ではありませんが)ですから順当な気もしますが、佐藤琢磨選手が獲得して相次ぐ日本のチームの撤退の埋め合わせをしてほしかったなあとも思います。

これで全シートが決まったことになるのかな。あとは元ホンダチームがどうなるかですね。元ホンダチームが生まれ変わってオーストラリアのグリッドに並んでいますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.05

買おうか迷っている雑誌

昨日ちょっと肩こりがひどいなと思いながらそのまま何も対処せず寝たら、次の日朝起きてからずっと首が下がりません、下がらないというか首の後ろを伸ばす一切ができません。ちょっと妹に肩を揉んでもらったんだけど、揉んでもらっている最中は気持ちいいんだけど状態は良くならないので、ちょっとこれから寝るのが恐いですwobbly

それはそれとして今日の表題です、買おうか迷っている雑誌。

その1・・・F1Raicing誌
と言っても先月発売のなんですが。なんか今年は同誌恒例の読者投票をやらなかったみたいですね、シーズン途中で投票を締め切るため終盤戦の活躍が反映されないあれ。代わりにブランデル氏とF1ジャーナリストの人(名前不確かのため割愛)とわれらがクルサード氏が議論してお題別にナンバー1を決めていっているのですが、ぱっと開いたページが「マニューバ・オブ・ザ・イヤー」で、口火を切っているのがわれらがクルサード氏で、そのコメントが「逆マニューバ部門というのがあれば私がダントツトップだろうね

クルサード・・・crying でも確かに・・・。
しかも次の人はそのコメントをさらりと流しているしweep

真面目な話、マニューバの意味がイマイチよくわからないのでクルサードの言っている意味もイマイチよくわからないのですが(マニューバってF1でも使われているけど、もともとは航空機関係の言葉みたいですね)。立ち読みしたのはここだけなんですけど、ここ読んだだけでなんかほかにもいろいろクルサード節がちりばめられていそうな気がして、ライコネン載っていないし値段はブルジョワ価格だしで買うつもりはなかったのですが、ちょっと買おうか迷っています。

その2・・・TVガイド
今週発売のテレビガイド、関ジャニ∞の2009年度版カレンダーとの連動企画が安田くんなんですけど、そこに載っているすばるくんと温泉に入っている「水もしたたるいいやすば」の写真のすばるくんと安田くんがすごく良い顔で写っているので、これのために買おうか迷っているところです、何しろすばるくんの笑顔は楽しそうだし、安田くんはきりっと男前だし。まあ、この写真がなくても買って損はないんですよね、エイトの連載はあるし、仕事人の記事で大倉くんも載っているし、安田くんページのほかの写真も良いし。ヤスがすばるくんの肩に手をかけて靴の裏を確認している写真も好きです、すばるくんの立ち方も可愛いし。一番大きな写真(猛獣の鼻と口がプリントされているマスクをヤスがつけている写真)もかなりお気に入りです、無防備に寝ている風のマルちゃんも可愛いので。ただ、ちょっと雑誌の購入はセーブしていかないとこれからの出費が恐いので・・・。

まあ、買わないで後悔するより買って後悔したほうが良いというのが私の基本姿勢なので、それに従います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.01

RESCUEの第2話

昨日のスマップ特番は本当に良かった、昨日書き忘れたけど剛くんのドッキリも面白かったし。剛くんファンとしては若干切なかったですが、本当爆笑でした。

森くん発言で全てが吹っ飛んでしまったため(私の中では)昨日は書かなかった「RESCUE」の感想を。

第1話は用事があって見られなかったので今回が見るのは初めてなのですが、「勇気・友情・勝利」を旨とする少年ジャンプ的さわやかな青春ストーリー(かなりベタ)で、なかなか良いのではないでしょうか。ただ、個人的には、北島大地(この名前でオリンピックの競泳で金メダル取れなかったら詐欺ですね)が古賀くんに引導を渡すオチだったらもっと評価が上がったなあと思います。自分は教官が北島に古賀の不合格通知を託したのは人命救出のためにレンジャーはときに非情ともいえる判断をしなければならないのだということを分からせることにつながるのだと思っていたんですよ。みなとみらいホール(劇中名失念)での火災で隊長が隊員の一人に要救出者に持っている酸素ボンベを渡して現場に残るよう指示をするエピソードがその布石だと思っていたんですけど、結局はただの友情・絆のお話になってしまって、ちょっとまあ拍子抜けでした。

というか、真面目な話、これ、高校のスポーツの部活とかの話だったら本当に美しい友情の話ですけれど、ことが人の命にかかわるレスキュー隊の選抜の話ですから、本当なら友情はすばらしいとか言っていられないことですよね。古賀くんは明らかにチームの足を引っ張っていて、あれでは現場で救える命も救えない可能性が高いし、チーム全体が危機に陥る可能性だってありますから。不適格な人を友情でフォローしても、結果として本来の任務を遂行できなかったら、そんな友情は素晴らしくもなんともない(古賀くん、ドラマのラストでちょっと危険な状況になっていて、来週までどうなったかわからないけど、もしあそこで彼が殉職したら、大地の友情が仇になった格好になりますよね、彼が切っていたら古賀くんは死なずに済んだのだから)。また、古賀くんも、あれだけ仲間に迷惑をかけ続けてもやめると言わないのはある意味すごい。実際にはもっとシビアだと思いますが、いくらドラマと言えどそこらへんは共感得やすく描いてほしかったと思いました。ほかにも一つ大いにつっこみたい箇所がありますが、それについてはおいておきます、ドラマの盛り上がりの都合上仕方ないかなとも思いますので。

堅い話はここまでにして。
もう、要潤くんがかっこよすぎますhappy02
中丸くんを怒鳴りつけるときのかっこよさ。そして、照英隊員に「必ず戻ってくるから」(だったかな)と言われてうなづき返すそのきりりとした表情。かっこいい・・・かっこよすぎる・・・「かっこいい」なんて言葉では薄すぎて表現しきれていないもどかしさを感じます、本当それくらいかっこよかった(大歓喜)。

・・・いやあ、失礼しました。書いていたらあのときの興奮が蘇ってきてしまいました。久々に本格的に俳優さんにハマリそうです。

あと、「ごくせん3」にも出ていた石黒英雄くん、雰囲気イケメンが多い若手俳優の中で久々に顔立ちが整った美形が現れたと思ったものですが(でも「ごくせん」は見ていなかったけど)、いや、本当に美しいお顔で目の保養になりました。あとは演技ですね、もう少し肩の力を抜いたらずっと良くなるんじゃないかなと思いました。

主演の中丸くんも肩の力をもっとうんと抜いてほしいですね。でもよくがんばっていると思う。結構主人公顔だなと見ていて思いました。ジャンプの主人公のルックスは大体あんな感じだし(別にこれはジャンプ漫画じゃないけど)。

中丸くんがんばっているし、kat-tunの主題歌はかっこいいし、イケメン俳優が多いし、もうこれは毎週絶対見ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »