« KERSって?/流星の絆 最終回 | トップページ | 「シリーズ激動の昭和 あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機」 »

2008.12.21

SMAP 2008 super.modern.artistic.performance tour DVD感想

初めての自分が行ったスマップのコンサートのDVD(入ったのは撮影の日ではありませんでしたが)ということで感慨深いものがあります。にもかかわらず、いつものように初めて見るかのような新鮮さを感じられる己のすばらしい記憶力に乾杯。

まあ、そうは言っても一度は入ったコンサートですから、それなりに記憶の片隅に断片的に残ってはいるわけですが、スタンド席からでよく見えなかったものをはっきり見ることができて一番インパクトがあったというかショックだったのが、「セクシー&シティ」の木村くん、中居くんの化粧した顔に、思った以上に年齢がでていたことであります。それ考えると吾郎ちゃんはそれほど年齢を感じなかったなあ、化粧顔に。慎吾ちゃんはメイクと演技トータルで「永遠に美しく・・・」のゴールディ・ホーンを思い出しました。剛くんは・・・あえて何も言いません。

スマップのDVDに関しては、今回に限ったことではありませんが、観客の映像をはさみすぎです。ほぼ交互に映っているときもあって、引きの映像も含めると3分の1くらいスマップが顔が認識できるレベルで映っていないような気がする。世のファンはどう思っているか知りませんが、自分はスマップが見たくてDVDを購入しているのでできる限りお金を払った対象の映像を見せてほしいのですが。演出の一つだと思いますが、少しなら効果的だとは思うけれど、あれほど多いとちょっと・・・。自分が他に見ているジャニーズのライブDVDは関ジャニとKAT-TUNなんですけど、引きの映像は両者ともよくありますが、ファンの顔がメインに映る映像はほとんどないんですよね。それでいいと思うのだけど・・・。

あと、音声が思った以上にクリアだったなあ。これまた関ジャニとKAT-TUN引き合いに出しますけど、彼らの歌にはいかにもドームで歌ったものをそのまま録音したような音の響きがありましたが、それが感じられなくてちょっと臨場感に欠ける気がしました。生で歌っていたのは事実だと思いますので、良い集音マイクを使っているとか、音声の編集のときに手を加えたとかでしょうか・・・(こういうの詳しくないからよくわかりませんが)。

特典はMCしかまだ見ていないんですけど、MCがすごく面白かったです。スマップの面白さの真骨頂が発揮されていると思いました。やっぱりスマップ良いなあ。

|

« KERSって?/流星の絆 最終回 | トップページ | 「シリーズ激動の昭和 あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/43479861

この記事へのトラックバック一覧です: SMAP 2008 super.modern.artistic.performance tour DVD感想:

« KERSって?/流星の絆 最終回 | トップページ | 「シリーズ激動の昭和 あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機」 »