« 「シリーズ激動の昭和 あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機」 | トップページ | 少年倶楽部プレミアム~安田章大くん »

2008.12.26

Mステスーパーライブ(2008)/パリ木のクリスマス特番

今年のMステスーパーライブもジャニーズそろい踏みということで(今年はタッキー&翼いなかったけど)、まあうちでも当然見たわけですが。

すばるくんのビジュアルが素晴らしい(感涙)。ちょっと前までおっさんチンピラみたいだった外見が、れっきとしたジャニーズのルックスになっている・・・

髭がなくなっている情報は知っていたのですが、髪形もあんなに素敵になっていたなんて知りませんでしたから、すごく嬉しいheart04
思えば昨年もこのMステスーパーライブですばるくんが素晴らしいビジュアルだったんですよね。あの短髪好きだなあ、またあれくらいの長さにしてほしいなあ。
まあ、ステージに関しては、他のジャニーズグループがメドレーを歌う中、一応今年2枚シングル出しているにもかかわらず「無責任ヒーロー」1曲を1番プラスさびの繰り返しのみ歌うといういつもどおりのポジションでありましたが、今回それほどメンバーのおふざけもなく、でもテンション高く盛り上がっていて楽しかったです。歌の冒頭、山田の二人が何回か画面の隅から不意にぬっと顔を出すからドキドキでした(笑)。最後のすばるくんには不覚にも笑ってしまいました。ベストアーティストのときもそうだったけど、今回も亮ちゃんが痛々しいほどの痩せ方だったなあ。

関ジャニくんたち以外の感想ですと、冒頭の出演者の紹介のところでTOKIOと一緒にイノッチが出てきてびっくりしたとか、パフュームのステージで演出用のバルーン?がメンバーの一人の頭上に乗っかってきてびっくりしたとか、GLAYのTERUの化粧があまりに濃くてびっくりしたとか、SMAPの歌唱力のすさまじさにびっくりしたとか、オレンジレンジのメンバーの一人がミハエル・シューマッハ張りのファッションセンスを披露していてびっくりしたとか、平井堅の息継ぎの大きさにびっくりしたとか、まあ、いろいろびっくりしたMステスーパーライブでした。

同じテレビ局ということで、これの感想も。

23日にBS朝日で放送されたパリ木の十字架少年合唱団のクリスマススペシャル番組見ましたが、なかなか良い番組でした。コンサートの抜粋と日本滞在中の素顔の彼らを簡単に取材した映像(インタビュー、リハ、東京見物の様子)で構成されていて、テレビ朝日がウィーン少年合唱団の招聘元だったときのウィーン少年合唱団の宣伝番組みたいな作りでした。それにしても、日本滞在中(というか東京滞在中)に彼らが行った場所が秋葉と浅草寺というのがなんともマニアックなような定番すぎるような。ウィーン少年合唱団とかもこういうところ行きますよね。10~13、4歳の少年に最も似つかわしくない場所という感じがするんですけど、今の東京で現代日本を端的に経験できるのは確かにその2箇所という気もします。

肝心のコンサートの映像ですが、音の響きが違うんですよね、生で聞いたのと。時々、生で聴いたときのような音の響きで聞こえることもあるので、どの位置のマイクの音を放送で使ったかによるのかなとも思ったりしましたが、よくわかりません。ある程度仕方のないことだとは分かっていますが、ちょっと残念。あと、ショックだったのが、「ソルヴェイグの歌」と「子らよ、歌え」と「カルヴァリ山の十字架」をやらなかったこと。母親がテレビ番組だからとっつきやすくポピュラーなものを優先したのではないかと言っていましたが、多分そうなんだろうけど、だったら「カルヴァリ山」やってほしかったなあ、あれはとっつきやすいノリの良い歌だったし、メインソロの二人がかっこよかったし。まあ、でも、テレビでコンサートの模様を流してもらえただけでも嬉しいことだったのですから、贅沢は言わないことにします(もう十分言っているけど)。

|

« 「シリーズ激動の昭和 あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機」 | トップページ | 少年倶楽部プレミアム~安田章大くん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/43489024

この記事へのトラックバック一覧です: Mステスーパーライブ(2008)/パリ木のクリスマス特番:

« 「シリーズ激動の昭和 あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機」 | トップページ | 少年倶楽部プレミアム~安田章大くん »