« 関ジャニの最新ミニライブDVD(CDシングル付き) 他 | トップページ | ルノー、来季ドライバーズラインナップ発表 他 »

2008.11.04

2008F1ブラジルGP

仕事が忙しかったりでやっと今日見たんですけど、いやあ、最終戦にふさわしい、なんともドラマティックなレースでしたね。昨年もかなりドラマティックだったと思うけど、さらにそれの上をいっている。「事実は小説より奇なり」ってまさにこういうことだと思いましたよ。リアルタイムで見たかった・・・。

まずは黒人初にして史上最年少のF1チャンピオンに輝いたルイス・ハミルトンにおめでとうですね。素晴らしい。これってとってもすごいことなのに、なんだか特に驚きを感じないんですよね、当然のことのようにすら感じられます。それほどに、すでに彼の走りはチャンピオンにふさわしいものになっていて、2年目にしてF1の主役の座に普通になじんでいる。今年は昨年のようにタイヤのトラブルで順位を大きく落とすこともなくなり(多分。あんまり今年見ていないから)、中国・ブラジルでは昨年の失敗を繰り返さず精神的な成長も見られ、ますます隙がなくなっていっていると思います。ライコネンファンとしてはあまりこれ以上の成長はしないでほしいなあ。まあ、どう成長しようとも、来年はライコネンがリベンジを果たすことにはなっていますが

でも、今回のレースでは、主役はマッサですよね。本当に素晴らしい走りでした。ずっと見ながら「これがライコネンの走りだったら・・・」と何度も思いましたよ。本音を言えば、彼にチャンピオンを獲らせてあげたかったです。最多優勝の人が、ハンガリーだかどこかで1位走行中にエンジンブローしなければ余裕でチャンピオンだったはずの人が、今回のレースであの走りを見せた人が、たった1ポイントの差でチャンピオンになれないのはなんだか理不尽に思えてしまう。また、ファイナルラップの残り数100メートルでチャンピオンの夢破れるというのが酷ですよね。でもまあ、それがルールだし、それがF1だから仕方ない。パルクフェルメに戻ってきてからしばらくコックピットの中で目を押さえている姿に、思わずもらい泣きしそうになりました(「しそうになった」というかほぼ「しました」)。表彰式がえらく暗かったですね(シャンパンファイトのときはいつもどおりだったけど)、チャンピオンを僅差で逃した人、空気を読んだ(&おそらく自分ももろもろの理由でちょっとブルーだった)人、もともと暗い人が並んでいたから。ライコネンがマッサの背中をたたいて声をかけていて、「ライコネンもこういうことやるんだなあ」とちょっと意外な気持ちでした。いや、そうじゃなくて、その光景にもちょっとジーンときました。マッサ、涙をぐっとこらえていた顔がとっても男前だったなあ。とにかく今回のマッサはあらゆる意味で最高でした。

そのマッサと第一スティントでファステスト塗り替え合戦をやり、終盤にはハミルトンをオーバーテイクしてチャンピオンシップを最後の最後まで盛り上げたトロ・ロッソのセバスチャン・ベッテルくんも、主役の一人ですね。ブルデーのポジション見てもトロ・ロッソのマシン自体が競争力がぐっと上がっていることは事実だと思うのだけど、それにしてもすごい。ミスはしないし、原因不明な速さはあるし、末恐ろしいですね、早くトップチーム(フェラーリを除く)で走らせてあげたいなあ。今年、アロンソがもっていた数々の最年少を塗り替えまくりましたが、ハミルトンの最年少チャンピオンを塗り替えることも十分ありうると思います。ぜひ実現してほしいです、あのお子ちゃまキャラはそのままで。

そのベッテルくんに最年少記録を塗り替えまくられたアロンソですが、今日も素晴らしいレースでしたね。なんか、今シーズンが一番この人の真のすごさを見ることができたような気がします。

さて、今回のレースをもってディフェンディング・チャンピオンの座を明け渡すわれらがキミ・ライコネンですが、今回も、第2スティントでは寝てるんじゃないかと思うほどまったり走り、第3スティントになると思い出したように速くなるいつものパターンでした。予想どおりマッサが手助け要らずの出来だったので、空気のような存在感でしたが、表彰台で今シーズンを締めくくれてよかったと思います。

最後に、このレースをもって引退するクルサードですが、あんな終わり方なんて・・・(号泣)。レースがあまりにドラマティックだったのでレースが終了したときにはすっかりそちらに気を取られていましたが、序盤は落ち込みが激しかったです(スタートをやり直してくれたらと思いましたよ)。あれ、2コーナーあたりでしたっけ。白いマシンがとっちらかっていたから「もしや」と思ったら(大体こういうときはクルサードだから)本当にクルサードで・・・(涙)。まあ、ヘルメットを脱いだクルサードの映像が何回か見られたのは嬉しかったですが。残念だなあ、クルサードのドーナツターン、見たかった・・・。ともあれ、長いことお疲れ様でした。来季の楽しみが一つ減って寂しいです。

これで今シーズンのF1も終わり。最後にこんな映画のようなレースがあってF1の醍醐味を存分に味わって締めくくれてよかったです。今年はライコネンにとっては思わぬ試練の年だったけど、来季はきっと復活してくれると信じてそれを楽しみに来シーズンを待とうと思います。

|

« 関ジャニの最新ミニライブDVD(CDシングル付き) 他 | トップページ | ルノー、来季ドライバーズラインナップ発表 他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/43015640

この記事へのトラックバック一覧です: 2008F1ブラジルGP:

« 関ジャニの最新ミニライブDVD(CDシングル付き) 他 | トップページ | ルノー、来季ドライバーズラインナップ発表 他 »