« 今日のCAN!ジャニの私的見所 | トップページ | ロシア・スヴェシニコフ記念児童合唱団のコンサートに行ってきました »

2008.10.20

2008F1中国GP

チャンピオン争いも佳境に入った中国GPは、マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンが、昨年の借りを返す圧勝で優勝を飾りました。フェラーリ勢がどうやってもまったく太刀打ちできない見事な走り。この人はあれですね、トップをぶっちぎりで走っているのが一番良い。いや、誰でもそれは同じだけど、彼の場合特にそれを感じます。素直にかっこいいと思えますし、無駄に自分の贔屓のドライバーを心配しなくて済みますから。マッサはここで詰めなければならないところを逆に離されてしまう結果となりましたが、最終戦ブラジルは彼の得意のサーキットですし、昨年ブラジルで起こった奇跡を思えば諦めるのはインテルラゴスでチェッカーが振られたあとで充分。めげずにがんばってほしいです。そういえば、昨年のライコネンも、今年のマッサ同様7ポイントビハインドの状態でブラジルGPに臨んでいましたね。

そのライコネンですが、富士以降、調子を取り戻してきているようで非常に嬉しいです。レース運びとしては可もなく不可もなくでしたが(悪いレースではなかったけれど、ハミルトンとまったく同じ作戦で全然歯が立たなかった以上、良いレースとは言えないですから)、久しぶりで人差し指を添えてテレビ的配慮をしつつ中指立てる光景を見られたり(また立てている指が伸びていないんだ、これが。小さい子の手みたいに丸まっていて可愛い、いや、これもテレビ的配慮かもしれませんが)、第3スティントでマッサのマシンを確認するかのようにコーナー立ち上がりなどできょろきょろ首を動かしてサイドミラー見ている姿を見られたり、そういう小ネタ的な部分で楽しませてもらいました。

マッサに道を譲るシーンは、今まで見たことがない、そしてファンとして絶対に見たくはない光景のはずなんですけど、来るものがきた感じで特にテンションが下がることはなかったですね。むしろ、素直に譲ったライコネン男前goodという感じ(他の人も普通にやっていることだけど)。素直というか露骨というか。でも、あまり見ていて露骨とは思わなかったです、そのときは(何周もかけて徐々にギャップを詰めさせていたし)。ただ、ピットで抜かせたほうがベターでしたね、よくよく考えると。おそらく第2スティントまではライコネンは優勝か少なくともハミルトンの前に出ることを狙っていて、しかもマッサのスピードが思いのほか伸びなかったゆえに、ピットでの入れ替えが出来ず、ああいう露骨な形になったんだと思います。そういうのも含めて、今季のフェラーリは本当に作戦が下手!!毎回毎回レース戦略に何の工夫も見られず、状況に応じて作戦を変えてくる柔軟性もない。でもって、ピットは毎回ノルマのように大なり小なりミスをする。今回もそんな今季のフェラーリの悪い側面をあちらこちらに感じたレースでした。そういえば、今回、マッサはシャークフィン、ライコネンはノーマルなカウルだったけど、それほどに二人のドライビングスタイルは違うのかな。

クルサードのレースが残りあと1戦になりました。現役最後の3レースのうち、最初の富士はオープニングラップでフェイドアウト、次の中国は完走でしたが、青旗振られているかのごとくやすやすと後ろから来たマシンに道を譲っているところしか見ていません(フィジケラは彼を見習うように)。最後のブラジルで彼の存在感を見せつけてほしいものです。

まあ、でも、やっぱりちょっとショックですね・・・譲るライコネン。チームやイタリアメディアからまだ数字上はチャンピオンの可能性が残っている段階からサポートにまわるよう暗に言われ、本人もだんだんとその意思を口にするようになり、そういう流れになっていたから(それになんといってもあの後半戦の有無を言わせぬへたれっぷり)、まあ来るべきものが来たという感じにはなったけれど。まあ、でも、マッサだから良いです。母国グランプリで絶好調でありながら彼個人が出来る最大限のサポートをしてライコネンのチャンピオン獲得に貢献し、人を刺さんばかりの目つきでライコネンとチームのチャンピオン獲得を祝福していた姿は忘れられません。だから、昨年のマッサのようにかっこよくサポートしてあげてくれていいです(いや、私がどうこう言うことではないですが)。まあ、インテルラゴスはマッサ得意だから助けてもらうまでもないだろうけれど。

|

« 今日のCAN!ジャニの私的見所 | トップページ | ロシア・スヴェシニコフ記念児童合唱団のコンサートに行ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/42848895

この記事へのトラックバック一覧です: 2008F1中国GP:

« 今日のCAN!ジャニの私的見所 | トップページ | ロシア・スヴェシニコフ記念児童合唱団のコンサートに行ってきました »