« ロシア・スヴェシニコフ記念児童合唱団のコンサートに行ってきました | トップページ | 関ジャニ∞@新堂本兄弟 »

2008.10.25

CAN!ジャニ4回目

私の大好きなウィーン少年合唱団と関ジャニ∞の画面上のコラボ(うちではそういうことになっております。先週書いたブログではこの説明が抜けていたので読んでいてなんのことやらという感じですが、つまりそういうことで興奮していたのです。まあ、どちらにしろ何のことやらという感じに変わりありませんが)にうちでのみ湧いたヨコすばロケから早1週間、前2つのロケの過酷さはなんだったのかというほどのんきなコロッケ食べ歩きロケの冒頭、今度はウィーン少年合唱団の歌う「雷鳴と電光」が!ということでまたもやうちでは大喜びでした、だからどうしたという感じですが。途中でオケだけだけどウィーン少年合唱団の十八番「トリッチ・トラッチ・ポルカ」も流れるし、さすがは元ウィーン少年合唱団来日公演招聘元だけあります、テレビ朝日(完全にこじつけ)。

BGMの話はこれくらいにして、本編ですが、今回は地球救出ではなくテレビ朝日救出の予算削減企画でビデオカメラのテープ1本分でコロッケを出来るだけ多く取材するというもの(多分。何しろ、最初の部分はウィーンネタで盛り上がってあまり聞いていなかった)。その割にそれぞれ(村上&大倉組、丸山&安田組)の班にちゃんともう一台ずつカメラがくっついていて、もうロケ開始のときからすでに企画の意図が崩れているような気がしないでもないですが、まあ、いいです、なんか内容そのものが予算削減という感じでしたし、もう一台のカメラがないと村上くんが完全にカメラマンになってしまうところでしたし。

まあ、その、なんていいますか、関ジャニくんたちの語彙といいますか表現力の乏しさが光った回でしたが、個人的には、銀座のデパートに入っていの一番に「コロッケはどこですか」と聞く姿になんらの違和感を感じさせない大倉くん(服装がすでに銀座の感覚ではコロッケの売り場を聞くのがせいぜいという格好だったからなあ)、ヤスのカメラワークに対する横山くんのつっこみ、村上くんのちょっとデパート仕様ではない大声の独り言などがツボでした。・・・なんかほかにもいろいろツボはあったんだけど忘れちゃったなあ・・・。

すばるくんファンとしては、もうコロッケを食べて嬉しそうなすばるくんが可愛くてそれで満足ですheart01
まあ、そこ以外特に何をやったというのはないから必然的にそうなるわけですが、でも可愛かった。錦戸くんにシャッター音では負けていたけれど(テレビ越しに聞いた感じでは完封負け)、私の心のシャッターはあれ以上に激しく音を立てていたから大丈夫(何が?)。

今日紹介されていた店のひとつにRF1がありましたが、私はそこの海老カツが大好きです、高いけど。大倉くんが驚いていたコロッケの値段よりさらに50円ほど高い。大倉くんにはそれを食べてほしかったなあ(まあ、プライベートでは食べているかもしれないけど)。ぷりぷりの海老が満員電車のようにぎっしり詰め込まれていて、さくさくの衣にも塩味がついていておいしいんですよ。書いていたらまた食べたくなってきました。

|

« ロシア・スヴェシニコフ記念児童合唱団のコンサートに行ってきました | トップページ | 関ジャニ∞@新堂本兄弟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/42904798

この記事へのトラックバック一覧です: CAN!ジャニ4回目:

« ロシア・スヴェシニコフ記念児童合唱団のコンサートに行ってきました | トップページ | 関ジャニ∞@新堂本兄弟 »