« SMAP 2008 super.modern.artistic.performance tour(9/24) | トップページ | 10月は関ジャニ∞がたくさん(いつもと比べて) »

2008.09.28

2008F1シンガポールGP

F1史上初のナイトレースで行われた初開催のシンガポールGP、初代ウィナーになったのはルノーのフェルナンド・アロンソでした。フリー走行から絶好調、予選は不運に泣きましたけど、決勝では逆に幸運を味方につけて予選の不運で失った順位を取り戻し、競争力が決して高いわけではないルノーのマシン(でも、こういうコースって、ルノーのマシンに合っているような気はします)を、その能力を最大限に引き出し、かつノーミスでチェッカーまで走らせる、文句の付けようのない見事なレース運びでした。やっぱりすごいなあ、この人は。わかっていたけど。ルノーに戻ってからも、度々、そういう存在感を見せ付けてはいたけど。やはり結果が結びつくと改めてそういうものを感じます。

ナイトレースは良いですね。1800の照明を使うとかで、時代に激しく逆行する反エコ仕様ですが、見た目の美しさはやっぱり昼間とは比べものになりません。ただ、公道レースはちょっと今シーズン増えすぎですね。威張って言うことではありませんが、「実はシンガポールGPは実際にはバレンシアでやっていました」と言われても素直に信じると思います、私は。でも、バレンシアよりは面白かったかな、波乱抜きでも面白かったと思います。

・・・いや・・・。やっぱり面白くなかったよ・・・。なんですか、あの残り数周に起こったあれは・・・(今「おこった」と入力して変換したら「怒った」になりました、キーボードもお怒りらしいです)。それまでが悪くなかっただけにショックが大きすぎました(まあ、ローリング・スタートには改善の余地を大いに感じていましたが)。なんか、でも信じられないですね。いや、この人、細かなミスはそれはもうシンガポールの照明の数ほどやっていますけど、ああいう致命的なミスって、まだ経験の浅いマクラーレン時代でもほとんどやっていなかったのに・・・(ああ、今年はモナコですでにやっているんでしたね・・・ベルギーもでしたか。もう今ライコネンのダメレースに対しては三猿だから。記憶から抹消しているから)。致命的なミスでリタイアするライコネンとか、チームメイトに押されっぱなしのライコネンとか、負の連鎖が切れないライコネンとか、なんか今年は今まで見たことのないライコネンがたくさん見られて、涙が止まりません。ウォールに激突した瞬間、一瞬だけ「もうライコネン引退してくれても私は良いかも」と思いました。いや、ライコネンに対して冷めたとかじゃなくて、もうこういうライコネンは見たくないという気持ちになって。でもこのままで終わってほしくないという思いがすぐに出てきましたので、そういう気持ちはすぐに消えましたが。でも、本当に切ない、同じチャンピオン経験者のアロンソがあの走りを見せただけに。

マッサは本当に気の毒でした。マッサ自身は良いレースをしていたのに(ただ2回目のセーフティカーの原因となったスーティルさんのクラッシュのきっかけとなったマッサのスピンがマイナスかな。あれ、地上波ではリプレイがなかったんですよ、見てみたかったのに)。フェラーリはあの信号式のやり方でけが人出たのに、まだあの方式使っていたんですね。さすがに2回目以降はロリポップに戻していましたが。いや、ロリポップだろうが信号式だろうが事故が起こるときは起こるものだけど、ロリポップのほうが事故が起きたときに速く対応できるし(ロリポップマンが止めるためにいろいろなパフォーマンス、例えばバトンのヘルメットをがしがしロリポップで殴るなどするから、後ろが見えないドライバーもすぐにマシンを止められるんですよね)、実際に事故が起きてそのときの状況を見ているのに、なんで信号式使い続けてたのかな。なんか、今年のフェラーリは、レース戦略も含めて、柔軟性に欠けるというか、なんか対応が変ですよね。

あとは、そうですね、クルサードがよく映っていて嬉しかったです。ハミルトンをよく抑えていました。周回重ねるごとに前を行くマシンとどんどん差が開いていったような気がするけど、そんなことはどうでもいいのです。

どうでもいいといえば、アロンソがピットインしたときに映ったんですけど、ピットの上にある電光掲示板に「NIGHT RACE」と出ていました。それはわかっているから、さすがに。

まあ、そんな感じです。「冬来たりなば春遠からじ」というけれど、ライコネンの冬は長いなあ、フィンランドの冬なんですね。

|

« SMAP 2008 super.modern.artistic.performance tour(9/24) | トップページ | 10月は関ジャニ∞がたくさん(いつもと比べて) »

コメント

うーーーん。
最近のレースは消化不良ばかりです!
プンプンですよ!
時間を返してほしいくらい(笑)
最後の激突には、あ~ぁ~ぁ~。と
なんとも溜息に近い声がでましたねー。
あと、マッサのリリース。
今年は何度こんな光景を見るんでしょう・・・。

はっきり言って、レース自体はおもしろかったですよね。
フェラーリ二名を除いては。
アロンソの優勝に、ちょびっと感動しましたしね~。

来年も、フェラーリこのメンバーで行くなら、
もっと、びしっと決めたレースを見せてほしいですよね。
悲しすぎますよ・・・。

※スーティルは、マッサが動き出した動作についていけず、(その前にスーティルも滑ってましたが)
壁に激突したみたいですよ。

投稿: R | 2008.10.01 21:35

Rさん、こんばんは。

本当最近は消化不良のレースばかりですね。今回は良い感じだと思ったのに・・・。私はクラッシュの瞬間はすごく大きな金きり声で叫んでしまい、自分でもちょっと驚くほどでした(苦笑)。録画映像なのに(まあ、結果は知らなかったんですけれど)。

フェラーリ2名を除いてはレースは面白かったです。問題はフェラーリの、特に1名の活躍がかなりレースの面白さを左右するというところです(涙)。アロンソの優勝は本当に素晴らしいですね。「ああ、やっぱりチャンピオンだ」と思いました。

フェラーリ自体もちょっととっちらかっていますよね。やはりトッドが・・・と初心者の私は短絡的に思ってしまいます。来季はどうなんでしょうね。

スーティルさんのクラッシュの解説ありがとうございます。「マッサが動き出した」というのはスピン後にということですよね。スーティルさんもフェラーリに翻弄されるシーズンを送っていますね(笑)。

投稿: 雪の子キノコ | 2008.10.01 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/42629053

この記事へのトラックバック一覧です: 2008F1シンガポールGP:

« SMAP 2008 super.modern.artistic.performance tour(9/24) | トップページ | 10月は関ジャニ∞がたくさん(いつもと比べて) »