« 女子体操ネタもう一度 | トップページ | 2008F1ヨーロッパGP »

2008.08.22

落雷

ハンガリーGPの決勝について書いたブログの最後で、次回はシンガポールGPだと断言していましたが、ヴァレンシアでした。失礼しました。そのヴァレンシア、今日から開幕ですね。もうそろそろ本来のライコネンが見たいなあ。

さて、遅ればせながら、ソフトボール日本女子、やりましたね。2日間で3試合、しかもうち2戦は延長戦という、高校野球よりもすさまじい試合日程(まあ、本来のイニング数が少ないですが)を、一人ですべて投げぬいた上野投手には脱帽です。彼らががんばっていたちょうどその頃、私も、彼らに比べたらずっと楽なことではありますが、がんばっておりました。

いや、関東地方で昨日の夕方すさまじい雷雨があったのですが、雷がうちの職場(某有料老人ホーム)に落ちまして。ほとんどの電気系統はすぐに回復して何の異常もなかったのですが(多分)、よりによって一番やっかいな給水ポンプの電気系統がやられてしまい、全館水道がストップとなってしまったのです。ということはトイレに自由に行けないということで、トイレノイローゼの私にとっては、命の危険にさらされることの次にピンチな状態に陥ったわけで、しかも、本来の勤務時間は過ぎていて夜勤のスタッフ3名と残業をしていた私を含む2名の日勤スタッフしかいないという状況、さらに、業者に連絡しても、落雷による電気系統の被害が周辺で相次いでいたらしくすぐには来られないとのこと、そして何よりここは老人ホーム、ということで、軽く泣きたい気分でしたが、とりあえず業者がいつ来るか分からないので応急処置に奮闘したというわけです。

まあ、図らずも、災害時に水が止まったときの貴重な訓練になったわけですが、地震や火事などの大災害が起きたときのための訓練というのはよくやっているけれども、こういうプチ災害といいますか、建物や人には影響がなかったけれどライフラインに問題が起きたときのための対策とか訓練も必要というか大切だということを痛感しました。いろいろ普段から災害に備えて水をタンクに確保したり物を備蓄したりしていますが、実際にそれを活用することの難しさ、必要なものを必要なときにすぐに使えるようにしておかなければ何の意味もないこと(備蓄品の置き場所をどうすべきかという問題)を肌で実感しました。いろいろ大変でしたが(主に居住者対応が)、良い経験になりました、本当に。

|

« 女子体操ネタもう一度 | トップページ | 2008F1ヨーロッパGP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/42243410

この記事へのトラックバック一覧です: 落雷:

« 女子体操ネタもう一度 | トップページ | 2008F1ヨーロッパGP »