« 関ジャニ∞コンサート@静岡29日1部 ② | トップページ | 今日見た雑誌(F1・関ジャニ) »

2008.08.04

2008F1ハンガリーGP

抜けないサーキットで退屈なレース展開を予想させるんだけど終わってみると意外な結果であることが多いハンガリーGPですが、今年もどんでん返しの連続で最後まで目の離せない熱い(いろいろな意味で)レースでした。そして、そんな波乱のレースを制したのは、マクラーレンのヘイッキ・コヴァライネン。この前のブログで私が書いた願いを幸運の女神がかなえてくれたかのような、幸運な初優勝でした。・・・まあ、ちょっと人違いなんだけど。貴公子というところでちょっと女神様が迷ってしまったのかもしれない。というか、「貴公子って言ったらこっち(コヴァライネン)でしょ」と思ってしまったかもしれない。まあ、でも、ライコネンもかなり幸運でしたから、幸運の女神はちゃんと願いをかなえてくれたと言えますね。

まあ、幸運、幸運言っても、その運を拾えるところにいたのはまぎれもなくコヴァライネンの実力ですから。本当におめでとう。

そして2位には、こちらも初ですね、初めての表彰台獲得となるトヨタのティモ・グロックが入りました。予選であのトゥルーリを上回り、決勝でマクラーレンに負けず劣らずのレースペースで走り、週末を通して素晴らしい活躍を見せたと思います。

3位には、レース終盤になると見違えるような走りを見せる習性を持つ我らがディフェンディング・チャンピオンが入りました。グロックをすごい勢いで追っかけまわした第3スティントがなかったらなんとも消化不良なレースでしたが、最後に切れのある走りを見せ「もしかしたら」という期待を抱かせてくれたので、まあまあ満足です、まあまあだけど。抜けないハンガロリンクで、第1スティントでトヨタにまったくついていけないアロンソにあれほど押さえられてタイムロスしたにもかかわらず、短いピットストップでアロンソの前に出るとかせず、普通にアロンソの後ろでピットから出てきたときには、私の脳内では3人くらいフェラーリ首脳が首になっていましたね。まあ、自分は初心者で、しかも情報もないわけですし、結局望める最高位ともいえる結果だったわけですから、実際にはどういう作戦をとるのが一番良かったのかわかりませんが、素人目にはどうにもフェラーリのレース戦術が下手に見えたので、第2スティントが終わるまではフラストレーションがたまりっぱなしでしたよ、本当。順位を落としたスタートに関しては、ライコネンのスタートは反応は悪くなかったと思うし(クビカのスタートが悪かったので相対的に良く見えただけかもしれませんが)、無理に行ってクラッシュするよりは若干引き気味で被害を最小限にする方がまだましだと思うので、あれはあれでよかったと思っています。

でも、もうそろそろ、浮上してほしいな。いや、ランキングは浮上したけれど、ああいう走りで浮上してもなんかしっくりいかないですから。

逆にランキングは下がったけれど私が見たい走りを見せてくれたのがマッサでした。一番のライバルであるチームメイトにそういう走りをされてしまうのが一番切ないです、ライコネンファンとしては。スタートからマシントラブルでレースを終える残り3周まで、何一つ文句の付けようのない走りでした。スタートもレースペースも素晴らしかった。ライコネンファンの私でもあの走りを見せたマッサが優勝できない事実は納得がいかないし残念に思います(コヴァライネンの優勝は嬉しかったけれど)。

ハミルトンはいい加減タイヤの使い方を何とかした方がいいですね、まあ、誰よりも何とかしたいのは本人だと思いますが。常に進化している彼が、この方面に関しては成長していかないのが不思議です、ありがたいけれど。

あとはまあ、そうですね、BMWの元気のなさ、とりわけハイドフェルトの元気のなさが気になりますが。少なくとも今回は完全にトヨタと立場が入れ替わっていましたね。

それにしても、まあ、シャーク・フィンが大流行ですね、みんなとさかくっつけて走っている。そんな中、さっぱりしたエンジンカバーで走るウィリアムズが非常にすがすがしく見えます。すがすがしいとか言っていられない状況のようですが(別に彼らはすがすがしいとは言っていないけど)。

次はシンガポールGPですか。今のライコネンを見ていると彼のファンとしては期待より不安の方が大きいですが、初のナイトレースはやっぱり楽しみです。

|

« 関ジャニ∞コンサート@静岡29日1部 ② | トップページ | 今日見た雑誌(F1・関ジャニ) »

コメント

こんにちは。
本当に目が離せないレースでしたね!
マッサ本当に残念です。でも、実際「えーー!」って声がでました。
ライコネンがせっかく抜きにかかってる絶好のチャンスのところで・・・・と・・・
実際3位に入れたので、結果オーライなんですけどね。

ハミルトンに関してもまさしく!っと思います。
何度目でしょう?
最初はタイヤ事態が悪いのかと思いましたが、
あのブレーキング。タイヤに負担掛けるのは間違いないですよね。
ま、らっきーといえばらっきーですけど(笑)

コヴァとライコネンの表彰台嬉しかったです。
なんかお互い素直に喜んでる感じがしました。
それと、シャンパンファイトはじまってそっこう、
二人同時に一口のんでたのがおもしろかったー。

夏休み明け楽しみですね。
去年のように、後半追い上げてほしいです!

投稿: R | 2008.08.06 10:35

Rさん、こんばんは。

実を言うと、私もイエローが出たときにはちょっと「え・・・」と思いました(あと、同じマシンだからエンジンも心配でしたね)。まあ、ライコネンのコメントによると、最後マシントラブルも出ていたみたいですし、本当、あの結果で御の字ですね。

タイヤに関しては、ハミルトンが一人で多いですからね、トラブルが。今回もハミルトンだけでしたし。ブレーキングの修正って、難しいのかな。こう言うと他力本願みたいでアレですが、ライコネンにイマイチ切れがない今、もうしばらく今のブレーキングを続けてほしいです(苦笑)。

CSはやっぱり良いですねー、地上波はあまり表彰台の映像がないから・・・。もっと表彰台での二人の様子が見たかった・・。ライコネンもコヴァライネン相手だと良い雰囲気になりますよね。シャンパンファイトのときのまず一口はフィンランド流なんですね(笑)。

去年を再現してほしいですね。今年は去年ほどポイント差があるわけではないから、出来なくはないと思うのだけど・・。

投稿: 雪の子キノコ | 2008.08.07 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/42056244

この記事へのトラックバック一覧です: 2008F1ハンガリーGP:

« 関ジャニ∞コンサート@静岡29日1部 ② | トップページ | 今日見た雑誌(F1・関ジャニ) »