« 少クラプレミアム(8/17)と女子体操ネタ (ちょっと訂正) | トップページ | 落雷 »

2008.08.21

女子体操ネタもう一度

アンナ・パブロワちゃんの跳馬ノーポイントは、演技開始のシグナルが赤から緑になる前に演技を始めてしまったためのようです。F1でもセーフティカーが出たときのピットイン→アウトのときなどに、まだ信号が赤なのにピットレーン出口を出発してしまい、何度もリプレイ映像で告発された挙句、数周走行後に失格になることがありますが(ラテン系ドライバーに多いような)、あれに近いようなものかな。パブロワちゃんといえば、体操の最終種目、平均台の演技も見ることができました。ほぼノーミスで順位も個人種目の中では一番良くて、その前がさんざんだっただけに良かったなあと思いました。平均台といえば、それに出場していた日本の鶴見虹子選手、残念ながら途中で平均台から落下してしまったんだけど、落下しないようになんとかバランスをとろうと足を振り回すその足の姿勢が美しくて、体操選手はこんな必死なときでも足を美しく動かすんだなあとリプレイ映像を見ながら(いや、リアル映像のときは、見ているほうも必死だったから。何をやっているわけでもないんだけど)、妙に感心しました。今回種目別(段違い平行棒を除く)しか見ていないんだけど、イマイチ技の難度がわからない初心者には、シルバーコレクターのショーン・ジョンソンちゃんが一番安定して上手に見えました、演技全体の美しさだとリューキンちゃんなんだけど。

まだ競技が全部終了していないのにまとめに入るのもアレですが、まあ、今回「は」というか今回「も」というべきか、女高男低なオリンピックでした。特に球技全般と柔道(レスリングもかつてのことを考えるとこの仲間ですね)。私は女&ミーハーなのでやはり殿方の活躍が見たい。でも、どの選手も必死にがんばってここまで来て必死にがんばってそういう結果だったのですから、いろいろ言いましたけれど、お疲れ様の一言で締めたいと思います。お疲れ様でした。

|

« 少クラプレミアム(8/17)と女子体操ネタ (ちょっと訂正) | トップページ | 落雷 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女子体操ネタもう一度:

« 少クラプレミアム(8/17)と女子体操ネタ (ちょっと訂正) | トップページ | 落雷 »