« 北島選手、男子100m平泳ぎで金メダル獲得 他五輪ネタ | トップページ | また連覇 »

2008.08.12

前回の大会と活躍している人が被っていますね

今までのところ、金メダリストの表彰式は全てリアルタイムで見ているのに、メダルをきめた瞬間は全て見逃しています。惜しい。一番リアルタイムで見ていなくて残念に思うのは柔道ですね(まあ、1番って言っても、今のところ、柔道と水泳しか金メダリストが誕生していないですが)。決勝の試合は何度もリプレイされますけれど、それまでの試合はなかなか録画映像では見られないですから。今日アテネに続く連覇を果たした柔道女子63キロ級の谷本歩実選手のように、全試合一本勝ちだった場合にはなおさらであります。すっかり忘れていましたが、谷本選手はアテネのときも全て一本勝ちだったそうで、これでオリンピックに2回出場してそのすべてで一本勝ちしていることになるわけで、国際柔道の試合で一本で勝つことが難しい昨今、このことは2連覇にさらに箔を付ける事実だと思います。それにしても、今大会これまで日本が獲得した金メダルがすべて前回大会の金メダリストというのも、いろいろな意味ですごいですね。2度も金を獲るということ自体すごいんですけれども、栄枯盛衰が激しいスポーツ界における4年という期間は決して短いものではないですし、3人ともその間順風満帆だったわけではない、でも、この4年に一度の大舞台に戻ってきてそこで結果を出しているわけですから、本当にすごいことだと思います(ウォザースプーンやハンセンみたいに、オリンピックとオリンピックの間にピークが来てしまう人もいるわけだし)。

今日は仕事が休みだったので、男子体操の団体決勝をがっつり見ました。まあ、がっつりではないですね、全体的にながら見だったし、跳馬のあとちょっと意気消沈して平行棒をほとんど見なかったので。結構得点が高かった平行棒を見逃したのは残念。まあ、連覇はなりませんでしたが、2大会連続メダル獲得となる団体2位は充分素晴らしい。最後の鉄棒で、どの選手も守りに入ることなく難度の高い演技(これを書いている人は初心者で技の難度などまったく分からないので、離れ技にコールマンやコバチのような見栄えのする技を取り入れると難度の高い演技ということになります)を大きな失敗をすることなくこなしていたので、もうそれだけで非常に後味が良かったです(アテネのときのことを思い出してちょっと切なくなりましたが。あの時も最終種目が鉄棒で最終演技者が富田選手だったから)。アメリカチームが最終種目でミス連発だったのを見ると、日本人選手は精神的に強くなったなあとそれも嬉しかったですね。多分、アテネのときも同じことを思ったと思いますが。

そういえば、バドミントンのオグシオの試合の映像を見て、相手の選手があまりに男前でびっくりしました。「こんな形の男女混合ダブルスもあるのか」と一瞬本気で思いましたよ。実力も男性並みでしたね。

|

« 北島選手、男子100m平泳ぎで金メダル獲得 他五輪ネタ | トップページ | また連覇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前回の大会と活躍している人が被っていますね:

« 北島選手、男子100m平泳ぎで金メダル獲得 他五輪ネタ | トップページ | また連覇 »