« また連覇 | トップページ | すばるくんのソロコンだめでした »

2008.08.15

とうとうやってくれました

柔道競技最終日の今日、男子100キロ超級で石井慧選手が金メダルを獲得しました。いや、嬉しいですねー、本当に良かった。今回の五輪では何か水面下で圧力でも受けているのかと思うくらい男子選手はみなさん2回戦とかそのあたりであっさり敗退していて、散々だったソウル五輪以来の(というかそれを下回る)惨憺たる成績には本当にテンション下がりましたけれど(特に昨日)、なんか今日ので万事OKです、終わりよければすべてよし。やっぱり柔道といったら男子柔道だし(いや、ほら、女子の柔道は正式種目になったのもずっと後だし)、その中でも一番の目玉は重量級だと思うんですよ。しかも、日本では特に優れた世界に誇れる人材が次々に輩出され、伝統的に日本が強いのがある意味当たり前になっているクラスですから、ここで勝てないとなると、ちょっと期間限定のライトファンといえど柔道好きとしてはショックが女子や他階級とは違ってくるわけですよ、いや、私だけかもしれませんが。だから、鈴木選手の初戦敗退はやっぱりかなり残念でしたし、石井選手の勝利はことのほか嬉しいのです。今回も準決勝と決勝だけ見たのですが、攻めの柔道、かっこよかったです、素人目にはこの人は思いっきり返されそうな体制・タイミングで大外刈りをかけるように見えて終始ドキドキしましたが。

今日はアベックで好成績で。女子78キロ超級で塚田真希選手が銀メダルを獲得し、2大会連続のメダル獲得を果たしました。ラスト数秒の逆転負けは勝利がすぐそこまで見えていただけに本当に残念だったけど、良い試合内容で見ていて楽しかったです。背負い直前の、もう守りに入って良い時間帯に見せた怒涛の足技攻撃には興奮しました。良いもの見せてもらいました。


話は変わるけど、男子100m自由形、元世界記録保持者のオランダのピーター・ファン・デン・ホーヘンバント選手は結局5位に終わり、五輪3連覇は果たせませんでした。レース後には引退を表明したそうで。まあ、この人もいろいろ故障が多くて国際大会に出られないこともあったからなあ。確か、アテネ直後ですら、北京に出ること自体微妙だったように思うし、だからまあ、来るべきものが来たという感じではありますが、ずっと応援していたから寂しいです、やっぱり。そしてやっぱりスタートは出遅れていましたね、レースの映像、リアルタイムで観ていましたけど、のっけから遅れていましたから。最後までスタートが・・・(遠い目)。前だったら50のターンあたりで追いついてきて後半猛ダッシュで引き離していったのに、ついに追いつけなかったのは残念というより寂しかったです。でも、ピーターが決勝で出したタイムは、実は長らく破られずピーター自身それまで破ることのなかった2000年に彼が出した世界記録よりも上なんですよね。彼がどこの水着を使っていたか知らないのでなんとも言えませんが、全盛期を過ぎながらなおこういう泳ぎの出来る、短距離スイマーとしての彼の底力といいますか、才能のすごさを改めて感じました。

|

« また連覇 | トップページ | すばるくんのソロコンだめでした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうとうやってくれました:

« また連覇 | トップページ | すばるくんのソロコンだめでした »