« クルサードは何のためにF1に参戦しているのか | トップページ | 昨日のとくばん »

2008.03.24

2008F1マレーシアGP

昨日行われたF1グランプリ第2戦マレーシアGPは、フロントロウスタートのフェラーリ、キミ・ライコネンが1回目のピットストップでトップに立って独走、危なげない走りで余裕の優勝を飾りました。まあ、この人の場合、本来「危なげない」という言葉はチェッカーフラッグを受けて初めて口に出来る言葉ですので、この言葉を彼に関して使うときはどうしても結果論となってしまうわけですが、ついうっかりライコネンだということを忘れてレース中に「危なげない」と口にしそうになるほどに、安定した走りでしたね。なんだかもう、自分で書いていて意味不明ですが、とにかくスマートで安定した走りで、前回のエンターテイナーな走りはどこへやら、今回はしっかり二枚目の走りでした。前回がアレだったから余計にそう感じたのかもしれないけれど、彼の走りを見ていてこんなに優雅でなめらかな走りだと思ったのは初めてです、それくらい美しいマシンの動きでした。マシンのセットアップもばっちりだったんでしょうね。あんなに美しいマシンの動きで、あんなに速いのだから・・・lovely
言うことなしです。

前回は仲良く苦い思いをしたフェラーリコンビでしたが、今回は明暗を分けた形になりました。マッサはなんというか、腕がどうのというより、浮き足立っているようなレースでしたよね。単独スピンはもちろんのこと、スタートのライコネンへの幅寄せにもちょっと驚きました。とりあえず落ち着いてください。なんかでももうそろそろ次あたりきそうではあるけど。

表彰台は2位がBMWザウバーのクビカ、3位がマクラーレンのコヴァライネンということで、2戦終わって表彰台のメンバーが全く被っていないという、結構珍しい事態になっていますけれど。ということは当然第1戦では不本意な結果に終わったメンツが表彰台に上がっているわけで、なんだかえらく機嫌のよさげな記者会見でした。コヴァライネンは2戦目にして予選、決勝ともにハミルトンを上回りましたね。決勝はハミルトンも不運だった部分がありますけれど、予選はハミルトンより積んでいたのに上回っていました。オーストラリアの結果にしたって、数字的には下ですが、よくよく考えるとどちらが実力的に下だったか微妙なんですよね(予選、決勝とも)。ちょっとこれはハミルトンもうかうかしていられないかもしれないですね(ハミルトンがマレーシアと相性がよくないだけかもしれませんが)。

そして今回はトゥルーリが大活躍で。申し訳ないけれど、過去のこの人の傾向から、予選結果のあまりの良さに、これは絶対リタイアすると信じて疑わなかったのですが(この人のせいでないことが大半ですが)、リタイアどころかしっかりきっちり4位入賞、途中まではマクラーレンにもひけをとらないスピードで、トゥルーリも良いドライバーだから彼の腕ももちろんありますけれど、トヨタも期待が持てるものに仕上げてきたなあと思いました(グロックも予選ベスト10に入ってきたわけだし)。それにしてもトゥルーリの一発の速さはすごいなあ・・・。一度この人とウェバーを同じチームにして予選対決を見てみたいですよ。終盤、スピードで圧倒的に優位なハミルトンを抑えきったのも立派でした。

クルサードもスピードで勝るアロンソとハイドフェルトをがんばって抑えていましたね、最初の頃。両脇から二人に同時に抜かれかけたときにはちょっと切なくなりましたが、そこで抜かれたのをハイドフェルト一人に押さえたのはさすがだと思いました。このレース最初で最後の見せ場でしたが、かっこよかったです。

ベテラン勢が上手さを見せている中でバリチェロですよ。いや、上手さとは関係ないんですけど、ピットレーンでの速度違反、オーストラリアGPで唯一やり残したピット絡みのドジ、じゃないアクシデントを今回しっかりやって完全網羅ということで。でもまあ、ホンダも去年ほどはひどくなさそうで、良かったですね。やっぱりあのカラーリングの面積を減らしたおかげだと思う、誰がなんと言おうと。ただ、カメラが引きになるとBMWと全然区別つかないのがアレですが。

トロロッソはベッテルくんが500m以上走れたと思ったら今度はボーデが500m以上か未満か知りませんがあっさりと。そしてベッテルくんはせっかく500m以上走れたのにマシントラブルが。兄チーム同様、ここも信頼性が大きく問題なチームですね。

ウィリアムズはロズベルクの“グリッドの中段に沈むと誰かと接触するの法則”が発動するわアグレッシブな走りで国際映像のカメラにしばしば抜かれていた中嶋がいつの間にかビリになっているわさんざんでしたね。カットばしばしの地上波では本当いきなりお尻にいてびっくりしましたよ、何の説明もなかったし。

それにしてもライコネンが優勝して本当に良かった、嬉しいです。この人だから(いろいろな意味で)この調子が長く続くと思わないほうが精神衛生上良いということはわかっていますが、少なくとも次のバーレーンまで幸せな気分に浸ることにしますcatface

|

« クルサードは何のためにF1に参戦しているのか | トップページ | 昨日のとくばん »

コメント

おひさしぶりですw
ライコネン優勝できましたね。
初戦は悲しい結末でしたが、今回は勝利の女神が微笑んでくれたようw
マッサについては全くもって同感です、落ち着いていればって感じでしたね。ライコネンも勝利者インタビューでなんか、本人のミス。。。って多少責めてないけど責めてるっぽいコメント残してましたしね。。
あと、クル(だったかw)&アロ&ハイドの三者バトルは見ものでしたねーww
今回は、楽しいレースでした。

トヨタも幸先よさそうだし、アロンソもスペインでどうやらアロンソスペック(?)を出すようですし、
ますます楽しみです。

ある意味、ほとんど差はないですね。ワンミスが命取りですw

投稿: R | 2008.03.25 01:29

Rさん、こんばんは。
ライコネンはマッサのことに関してそういうこと言っていたんですか。まわりのスタッフもみんな同じように思っている感じですよね。マッサ自身はなんだかいろいろ言っていますが・・・。実際のところはわからないけど、今マッサにとってあまり嬉しくない噂が流れているから、それが精神的に影響しているのかな、と思ってしまいます。

ルノーはアロンソスペックを出すんですか・・・。ちょっとこわいですね・・・。でも、アロンソが今のポジションにいるのもつまらないですから、少々こわいくらいが良いですね(F1全体にとっては)。

ライコネンもハードな戦いになると言っているし、今回はワンサイドゲームになったけど、それほどマシンがほかよりも圧倒的に優れているようにも見えないし、これからどうなるかわからないですね。ライコネンは思い切ったミスを結構やる人だし・・・coldsweats01
致命的なミスだけはやめてほしいですね(笑)

投稿: 雪の子キノコ | 2008.03.26 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/40629303

この記事へのトラックバック一覧です: 2008F1マレーシアGP:

« クルサードは何のためにF1に参戦しているのか | トップページ | 昨日のとくばん »