« スーパーアグリ、マグマ・グループと提携 他 | トップページ | 2008F1オーストラリアGP予選 »

2008.03.12

関ジャニ∞「ワッハッハー」

他人様の歌のタイトルながら「どうなんですか、これは」と思わずにはいられない関ジャニ∞の新曲のCDが届きました(例によって曲数の多い通常版のみ)。通常版は曲数が多いところがポイントだから、いつもはテレビの歌番組で披露された場合以外はCDを聴くまで極力収録曲を聞かないようにしているのに、今回は3曲ともすでに某所で聞いてしまったのでCDが来たときのお楽しみがほとんどありませんでしたdespair

いや、そんな個人的な事情はどうでもよくてですね、CDの感想ですが、あれですね、今回のCD、曲が良いかどうか好みかどうかトータルの出来が良いかどうかという問題は別にして、収録曲がバラエティに富んでいて(まあ富んでいるといえるほどの曲数入っていませんが)彼らの音楽の幅の広さがよく表れているという点では、まあ良かったと思います(まあ、「大脱走」の「二人の涙雨」から「強情にGO」への流れのギャップほどのインパクトというかメリハリはありませんが)。ロック系の曲が入ったら一応網羅だったのに。

「ワッハッハー」はまあタイトルからしてお笑い系の歌で、歌詞もなんか「ケタケタ」とか「ワッハッハ」とか入っていて気を抜くとため息が出そうですが、曲そのものは普通というかキャッチーというにはちょっとインパクトが弱くて(でもこの私が1回聴いただけでさびを鼻歌で歌えたのでそれなりにつかみやすい旋律であることは確か)、まあ中途半端ですね。「ワッハッハ、ワッハッハ」と歌う部分は、歌詞はアレなんだけど、みんなの歌い方が好きなのでトータルで結構気に入っていたりします。今回のCDのすばるくんソロの中では、この歌での歌い方が一番好きです。声もきれいだし、しっかりした歌い方が聴いていて気持ちがいい。あと、横山くんの4文字言葉ですね、ダミ声がかわいい。PVを見ているとルックスとのギャップがすごいですね。声だけ聴いていると「拝啓~」に出た直後の金髪坊主のヨコのイメージだから、私の中では。

昭和サウンドがまぶしい「誰よりキミが好きだから」(カタカナで「キミ」と書かれるとつい固有名詞でとらえてしまうライコネンファンです。世の中「キミ」表記の恋愛ソングが多いからそのたびにドキドキして大変ですよ)が一番今回のCDでは好きです。自分も昭和の人間だから前奏の音色からビビビっとくる。このテの曲はすばるくんが一番個性というか力を発揮できて今回のも良いんだけど、良いか悪いかとか誰の問題かとかは別にして、ほかのメンバーとのテンションの違いが際立ってしまっている感じがしました。今回良かったのが、短いフレーズなんだけど、横山くんの歌声ですね。普通にかっこいい声。この歌を歌っている横山くんのイメージはもちろん今のイケメン横山くんです。でも基本みんな良かった、村上くんは一人世代が違うような声でしたが良かった。すばるくん、大倉くんだけでなく、関ジャニはみんなこの系統の歌が合っているというか、合う歌い方が出来るなあと思います。

で、メンバーの中で好評だったらしい爽やか切ない系の「BJ」ですが、作詞・作曲を同じ人が担当している「旅人」や「Eden」ほど、ドンぴしゃりではなかったです、個人的には。まあ、特に「旅人」はもう私にとっては神曲ですから。あれは最高。歌詞も曲も最高。それはそれとして「BJ」ですが、これ、メンバー同士のハモリが良いですね。誰がサブパートを担当しているのか気になります。横山くんとハモっているのがヤス、大さびのすばるくんとハモっているのが亮ちゃんではないかと思うのだけど、亮ちゃんとハモっている人、村上くんパートで最初に下でハモる人と途中に上から入ってくる人が分からない。レコメンか何かで教えてくれないかな。

|

« スーパーアグリ、マグマ・グループと提携 他 | トップページ | 2008F1オーストラリアGP予選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/40470355

この記事へのトラックバック一覧です: 関ジャニ∞「ワッハッハー」:

« スーパーアグリ、マグマ・グループと提携 他 | トップページ | 2008F1オーストラリアGP予選 »