« 2008F1オーストラリアGP予選 | トップページ | 3/14Mステ&3/15家族で選ぶにっぽんの歌 »

2008.03.16

2008F1オーストラリアGP決勝

2008年開幕戦は、ポールからスタートしたハミルトンが、後方で行われているてんやわんやを尻目に、危なげない優勝を飾りました。この人のポール・トゥ・ウィンの典型パターンですね、必ずと言っていいほど後ろで大騒ぎが起こっているような。そして、ロズベルクの初表彰台と中嶋一貴選手の初ポイント獲得おめでとうございます。アロンソも貫禄の走りでしたね、素人目にもドライビングの上手さを感じました。ブルデーは残念だったなあ、エンジンにトラブルが起きなければ、残り周回数を考えると4位もありえたのに。ハイドフェルトは、地味に、でも確実に良い順位に上がってきますよね、彼がつまらないミスで順位を落とすところというのをあまり見たことがないような気がします。

それにしても波乱のレースでしたね~。まあ、大怪我する人が出なくて良かった。グロックがなかなかコックピットから出てこないからちょっと心配しましたよ。クルサードはね・・・やっぱり便りがないのが良い知らせでしたね。地上波では映ったと思ったらバラバラになりながらコース外へすっ飛んでいきましたから。逆にベッテルくんのリタイアについては地上波は完全にスルーでした。せめて一言触れて欲しかったなあ、中嶋くんに関するコメントの100分の1でいいから。今回バリチェロはエンターテイナーでした。ピット絡みで起こりうるあらゆるドジ、いえアクシデントを我々に示してくれたと思います、あとピットレーンでのスピード違反をとられれば完璧でした。

さて、最後に、あまり触れたくない話題に。まあ、バリチェロもエンターテイナーでしたけど、カーナンバー1と2をつけていた人たちもかなりのエンターテイナーじゃなかったですか。なんだったんでしょうか、あれは。ちょっと軽く悪夢を見ているようで、もしかしてフルヘルメットなのをいいことに中に違う人が入っていたんじゃないかと思いたい、そんな心境であります。そうだよ、あれ、マッサとライコネンじゃない人だよ。絶対そうだよ(涙)。絶対そうだって!

というくらい、ひどかった。特にライコネン。あのちょっと、今日のレースのVTRを見て大いに反省していただきたいところであります。はっきり言って誰よりも新人のレーサーに見えましたよ。同じコーナーで同じようなシチュエーション(つまり前の車を抜こうとしている状況)でミスを繰り返したときには、ちょっと軽く泣きたい気分になりました、まあ、本人は激しく泣きたかったと思いますが。何が原因でリタイア(完走扱いの8位。去年のモナコを思い出しますね)したかはわかりませんが、あれだけマシンも痛めつけられたらおかしくなっても仕方がないような気がする、ストップしたマシンを見てマシンにお疲れ様でしたと思いました。TCSの禁止は無問題って言っていたのになあ・・・。今回のレースの波乱はライコネンにとって有利に作用していただけに、そのチャンスを活かせなかったばかりか、むしろ自らの手で握りつぶしてしまったのが、ファンとして見ていて悲しかったです。

まあ、アルバートパークで何かしらやらかすのがライコネンだし(ちょっと今回はとっちらかり過ぎだけど)、定期的にとっちらかるのがマッサです。それにまだまだ開幕戦、いくらでも挽回できますからね。むしろ、今回のとっちらかりは限界点を探る意味でよかったのかもしれない。二人とも良いレーサーなんだから、きっと今日のアレを活かしてくれると思います。とにかく、「自滅」の一言(マシントラブルも含めて)に尽きるオーストラリアGPのフェラーリでした。

|

« 2008F1オーストラリアGP予選 | トップページ | 3/14Mステ&3/15家族で選ぶにっぽんの歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/40527568

この記事へのトラックバック一覧です: 2008F1オーストラリアGP決勝:

« 2008F1オーストラリアGP予選 | トップページ | 3/14Mステ&3/15家族で選ぶにっぽんの歌 »