« 「フィガロの結婚」~新国立劇場 | トップページ | F1雑誌(ちょっとだけ今日のMステネタ) »

2007.10.25

2007F1ブラジルGP

ライコネンファンにとっては最高の結果で幕を閉じたブラジルGPですが、感想はあとで書くとか書きましたけど、なんかもうよく覚えていません(HDDには録画してあるんだけど、今ジャニーズ関係でHDDフル稼働なので、あまり負担をかけたくないので見ません)。しかも、いわゆる4強の行方にしか目が行っていなかったので、他の皆さんがどこで何をやっていたかについては、F1マシンを運転して、ある者はバトルを、ある者はリタイアを、ある者はただまったり走行をしていたらしいことくらいしか印象になくて、それぞれの「ある者」に該当する人物が誰かすら分かっていない状況です。なので、そんな中でも印象に残ったことのみさくさくと書きます。

まず、あれですね、バリチェロ。やっぱりブラジルでは速いけど、運がない。バトンがリタイアしたけど、バリチェロは平気なのではないかとなんとなく根拠なく思っていたんですが、本当に根拠がなかったようで。あれは第六感ではなく、単なる私の希望だったんだとしみじみ思いながら、白煙を見ていました。国際映像のカメラも動揺しまくっていましたね(それは違う、とお約束のセルフツッコミをしておきます)。

それからウィリアムズの中嶋一貴選手、ファステスト5番手というのはすごいではないですか。もっとレースに慣れたら面白い存在になるかもしれないですね。彼のピットストップでの事故にはびっくりしました。軽く2人吹っ飛んでいましたから(しかも後輪の方でも一人ひっくり返っていたし)。その吹っ飛んだうちの一人が、すぐに立ち上がり、他のクルーを押しのけるように持ち場に戻っていく姿に、プロ意識を感じました。尾てい骨を痛そうにおさえながら他のクルーに抱えられて中に入って行く映像や、担架で運ばれていく映像が映っていたので、ドキドキしましたが、二人とも骨折などの大怪我には至らなかったそうで本当によかったです。

レースに関してはそれくらい。表彰台ではライコネンがのっけから一人で祝杯あげていたりして、初戴冠にしてはクールだけどやっぱり嬉しいんだなと思ってほほえましかったです。シャンパンファイトが終わっていざ帰る段になったらトロフィーは置きっぱなしなのに酒瓶はしっかり握っているし、表彰台での記念写真でもアロンソの肩に回した腕の先には酒瓶があるし。こうも酒瓶握りっぱなしだと、なんだかシャンパンファイトの最中にトッドに酒瓶を渡した光景が奇跡の瞬間のように思えます。フェラーリのクルーたちが大喜びでライコネンを称えていたのが印象的でした。なんか嬉しかったなあ、溶け込めているんだなあと思って。クリス・ダイアーさんとも良い関係みたいだし。ダイアーさんもそうだし、マクラーレン時代のスレードさんもそうだけど、ライコネンは、見るからに人柄の良さそうな良いエンジニアたちとコンビを組めていますね。

そして、マクラーレンの控訴している元ウィリアムズBMWチームの燃料温度違反の問題ですが。まあ、びっくりしましたよ。奇跡の逆転チャンピオン獲得に大満足して寝て、次の日ネットを見たら、なんかライコネンのチャンピオンが幻になるところだったけれど、ならずに済んだとあるではないですか(私の見た時間帯ではすでにこの問題絡みでペナルティは科されないことが決定していたのです)。私がネット落ちしている間になんて恐ろしいことが起きてそして解決していたのかとガクブルでした(レースの時間帯が時間帯だけにそういう方は多いと思いますが)。いや、解決していたのなら、ガクブルも何もないと思われるかもしれませんが、そういうのありますよね、平気だったんだけど、もしそうなっていたらと思うと冷や汗・・・っていうこと。

まあ、ライコネンという人は、(彼自身のせいかどうか関係なく)レース最後まで気が抜けないレーサーだということは分かっていましたが、まさかレースが終わっても気が抜けない人だとは思いませんでした。そういえば、2003年のブラジルGPでは1週間後に優勝を取り消されたんでしたね、2004年のスパでの優勝の時にはレース後ライコネン車に車両違反の疑いがかかったんでしたね(2004年のスパではなかったかも。とにかく久々の優勝とか大逆転とかそういうちょっと特別な優勝のときだったと思います)。すっかり忘れていましたよ。さすがです。

マクラーレンの控訴については正直思うところはあります。自分はライコネンファンですから。でも、マクラーレンの立場からすれば、やっぱり自分のところのドライバーにチャンスが残っているのならそのために尽力するものでしょうし、中国、ブラジルとチームの作戦のまずさがハミルトンの足をかなり引っ張っていましたから、その罪滅ぼし的な部分もあるのではないかな、と勝手に本音を推測しています。まあ、チャンピオンの結果が覆ることはないと思っているのでね・・・、これで実際に審判の判定が覆ったら怒りまくると思いますが。早くはっきりと決着が着いてライコネンのチャンピオンをおおっぴらに喜びたいです(もうおおっぴらに喜んでいるけど)。

|

« 「フィガロの結婚」~新国立劇場 | トップページ | F1雑誌(ちょっとだけ今日のMステネタ) »

コメント

こんにちは。
日曜の記事にコメントし損ねたなぁと思っていたら
このブラジルGP記事に救われました(笑)
ほんっと、良かったですよね。Kimi。
待ちに待ったWorld Champion!!
私も真夜中に喜びをかみしめましたよーー
最後までハラハラしながら・・・

同じく雑誌代がかさみそうです。ひとまずF1速報だけ
買いましたが。
また何かオススメあれば教えてくださいね~
ほんと、こちらのblog参考にしてますので、以前の
記事にコメント返して頂いたとおり出版社にそのことを
伝えても良いくらいですよ~

Fグラフィックスもmixi見てたら買いたくても買えない人が
たくさんいるようで、私はひと足お先に買えて良かった!
と思ってます(買えなかった人には悪いですが・・・)。

余談ですが10日ちょっと旅行しており、ブラジルGPの
日曜夜に帰国したのですが、行きに成田でF1 Racingを
買い、帰りにシャルルドゴールでフランス語版F1 Racing
をついつい買ってしまいました。4.95ユーロでしたので
日本より少し安いですね。
読み比べると面白そうですが、そんな私はフランス語は
サッパリできません・・・雰囲気だけでも楽しみます。

いつも長々とスミマセン。。

投稿: naho | 2007.10.26 23:11

nahoさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。こちらこそ、コメントをいただけたので、もう一度ブラジルGPについて書いておいて良かったと思いました(笑)。

本当待ちに待ったワールド・チャンピオンですよねー、何年待ったことか・・・。それだけに喜びも格別ですね!

私もF1速報買いました!あと、オートスポーツも(F1速報の方がまだ買いだった感じですが)。いい雑誌があるといいですね~。Fグラフィックレベルのものはそうそうなさそうですが。

Fグラフィックは、なんかもうサイトでは買えないみたいですよね。発行数が少なすぎるような気が・・・。ライコネンファンは結構日本では多いのに(多分)。チャンピオンになって注目度も上がっているでしょうし、買いたくても買えない人がとても多いのなら、増刷してほしいですね。

フランス語版F1racingはやはり微妙に載っている記事が違ったりするのでしょうか(フランス人向けに。たとえばモンタニーのインタビューが特別載っているとか)、それとも掲載広告と言語の違いだけなのでしょうか。やはり同じヨーロッパで近いから若干安いんでしょうね・・・、でも、やっぱり結構値段高いですね(笑)私も知らない言語の雑誌を買ったことがありますが、雰囲気だけでも結構楽しいですよね。

コメント読んでいて楽しいので、お気遣いなく。たくさん書いていただけると、とても嬉しいです。

投稿: 雪の子キノコ | 2007.10.27 13:59

こんばんわ!
F1 Racingフランス語版について。

ページ数は全く同じでしたので、中身も同じだろうと
思っていたのですが、ご質問いただいたので見てみたら。
少し違いました。

アラン・プロスト特集、みたいなのがありました。
それとトルコ以降のGPの振り返り(?)が日本版より
長いです。
ウェバー、ハイドフェルド、クリエンの特集がフランス版
にはありません!
それと記事の順番がちょっと違いますね。

ざっと見た感じこんなところでしょうか。
次号の発売日が10月31日みたいです、向こうは。

モンタニー特集はなかったですけど、プロスト特集ってことは
やっぱりフランス人向けなのか?と思いますね。

ところで私はオートスポーツ、チラッと立ち読みして
写真などを堪能した(?)のでF1速報だけにしました・・・
Fグラフィック増刷したら良いのに、と思いますよね。
ほんと、ファン多いと思いますよ。
F1 Racing6月号を後から手に入れるのに相当苦労
しましたから・・・

投稿: naho | 2007.10.28 22:28

nahoさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

そして、質問に答えてくださってありがとうございます。なんだか余計なお手数をおかけしてしまったようで、申し訳ないです。

結構中身違うものなんですね。やっぱりフランス人向けという感じですね。それにしても、フランスのウェバー、ハイドフェルト、クリエンのファン、かわいそうですね(笑)。そういえば、昔、f1racingの日本版が復活したとき、発売前にネットで英語版の表紙を見たら、表紙にライコネン記事のことが書いてあったので楽しみにしていたら、日本版には載っていなかったということがありました。

オートスポーツは買うほどではないですね、本当。買うときかなり迷いました。Fグラフィックは増刷しても利益取れそうなのに・・・、まあ、わかりませんけれど。

投稿: 雪の子キノコ | 2007.10.28 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/16866189

この記事へのトラックバック一覧です: 2007F1ブラジルGP:

« 「フィガロの結婚」~新国立劇場 | トップページ | F1雑誌(ちょっとだけ今日のMステネタ) »