« 安田章大くんにおめでとう | トップページ | F1ネタと関ジャニネタ »

2007.09.13

批判をするということ

安倍総理のあまりにも急な辞任でワイドショーもそれ一色になっていますが、いたし方のないこととはいえ、あまりのバッシングぶりに、イエス・キリストの「罪を犯したことのない人間が最初にこの女を石で打て」と言った話を、この場合に持ち出すのが適切かどうかを考えてみる前に、ほとんど直感的に思い浮かべてしまったほどです。

自分は安倍首相を一貫して支持していましたが(まあ、支持するとかいえるほどに政治に詳しくないのが実情ですが)、正直な話、首相になってからの安倍さんには失望することが多々ありました(今回の進退の決し方についても、非常にがっかりしています)。でも、思えば、首相になる前に「この人が首相になったらどんなに辣腕を振るってくれることだろう」と期待した人が首相になったとたん、「あらまあ」になってしまうことは今回に限ったことではありません。それだけ首相というポジションは責任も影響力も大きく、思い切ったことをすることを躊躇させてしまうものなのだろうと思います。そして、首相となった人がすさまじい加速度をもって老けていく様、首相経験者に割と若くして亡くなる人が多い事実を見ると、それだけストレスのたまる精神的にきつい仕事なのだろうとつくづく感じます。

そんな重責を担った職務についた人間に対しマスコミは、常に批判的なスタンスをとっています。それはある意味当然のことでして、批判的なスタンスそのものに異議はありませんし、むしろ大切なことだと思っています。でも、えてしてマスコミの批判は(一部の政治家の批判も当てはまりますが)、内容が、首相の政策に対しての本質的なものではなく、重箱の隅をつつくような揚げ足取りでしかないようなものであったり、首相という地位と本質的になんら関係のないことであったり、またその批判の仕方が、揶揄するような小ばかにするような言い方であったり、私怨でもあるかのような悪意に満ちていたり、どちらでも解釈できるものをあえて悪い方に解釈するようなものであったり。いじめや嫌がらせでしかないことを、正義のヒーローをきどりながらやっているのを見させられているみたいで、不愉快になることが度々ありました(安倍政権に限らない)。

首相に限らず何かに従事している以上は、そしてそれに対して対価をもらっている以上は、批判されるべきことをしたら批判されるべきだと思っています。でも、批判って、そもそもが対象者にとっては否定的な内容のものですよね。そうしたら、批判というものは、公の場でそれをする場合は、冷静に、客観的に、最小限度でなされるのが本当ではないでしょうか。批判の仕方にしたって、最低限の礼儀をわきまえ、表現内容にも気を配るべきです。そして、特にマスコミの場合、ある程度の立場の中立性というのも必要ではないですか(実際にはむしろ思想的な背景がびんびん伝わってきますが)。また、そういうことに留意した上で批判をすることが、批判そのものについて説得力を持たせることにもなると私は思います。

今回の私の文章はマスコミ(&一部政治家)に対して思うことを書いたものですが、マスコミ関係者(&政治家)がここを見るとも思えないので、あまり意味はないんですが、自分自身も批判することの大変多い人間ですので、少なくともブログに批判を書く場合の自戒の意味も含めて書きました。

|

« 安田章大くんにおめでとう | トップページ | F1ネタと関ジャニネタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/16439922

この記事へのトラックバック一覧です: 批判をするということ:

« 安田章大くんにおめでとう | トップページ | F1ネタと関ジャニネタ »