« トヨタイベント/すばるくんにおめでとう | トップページ | もういろいろなネタ »

2007.09.24

メガウェブのトヨタイベント

やっぱり今日はモータースポーツのイベントには行きませんでした。ホンダのアースカラーを生で見られなかったのがちょっと心残り。

まあ、それはそれとして、昨日行ったメガウェブでのトヨタの日本GP直前イベントと今日放送されたF1特番の収録の裏話的なことを書きたいと思います。

昨日のブログでも書きましたが、現地に着いたのが遅かったため、デモ走行の観覧パスをもらうためにえらく並ぶ羽目になり、やっと手に入れたときには12時半を過ぎ、それから水やらデジカメの電池やらを買いに行ってトークショー会場に戻ったときには見やすい立ち見の場所もすべて埋まっていて、どの場所に行っても人の頭越しでないと見られない状態だったので、吹き抜け状態になっている2階から見下ろそうか、目線は低いがステージには近い1階の特設会場通路脇にしようか迷いましたが、結局トイレに近い1階会場通路脇に陣取りました。

これが正解で、トゥルーリも関係者も、みんなそこを通るので、本当に手を伸ばせば触れるくらいの近さでトゥルーリを見ることができました(横顔だけですが)。生トゥルーリ、かっこよかったですよ、顔が小さくてテレビで見るよりずっと若々しくて素敵でした。

トークショーは、フジテレビの伊藤アナが司会進行で、森脇さんが解説、トヨタの木下さん、新居さんからまず話を聞く形で始まりました。自分はかなり上の空気味に話を聞いていたのですが、なんか富士スピードウェイでは1ストップ作戦をとるチームが多いのではないか、的なことを言っていましたね、そういえば(ピットでのロスタイムが長いという理由だったと思うのだけど、違ったらごめんなさい)。どこに他チームの関係者が紛れているかわからないのであまり言えないとかなんとか言っていましたが。

Dscf0059_2
そしてトゥルーリの登場です。これは、富士スピードウェイの図面を見ながら説明しているところです(写真はクリックすると大きくなります)。この直前、トゥルーリは2年かそれくらい前にイベントで富士スピードウェイを走ったことがあるので一応サーキットは知っているみたいな話になったときに、どなたかが「その頃はまだ改修前だったのでは」と言い出して、ちょっとごちゃごちゃ事実確認していました。結局イベントは改修直後だったということで、トゥルーリは新しいサーキットを見ているということで落ち着きましたが、ちょっとこのあたりも、上手く写真を撮ることに気をとられていた(というかデジカメの容量が足りなくなって、いらない写真を消したりしていた)ので、よくわかりません。良くないなあ、せっかくトークショー行っても写真を撮ることに気をとられちゃってあまり聞いていないんですよね。そのくせ、全て写真はピンボケですから(泣)。

Dscf0062
これは会場の人にプレゼントを上げるときかな、違うかもしれませんが。会場の人の中から2名にトゥルーリのサイン入りTシャツがプレゼントされました。トゥルーリがカメラでモニターに映し出した人が当選者ということで男女2名が選ばれ、その場でトゥルーリがサインして手渡していました。

そのあと、会場全員の写真を2階から写し、伊藤アナや森脇さん、トヨタの人たちが通路を通って出て行った後(間近で見ました。伊藤アナも結構小柄でした。自分が背が高いからそう感じたのかもしれませんが)、トゥルーリがトヨタのマシンの前に座ってプレス用に写真撮影、その後やはり同じ通路を通って行きました。一瞬だったけど、またもや近くで見られて嬉しかったです。

Dscf0067
トヨタのマシンと富士スピードウェイでペースカーを務める(多分。ペースカーであることは確かです)レクサスなんですが、トヨタのマシンは、これは今年のマシンなのかな?フロントウィングが違うような気がするのですが。とりあえず、普段ネットの画像ではわかりにくいモノコックの細かな形状を見てきました、もうすっかり忘れましたが。レクサスの色がかっこいいですね。

Dscf0065
で、デモ走行です。これは今日放送のF1特番の収録も兼ねていて、しょっぱなからトヨタのレーシングスーツに身を包んだ高島アナと松尾アナが出てきました。私の位置からは小さくてほとんど見えませんでしたが。何しろこの距離→

デモ走行は、まずレクサスから。運転は、何のカテゴリーかは忘れましたがトヨタのドライバーの片岡龍也選手(多分)。すごいスピードで迫力ありました。フォーミュラーカーより大きいから迫力満点。

次にF1マシンの登場です。ウォームアップを含めて3周くらい走ってくれたような。エンジンをふかす音が聞こえてわくわくしていたら、同じくわくわくして興奮してしまったか盛り上げのためか女子アナが「ドキドキしますね~、わあー」と、エンジン音をかき消すような大きな声で(マイクをあてたままだった上に、アナウンサーだから声がきれいでよく通るのです)言うので、「ひー、私はこれを聞きに来たのに・・・(涙)」と思っていたら、伊藤アナが小声で「皆さん、これを聞きたいのだからね」と注意する声が聞こえてきてホッとしました。

で、エンジンの音なのですが、なんか思った以上に低かった。2003年に聴いたときには確かすごく高音でキュルキュルいっていたと思うのだけど、なんかソプラノからいきなりアルトになった感じ。これがV10エンジンとV8エンジンの音の違いなのかな。こんなに違うものなのかな。なんであれ、迫力はすごかったです。目の前を通り過ぎていくときの音がまたすごいですね。本当に空気を切り裂いているような鋭い音でした。振動もすごかった、体にビリビリきました。ブレーキの音は、パンパンと銃声みたいな音がしたのがそれではないかと思うのですが、あれは、フルブレーキングではなかったということなのかな、軽い音だったし、短かったし。ウォームアップで1周走ったあと、本当のF1っぽく、ちゃんとシグナルが順に赤く点灯してスタートとなり、最後は、これはレクサスのときもそうでしたが、チェッカーフラッグが振られていました。

その後えんえん収録をやっていたのを全部見物しました。お台場のシーンではないVTRに切り替わるときに、その都度、伊藤アナが注釈を入れていました。「では、ここで、富士スピードウェイにいる塩原アナを呼んでみたいと思います、塩原さん!・・・・・・・ええーまたしてもテレビ的なコメントですみません。まあ、本当に塩原は富士スピードウェイに今いってるんですが」みたいな感じで。途中、「イベント的にはどうしたらいいの?イベント的にはどうしたらいいの? 『ありがとうございました』でいいの?」と打ち合わせている伊藤アナの声やタメ口になっている(つまりオフマイクの話をしている)高島アナの声が、マイクに入ってしまうという小さなハプニングもありました。

伊藤アナの司会進行良かったです、面白かったし、フォローも上手いし。番組冒頭で片山右京と森脇さんを伊藤アナが紹介していますが、実はあれは女子アナが紹介することになっていたみたいなのですが、現場でも、番組見ても、スムーズで、本人(伊藤アナ)が言わなければまったく気付かなかったと思います。そういえば、番組内でやっていたピット戦略を説明するために二人の女子アナをF1マシンに見立てる女子アナグランプリ(だったかな)、あれは16時間かけて企画したものだということを伊藤アナがばらしていました。フジテレビさん・・・(無言)。

16時くらいに終わってメガウェブのトヨタシティショーケースに戻ったら、亀田大毅の公開スパーリングをやるというので、これも見ていこうと思ったのですが、開始するという16時半になっても始まらなかったので帰りました。

16時半までの間、ユーロスポーツに行って、何か記念に買おうかと思ったのですが、所持金が少なすぎて、気に入ったフェラーリのTシャツが買えず、ふらふら他のチームのものを見ていたら(案外ルノーのカラーリングの帽子が可愛かった)、半額コーナーにレッドブル時代のクリエンの帽子が!しかも2個も(涙)。これだったら普段使いも出来そうだと思って買いましたが、家に帰って被ってみたらやっぱり派手でした。まあ、いいです。クルサードの帽子も気になったんだけど、なんか王家の紋章みたいなものがどーんと真正面についていて、ちょっとそれが派手に見えたのでやめましたが、クリエンのとどっこいどっこいだったかも。

以上、大変あやふやなイベントレポでした。本当にお粗末。

|

« トヨタイベント/すばるくんにおめでとう | トップページ | もういろいろなネタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/16564491

この記事へのトラックバック一覧です: メガウェブのトヨタイベント:

« トヨタイベント/すばるくんにおめでとう | トップページ | もういろいろなネタ »