« 「早大エジプト発掘40年展」に行ってきました | トップページ | 「Bidan 10月号」 »

2007.09.02

F1速報トルコGP号

は、トルコGPの詳細に加えて、マクラーレンの内部確執、F1現役最年長ドライバー・ディビッド・クルサード氏のインタビュー、今からでも間に合う日本GP観戦、など見所が多いですが、個人的には、最大の見所は、F1ドライバーのカート時代のことを特集した記事です。ライコネン、アロンソ、トゥルーリ、フィジケラ、デビッドソン、パンターノ、バトン、あと日本人のF1候補生たちのことが軽く取り上げられているのですが、掲載されている17,18歳の頃の彼らの写真がまあ、若い。ハイティーンの頃の写真だから若くて当然なんですけれども、中には若いを通り越して幼い人もちらほら(パンターノなんかは年相応もしくは若干大人びて見えますが)。

17歳のアロンソの写真もかなりあどけない感じなのですが、18歳のライコネンが!!幼すぎです、あどけなさすぎです、到底18には見えません!いや、これ、自分、近くにこんな子いたら、普通に赤ちゃん言葉で話しかけちゃいそうです。・・・ちょっと言い過ぎました。まあ、掲載されている写真は顔立ちもさることながら表情が子どもっぽいのでね、それがもともとの童顔に拍車をかけた格好になっているわけで。他のカート時代の写真を見ると、表情によっては今より大人びて見えることもあるので、あくまでこの写真限定の話なのですが。いやあ、可愛い写真でした。

最大の見所とか言って、ライコネンの写真の話しかしていなかったりするわけですが、まあ、記事内容はたくさんの人の当時の様子(日本人の子たちは「今の様子」)を軽くなぞっているだけなので取り立てて言うことはないのです。でも、そうですね、当時将来を嘱望されていたパンターノとその時点では影が薄かった(置かれている状況が状況だったせいもありますが)アロンソ&ライコネン、当時と今とで両者の立場が大きく逆転していることに、人生はどう変化するかわからないものだいうことを改めて感じました。

モンツァテストの結果は気にしない、気にしない、一休み、一休み。

|

« 「早大エジプト発掘40年展」に行ってきました | トップページ | 「Bidan 10月号」 »

コメント

一休さーーーん
お久しぶりです!F速!買いですか・・・・売ってるかな・・・。
ここ最近のアロンソが妙に気になります。
やはり、王者には王者らしく勝ち続けてほしいですから・・。ま、それを倒すのがライコネンてとこでしょうか??

もう、グランプリも終盤ですね。どんなドラマが待ているか楽しみです!
それから、中嶋君の件も気になりますね。むむむ

投稿: R | 2007.09.03 16:42

Rさん、こんばんは。

>一休さーーーん
ありがとうございます(笑)こういう反応がいただけたらと思っておりました。

F速は「買い」とまでいくかは・・・。
ここのところのアロンソはレースの内外でちょっと落ち着きがないですね。そういうところが、史上最年少王者らしい若々しさであり、人間的な魅力なのかもしれませんが。
ライコネンが勝つのなら特にそれ以上の注文はないですが、やっぱりアロンソを倒して勝つのが一番見ごたえがありますね。

中嶋くん、どうなるんでしょうね。ことによっては、グリッドに日本人ドライバーが同時に3人並ぶ可能性もあるんですね。

投稿: 雪の子キノコ | 2007.09.05 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/16326413

この記事へのトラックバック一覧です: F1速報トルコGP号:

« 「早大エジプト発掘40年展」に行ってきました | トップページ | 「Bidan 10月号」 »