« F1速報トルコGP号 | トップページ | 「TVぴあ」 »

2007.09.03

「Bidan 10月号」

関ジャニ∞の村上信五くん(すごいよ、こんな珍しい「信五」だって一発変換ですよ、頭いい子だね、とマイパソコンに向けて打っていたら、「村上」が頭につかないと一発で「信五」と変換してくれないことに気付きました。でも、もう大丈夫、このカッコ内の文を入力したことで「村上」がなくても「信五」と一発で変換するようになりましたよ、何が大丈夫なんだかわかりませんが)が表紙&巻頭インタビューの「Bidan10月号」を、エイトメンバーがピンで雑誌に載っている場合はキリがないので買わないと宣言している妹がこの号だけはネットで注文したので、読むことが出来ました。今まで他のメンバーがピンで載っている号は、やっぱり売り場が男性誌のところなのでちょっと立ち読みできなかったので、今回は読むことが出来て嬉しいです。ついでに言うと、一番好きなすばるくんの号だけは買っていたりする、まあ、これは妹には内緒なのでここだけの話ですが。自意識過剰だと思うけど、すごく勇気が要りましたよ、それはもう。

個人的にはすばるくんの号の写真はあまり良い写りには見えなかったんですけれど(丸山くん号は表紙だけ見たけど良い写りだったと思う、マルって写真に写るのが上手だと思います、写真写りにあまりはずれがない)、村上くんの写真はどれも大満足でした、すごくかっこよく決まっていて良かったです(喜)。謙虚さが伝わるインタビューも良かったです。それにしても、男性誌はまさに女性誌の男性版という感じで、基本男性も女性も頭の中同じなんですね、まあ、不思議ではないけど。

すばるくんの写真といえば、先月上旬に発売された「TOKYO一週間」だったかな、あれの関ジャニ特集のモノクロページのソロ写真がすごく好きで。この人の目は時々すごくきつく見えるときがあるけれど、あの写真の目はきつさがなくて、全てを見透かすようなまっすぐな深いまなざしにふっと吸い込まれそうになります(ファン目線)。あの写真はすごく好き、くどいけど。あの写真のために2冊買おうかかなり悩みました、実を言うと。

そういえば、昨日で、関ジャニ怒涛のコンサートスケジュールも一段落ですね。誰も体調崩すことなく終わることが出来たようで何よりです。そのうちの1回に行けたのは嬉しかったなあ、このツアー始まったときにはファンクラブに入っていない自分がまさか行くとは思わなかったですから。そしてすごく楽しかったです、一ヶ月経った今でも時々心の中で反芻しています。ガムをこの勢いで噛んでいたらとっくに味がなくなっているでしょうが、楽しい記憶というのはいつまで経っても味が消えないですね、若干味が別物になっているかもしれませんが。ガムは自分はどうも苦手です、嫌いではないんだけど、すぐに噛み続けるという状況に飽きてしまう、だからどうということはありませんが。

|

« F1速報トルコGP号 | トップページ | 「TVぴあ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/16336291

この記事へのトラックバック一覧です: 「Bidan 10月号」:

« F1速報トルコGP号 | トップページ | 「TVぴあ」 »