« F1ネタと関ジャニネタ | トップページ | 横山くん「有閑倶楽部」に出演/いまさらカナダGP »

2007.09.17

2007F1ベルギーGP

2年ぶりに開催されたベルギーGPを制したのは、フェラーリのキミ・ライコネンでした。スパ3連勝、今季4勝目、ポール・トゥ・ウィン、いろいろな意味でとっても嬉しい優勝でした。少なくともカットしまくりの地上波放送ではミスするシーンはなかったし、なんか久しぶりに完璧なライコネンが見られて嬉しい限りです、本当。

フリーが調子よくて予選もポールだと、その完璧な流れに、喜ぶ前に不安になるのがおそらく平均的なライコネンファンの性ではないかと思うのですが、私もごくごく平均的なライコネンファンとして、決勝までの、というか地上波放送までの時間を悶々と過ごしておりました。それだけに、この流れでの優勝は、悪いジンクスに対する反証になるという意味でもなんか嬉しいですよ。なんか迷信めいたことを書いていてアレですが、ライコネンはとにかく悪いジンクスがありすぎるから、本当。

そして2位にフェリペ・マッサが入り、トルコ以来(大して時間はたっていない)のフェラーリ1-2。今年は同チームの1-2が多いですね、フェラーリとマクラーレンだけだけど。

今回は中・下位集団でいろいろバトルが見られて。クビカのコバライネンに対するオーバーテイクと、佐藤琢磨のバトンに対するオーバーテイクが一番気分的に盛り上がりました。バトンはその後リタイアしていたからすでにトラブルが発生していたのかもしれませんが、あの瞬間はちょっと興奮しました。クビカは今回エンジン交換で後方になってしまったせいで、いろいろ魅せてくれましたね。あと、スーティルがなんか普通に中段に入って存在感を見せていたのにもびっくりしました。

今回はなんかリタイアする人たちが軒並みモデル体型で、マシンを降りた姿がやけにスタイル良くてかっこよかった・・・(クルサード、バトン、ヴルツ)。クルサードは、圧倒的に速さで勝るクビカ相手に、スパ優勝経験者の腕を感じさせる(?)走りを見せ付けていたのに、残念。まあ、どちらにしろ、ポイントには手が届かなかったと思われますが。トヨタは、予選ではトゥルーリが圧勝なんだけど、決勝だといつの間にかラルフの方が上位を走っているんですよね。どのチームに行こうが、何年いようが、この二人は自分たちの走りの持ち味をキープしていますね、本当。

次の日本GPはフェラーリには合っていないらしいので(ライコネン談)、あまり期待はしないことにしますが、今日みたいな良いレースを見せてほしいです。

|

« F1ネタと関ジャニネタ | トップページ | 横山くん「有閑倶楽部」に出演/いまさらカナダGP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/16471690

この記事へのトラックバック一覧です: 2007F1ベルギーGP:

« F1ネタと関ジャニネタ | トップページ | 横山くん「有閑倶楽部」に出演/いまさらカナダGP »