« 服部良一氏トリビュートアルバム | トップページ | ウィーン少年合唱団の公式サイト »

2007.08.27

2007F1トルコGP

3週間の夏休み明け第1戦トルコGPは、1位マッサで2位ライコネンの、フェラーリ1-2で幕を閉じました。マクラーレンを2台とも上回ったことは良かったですが、またもうちのファステストラップ・コレクターがフジテレビが言うところの4強でびりっけつになってしまい、ちょっぴり複雑な思いのファステストラップ・コレクターファンです、どうも、こんばんは(現在午前1時55分)。当の本人が「今回はたくさんポイントがかせげた(フジテレビ字幕による)」とそれなりに満足されているようなので、獲得ポイント数自体は前回と同じなんですけれども、まあ、そんなことはどうでもいいでしょう。これをもって、木曜記者会見でフェラーリチームのライコネン贔屓説をなぜか強く主張していたクルサード御大もこの説を撤回してくれるかもしれないと思えば、悪いことではないかもしれません、まあ、クルサードがどう思おうがチャンピオンシップに何の影響もないので撤回しようがしまいがどうでもいいのですが。でもまあ、クルサードもいろいろな鬱積した思いがあるんだろうなとは思うので、あの発言に対してどうこう言うつもりはありませんよ。

まあ、ライコネンに話を戻して、予選が全てでしたね、本当。最初のピットストップがマッサより早かった時点で優勝は普通にいったらまず無理だろうなと、玄人も素人も思ったのではないかと思いますが、普通にいったから優勝は無理でした。何しろ、完走21台ですから、リタイアはウェバーただ一人ですから。これで終盤のハミルトンのタイヤトラブルがなかったら、本当まったりしたレースになるところでした。

そんなわけで、取り立てて書くこともないですが、そうですね、ハイドフェルトは相変わらず上手いですね。それと、ルノーは確実にコヴァライネンがフィジケラを凌駕しつつありますね。シーズン最初の頃はアレでしたが、だんだんマシンに慣れてきて本領発揮というところでしょうか。それを思うと、アロンソやライコネンを相手に互角またはそれ以上の走りをいまだに見せるハミルトンやマッサはやはりかなりの実力者ということになりますね。ベテランが好きだからフィジケラにはもっと頑張ってほしいのだけど(バリチェロだってがんばっているのだし)。あと、山本左近選手は完走良かったですね。

次はいよいよイタリアですね。私の大好きなGPなのでとても楽しみです。今回で4強全員が3勝をあげたことになったわけですが、最初に4勝目をあげるのは誰かな。もう、予選のミスと2位と意地のファステストラップは充分堪能したから、次はポールポジションと優勝と余裕のファステストラップを見せてほしいな、ライコネンには。

|

« 服部良一氏トリビュートアルバム | トップページ | ウィーン少年合唱団の公式サイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/16250929

この記事へのトラックバック一覧です: 2007F1トルコGP:

« 服部良一氏トリビュートアルバム | トップページ | ウィーン少年合唱団の公式サイト »