« モディリアーニと妻ジャンヌの物語展 | トップページ | 菜種梅雨  »

2007.04.16

2007年F1バーレーンGP

第3戦バーレーンGPはフェラーリのフェリペ・マッサがポールから危なげなく勝利を飾り、前戦の雪辱を果たしました。そして、マクラーレンのルイス・ハミルトンが2位表彰台、史上初のデビュー戦からの3戦連続表彰台獲得を達成しました。この二人に関してはもう何も言うことはないですね、完璧です。マッサは最後セーブしていたかな。余裕がありましたね。ハミルトンは本当末恐ろしいです。表彰台での彼は人懐っこい感じで、それもまた良い感じ。元チームメイトよりマッサに馴染んでいる感じでしたね、まあ、多分、元チームメイトのほうに問題があるんだと思いますが。

その元チームメイト、ライコネンは辛くも3位表彰台獲得というところで。今回は正直よいところがなかったですね。2度の給油時間とタイミングを見ていると、それほど重タンというわけでもなかったようなのに、あの予選(ただ、給油時間とタイミングに関しては、チームの作戦が上手くなかったかなというようにも見えました、初心者は)。そして本人も素直に認めたスタートのミス。このスタートのミスが今回のライコネンの最もまずかった点と言っていいと思いますが、個人的には、それよりもハイドフェルトが華麗にオーバーテイクしたアロンソをコース上で抜けなかったことがショックだったりします。いつぞやのバーレーンでもハイドフェルトがさっさとオーバーテイクした相手を抜けなかったことがありましたね、そういえば・・・・。2年前だったかな、ウィリアムズのマシンとBMWのマシンが似ているのでどっちだったかはっきりしないですが、苦いことを思い出しました・・・(涙)。バーレーンでは速いはずだったのになあ・・・。「問題はわかっている」と先週と同じことを言っていましたが、その言葉を信じて巻き返しを期待します。

プレカンの映像とか見ていて思うのだけど、ここのところ、ライコネンがすごくピリピリしているように見えるのですが、気のせいでしょうか。以前は、どんな結果にしろ、プレカンのとき、もっと柔らかい表情だったし(まあ、無表情だけど)、時折ちらっとシニカルな笑みを口の端に幻のように一瞬だけ浮かべたりしていたのに。レース時以外でも、ピットにいるときの顔つきが、よく言えば精悍になった感じなんだけど、まあ、きついというか、余裕がないように見えます。まあ、わからないけど。早く思うような結果が出ると良いですね。と、甘甘なファンは思いますよ。

で、4位に入ったBMWザウバーのハイドフェルト。今年に入ってから、クビカに対し、ポイントの点でも印象の点でも明確に上回っていますね。この人も、無茶はしないから地味なときはとことん地味だけど、やるときはやりますね。私としては、ハイドフェルトとの関係云々別にして、クビカにもうちょっと存在をアピールしてほしいです、彼ならハミルトンのような活躍が出来ると思うのだけど・・・(去年の印象だと)。

まあ、存在をアピールしてほしいのはコヴァライネンにも言えることですが・・・。コヴァライネンはちょっと間違った方向にアピールしちゃっているから・・・。それにしても、ルノーの落ち方はすごいですね。これまで順調にステップアップしてきたルノーがここに来てこれほど凋落するさまを見ると、ミシュランが・・(自主規制)・・と思わずにはいられないです。

もう一人、やっぱり若干影が薄くなってしまった注目の若手、ウィリアムズのロズベルクですが、今回はいつぞやのデ・ラ・ロサのように、オーバーテイクを試みる→はみ出す→抜かれる→いつの間にかポジションを取り戻すを繰り返して、それなりにレースを盛り上げてくれて、楽しかったです。今回のレースは中堅チームが良いバトルして盛り上げてくれて、おかげで幾分か楽しめました。ウィリアムズは、両ドライバーがそれぞれ思い思いにアクションを起こしていたのに、なぜかカメラに抜かれるたび、ランデヴー走行しているんですよね、ちょっと不思議でした、あれは(何しろ観戦は地上波。カットの地上波)。

今回は、なんだか知りませんが、全滅か2台完走かで見事に全か無かの法則に則った結果となっておりますが。とりあえず、レッドブルですね、マクラーレンの信頼性不足がこんなところに引越しをしていたか、と言う感じですが。しかも、クルサードに多い。今回は途中までは良かったのに(涙)。スーパーアグリは全く同じ白煙ショーを見せてくれましたが、ああいう絵に描いたような白煙ショーって、久々に見たような気がします、記憶違いでなければ。

次はサンマリノか・・・と思っていたらスペインなんですね。なんか変な感じ。2005年シーズンと同じく、スペインで復活ののろしを上げてほしいです、ライコネンに。

|

« モディリアーニと妻ジャンヌの物語展 | トップページ | 菜種梅雨  »

コメント

うーんうーん。
まったくですな。。。
アロンソは抜いて欲しかった。燃料が重いから無理しないのかなと
思いきや、2週くらいしか違わなかったし。
煮え切らなかったですね。
ニコも、なんだか一人で悪循環繰り返してるし。。
あとやはり残念なのは、クルサード先生ですね。
途中までの追い上げは見事なものでした。
今年は、ウエバーも頑張ってるし、
ベテランの腕を見せてもらえてるわけですが、残念~

ライコネンは、どうなんでしょうかね。
もう、やんちゃにぬかしたりしないんでしょうか。
すっごく残念です。せっかくデットヒートが見れると思ったんですが。。。

スペインGPに期待ですね!
早くこないかな~一ヵ月近くも 待つなんて!! FIAのばか!

投稿: R | 2007.04.17 18:12

Rさん、こんばんは。

本当にアロンソは抜いてほしかったですねー。彼なりに考えてのことだと思うけど、ハイドフェルトがちゃんとコース上で抜いているだけに、見た目の印象が・・・。
クルサード先生は本当に残念でした。先生は今回は何も悪いことはしていないのに・・・(多分)。

ライコネンはまだマシンやタイヤに慣れていないのかなとも思ったりしていますが・・・。早く「いつもの」ライコネンが見たいですね!

スペインGPまで長いですよね・・・。なんか開幕してから3週間空くことが多くて、いまいちシーズンが始まった実感がわかないんですが・・・。本当に、スペインGPが待ちきれないです!

投稿: 雪の子キノコ | 2007.04.18 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/14696785

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年F1バーレーンGP:

« モディリアーニと妻ジャンヌの物語展 | トップページ | 菜種梅雨  »