« ウィーン少年合唱団のツアーが始まりましたね | トップページ | ウィーン少年合唱団 in パルテノン多摩 »

2007.04.28

今年のウィーン少年合唱団のプログラム(ネタばれあり)

妹(と母親)が昨日のウィーン少年合唱団のコンサートに行ったので、まだ今年は行っていない自分も今年のプログラムを見ることができました。以下ネタばれですので、見たくない方は見ないでください。












ここのところウィーン少年合唱団のコンサートのプログラムには過去ネタが載せられていますが、今回もきちんとありました。今回は、83年、86年に来日、現在バリトン歌手として活躍するゲオルグ・ニグルくんのインタビューです。見開き2ページほどの結構しっかりしたインタビューで、合唱団在籍時の話から現在の活動についてまで語ってくれていて非常に興味深いです。少年時代の写真や、5年前に結婚した奥さんとのツーショットなど、写真も何枚か載っています。ニグルくんも、マックスやテリーと同じ危機に瀕している模様。まあ、外国の人は似合うから・・・、エド・ハリスとかショーン・コネリーなんて、そうでない方が不自然だし、かっこよさも半減する気がします。

まあ、そんな大きなお世話は置いといてですね、インタビューで印象的だったこと。83年の来日組(ブルックナーコア)は優秀で、最終的には全員がソリストを経験したとのことです。私はあのクラスは生で聞いていないのですが、テレビ放映のものを聞いただけでもレベルの非常に高いクラスだとわかりましたので、さもありなんというところでした。

ニグルくん、順調にキャリアを伸ばしているようですね、まあ、海外のオペラなどの公演情報などで名前をちらほら目にしていたのでそれなりに活躍していることはわかっていましたが。この卒業生に対するインタビューは良いですね、第2弾、3弾があるといいなあ。

明日はいよいよ今年のクラスを初聞きです。とても楽しみ。あえて妹にはコンサートについて聞かないつもりでいたんだけど、ソリストが誰とかは聞いてしまっていたりします。まあ、彼女の認識もあやふやだったけど。

|

« ウィーン少年合唱団のツアーが始まりましたね | トップページ | ウィーン少年合唱団 in パルテノン多摩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/14878596

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のウィーン少年合唱団のプログラム(ネタばれあり):

« ウィーン少年合唱団のツアーが始まりましたね | トップページ | ウィーン少年合唱団 in パルテノン多摩 »