« 宝塚花組「黒蜥蜴」見てきました 他 | トップページ | 「この胸いっぱいの愛を」 »

2007.04.09

2007F1マレーシアGP

開幕戦からお久しぶりの第2戦マレーシアGPは、これまたお久しぶりのマクラーレン1-2で幕を閉じました。これで2戦連続で、2台とも表彰台ゲットですよ。マクラーレン・・・どうして去年これが出来なかったの、去年!まあ、言っても仕方ないですね。いろいろな意味で、今年のマクラーレンがなんとなく去年までのルノーやフェラーリに見え、今年のフェラーリがなんとなく去年までのマクラーレンに見えます、私には。

それはそれとして、ハミルトンですよ。ルーキーにして2戦連続で表彰台に上っていますが、マシンが良い、だけが理由でないことは明らかですね。今回も素晴らしいスタートだったし、マッサに煽られようと抜かれかけようと動じず、冷静に順位をキープしていたのはすごいと思いました。ミスはしないし、その状況での最高の結果をしっかり持ち帰っていて、大したものだと思います。なんだかマクラーレンにはアロンソが二人いるみたい、でも、こちらのアロンソはルーキーなのだから、本当驚きです。

そして、今回、なんとか3位表彰台はゲットしたものの、ドライバーズランキングにおいてはわずか3週間天下で終わったライコネンですが、まあ、被害を最小限に食い止めたということで。エンジンにはっきりトラブルが出ていたわけだし、それで暑いセパンで完走できたなら、それだけで御の字ではないかと思います、今までのことを思えば。

それよりも、マッサですよ。予選でタイムを塗り替えたときのマッサは最高にかっこよかったのに・・・(あの予選はかっこよかったですね、まずライコネンがタイムを塗り替え、間髪をいれずにアロンソが塗り替え、それをマッサがさらに塗り替える、このタイム塗り替え3連続が。次々に緑色のタイム表示が出て、わくわくしました)。私としては、新人離れした冷静さと上手さを見せるハミルトンとのバトルで見せたベテラン(というか中堅)離れしたミスよりも、スタートに物申したい気分です。変にアロンソを牽制などしないでまっすぐ走れば、たとえ偶数側が有利だったとしても、1コーナー取れたんじゃないかと。あれが全てだったように思います、マッサにとってはもちろんのこと、フェラーリにとっても。

今回も地上波は気持ちよくカットしてくださったので、他の人たちについては何がなんだかまったくわかりませんでした、なんでいつの間にかクビカがチームメイトに周回遅れにされているのかとか。そういえば、画面右上に「最年長ベテランドライバー」というキャッチフレーズをくっつけながら、クルサードがタイヤをロックさせてコース外に飛び出していく、このレースでのクルサードの唯一といっていい映像が流れたときには、「またベテランらしからぬミスを・・・」とため息がでましたが、マシントラブルだったそうで、大変失礼しました。

まあ、相変わらずカットは激しいですが、今年の地上波、OP除けばまずまずの出来だと思います。出演者も、実況と解説とレポーターのレーサーだけで、すっきりしていますし。こんな感じでいってくれれば、無料で観戦している身としては、文句は言いません。あ、でも、もう少し、カットを減らしてください(無料のくせに、切実)。

|

« 宝塚花組「黒蜥蜴」見てきました 他 | トップページ | 「この胸いっぱいの愛を」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/14617302

この記事へのトラックバック一覧です: 2007F1マレーシアGP:

« 宝塚花組「黒蜥蜴」見てきました 他 | トップページ | 「この胸いっぱいの愛を」 »