« レッドブルの新車発表 | トップページ | 関ジャニ8の関西テレビ制作ドラマ見ました② »

2007.01.29

関ジャニ8の関西テレビ制作ドラマ見ました①

まあ、何かと今話題の関西テレビですが、その関西テレビが関ジャニ8の年長3人(横山裕くん、渋谷すばるくん、村上信五くん)を主役に据えたドラマを制作しまして、それが昨年末に関西エリア(&いくつかのローカル放送局)で放映されたのですが、気の利かないというか、F1放送において常に視聴者の期待の真逆を行くスタイルを気持ちいいくらいに貫き続けるフジテレビさんはですね、当然のごとく、スルーしたわけであります(この文章の論理性を理解できる人は少ないかもしれませんが、一応私の中では論理が成り立っています)。まあ、関東における関ジャニの知名度やポジションを考えれば私がフジテレビの人間でもスルーしたかも、と思わなくはないですが。

で、先日、うちの妹が、そのドラマの映像をいただきまして、見ることができました。今のところ、見たのは村上信五くんと安田章大くんと錦戸亮くんの出ている「ダイブ・トゥ・ザ・フューチャー」です。

これ、タイトルが80年代のハリウッドの大ヒット映画を露骨に彷彿とさせますが、ロゴがまた権利関係にうるさいアメリカ人に知られないことを祈りたくなる代物です。ただ、内容は全然違いまして、違う時代に行ったりはせず、飛び込みを題材にした大学生のスポ根(かなりライト)ものです(これはこれで内容とタイトルが上手く合ってはいるとは思いますが・・・)。

なんといいますか、もろ週刊少年ジャンプな内容で、出来としては本誌連載中の作品というよりは手塚賞(集英社主催の漫画の新人賞です)受賞作品といった感じです。・・・また、いろいろな意味で微妙な例えを使ってみましたが、まあ、とにかく今どきの少年漫画の王道のど真ん中を行く内容でして、まさに「勇気・友情・勝利(勝利はないけど。でも少年漫画においては「諦める」ことが負けなので、諦めなかった彼らは負けてはいないのです)」な内容ですし、登場人物も、あまり個性の強くない、若干押しに弱い、でも実は高い素質を持っている主人公(今の少年漫画の主人公は、このタイプか、異常に変人かのどちらかに二分されると言っても過言ではないと思う。過言などという言葉を使うほどの内容ではないですが)、心のそこに鬱屈した思いを秘めていてまわりの人間に対し時に冷ややかな態度をとってしまう孤高の仲間、サービス過剰なお色気姐さん、食物に対し異常に執着する太った子、マセガキ、など、少年漫画に必須のラインナップがずらずら出てくるのであります。ヒロインが、ただちやほやされるだけのおいしいポジションではない、というところも、今どきの少年漫画的ですね。一応読みきり作品として作られたはずだが、そのまま連載につなぐことも可能なラストシーンも、基本を踏んでいます。

とりあえず、見て気になったところ、印象的だったところとしては
・村上くんの髪の色が就活時にはありえないほど明るい色だった
・態度や目つきが悪いが坊主頭のライバルチームと、態度は普通人だが長髪で髪の色が日本人離れしている主人公チームでは、正直、どちらがやんちゃ(ごく控えめな表現)に見えるか決めかねる次第であります。
・ライバルチームのメンバーが大変良い味を出していました。
・安田くんの生け花が、安田くんの前髪みたいな形だった。
・安田くん演じる北白河くんが、飛込みには「生け花にはないダイナミックさや自分との戦いがある」みたいなことを言っていましたが(例によってうろ覚え)、例えば假屋崎省吾さんの生け花は十分ダイナミックなような気がします、彼が自分と戦っているかは知りませんが。
・村上くんの乗っている赤いバイクがえらくかっこよかったです。
・事故で骨を折って競技に参加できないのに、自分の根性が足りないかのような物言いをされた村上くん(役名失念)が気の毒でした。
・審査員が軒並み10点を出した太った少年の演技が見たかった
・子役がかわいかった
・飛び込みの寺内健選手がセリフはないながら、ドラマに彼なりに参加している様がかわいかった。

村上くんと安田くん(錦戸くんはほとんど出ていないので触れようがないです)、二人ともまずまずだったと思います。セリフは結構良かったんじゃないかと。細かなことを言えば、ここぞという場面での長台詞ですね、これが自然に言えるようになれば問題は何もないように思いました。あとは、表情やしぐさがいかにもお芝居的になることがあるので(特に安田くん。でも、彼はあのキャラになりきっていてそれはとても良かったです)、そこが自然になれば言うことなしですね。これはやっぱり場数の問題もあると思うので、どんどん連ドラに抜擢してあげてほしいなあ。

ドラマ中盤の飛び込みシーンでの、飛び込む直前の二人の顔つきが好きですね、あの真剣な顔つき、まっすぐなまなざしが。良い顔だなあ、と思います。普段、二人ともにこにこしているから、余計、こういうきりっとした表情が男らしく見えるのかもしれませんが。

・・・すごいな、あの内容でここまで熱く語っていますよ。

|

« レッドブルの新車発表 | トップページ | 関ジャニ8の関西テレビ制作ドラマ見ました② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/13710025

この記事へのトラックバック一覧です: 関ジャニ8の関西テレビ制作ドラマ見ました①:

« レッドブルの新車発表 | トップページ | 関ジャニ8の関西テレビ制作ドラマ見ました② »