« 良いお年を! | トップページ | 箱根駅伝復路 »

2007.01.02

箱根駅伝往路

はい、2007年ですね。良い年となりますように。もうそればっかりですよ。

今日は箱根駅伝の往路を途中(3区)から見ました(どうでもいいですが、うちは箱根は見るとしたら必ず3区、8区以降。それまでは必ず寝ているので)。箱根はちょくちょく勢力図が変わって栄枯盛衰の激しさに本当驚きますよ。まあそれはいいとして、今までリアルタイムで見たことがなかった山登りのスペシャリスト、順天堂大学の今井正人選手の走りを目当てに見ていたのですが、まあ、異次元の走り、かっこよかったです、本当。4分以上あったトップとの差をあんなにあっさりと山で縮めてしまうなんて・・・。出掛けるので準備をしながらの観戦だったし、しかも途中で出掛けてしまったので最後まで観なかったのですが(でもトップに立つところまでは見ましたが)、面白いくらいにタイム差が縮まっていって、あっさり抜いて、みるみる引き離して、の連続には本当興奮しました。

あと印象に残ったのは、東海大学の4区を走った小泉選手ですね。4区の間中繰り広げられた激しい5、6位争いにテレビの関心はすべて奪われていましたが、冷静に着実に走って、4区が終わってみれば、自分がたすきを受け取った時点より後続とのタイム差を軒並み広げていました。私はこういう目立たなかった実力者に心惹かれます。まあ、トップ独走中に目立つ行動はなかなかとりようがありませんが。

今回の悔いは2区での早稲田の選手の走りが見られなかったことですね、区間賞インタビューでの好青年ぶりも良かったので、ちょっとこれからは彼をチェックしようかと。自分は早稲田と順天堂が好きな大学です。

|

« 良いお年を! | トップページ | 箱根駅伝復路 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根駅伝往路:

« 良いお年を! | トップページ | 箱根駅伝復路 »