« 関ジャニ8の関西テレビ制作ドラマ見ました① | トップページ | 関ジャニ8の関西テレビ制作ドラマ見ました③ »

2007.01.30

関ジャニ8の関西テレビ制作ドラマ見ました②

昨日に引き続き、関ジャニ8主演の関西限定ドラマを見ましたので、感想を。今日は渋谷すばるくん、丸山隆平くん、安田章大くん、大倉忠義くん出演の「ダブル 複体」です。ちゃんと、関西での本放送の順序に従って見ていますよ、いや、だからどうということはありませんが。

このドラマはサイコサスペンスということで、昨日の作品とは打って変わってダークな雰囲気でした。昨日の作品が少年ジャンプ系だとしたら、このドラマは白泉社系というか、今は知りませんが以前「花とゆめ」に作品を掲載していた某漫画家さんが描きそうな世界です。こんな、私しかわからないたとえ話はほっておいてですね、まあ、雰囲気は全然違いますが、作品の「トンデモ」具合はどっこいどっこい。素材は面白いと思うのですが、いかんせん1時間弱の時間枠とテレビドラマとしての限界が・・・。実体のないものが主人公であり、それが物語のオチになっているという点で、なんか連想する海外のホラー映画がいくつかあるんですが、この作品の場合、一方(実体)が一般人、他方(別人格)が有名人なので、オチを見てから遡って考えるといろいろ気になります。別人格は有名人で、実体が一般人なのだから、何らかの形で実体が別人格よりも先に相手の存在に気付くと思われますが、別人格がアプローチしてくるまで、なに彼はポヤンとしていたのか。もしかしたら何か彼なりの思惑や葛藤があったのかもしれませんが、素でポヤンとしていただけなんだろうな、と思わせる実体くんでしたね。まあ、ポヤンとしているけれど、天使のような純粋で優しい人柄の実体、そして野心と良心のはざまで苦悩する別人格、と「すばる」はどっちに転んでも「良い人」ですな。もっとどっちかがものすごくあくどいのかと思っていました。

その他、気になったところ、印象的だったところとしては、
・最初の方であったパーティの出席者の音楽レベル(の位置づけ)が大変気になりました(特に双子のピアニストの「トルコ行進曲」)。
・と思ったら、その双子は以前TBSの午後のワイドショー番組でレポーターをやっていたアン・ドゥではないですか、懐かしい。大倉くんが持っていたプログラムにもきちんとアン・ドゥ名義で載っています。
・ドラム演奏を終えた後の大倉くんのクールな笑みはかっこよかったですが、ナンパの時はぶっきらぼうで怖かったですよ。
・すばるくんのピアノを弾く手の吹き替えはどうしてもあの手でなければならなかったのでしょうか
・DJ安田くんがスバルをピアノの方にうながす時の表情がすごく優しげで惹かれました。
・ちかこちゃんのゴスロリ趣味に驚きました。
・殺す気満々のちかこちゃんの手をかいくぐってスバルの携帯に電話をするみずきちゃん、すごいです。
・上にのしかかって首をおさえつけている自分より背の高い女性を投げ飛ばすみずきちゃん、さらにすごいです。
・間一髪のところで昴がみずきの部屋に飛び込んできますが、鍵はかかっていなかったのでしょうか。
・昴が草原でピアノを引くシーンは、そのシーンそのものよりも、映像の合成っぽさが気になって仕方ありませんでした。
・星野真理さん、ちかこ役の子は、なかなかの好演だと思います。
・シューベルトはやっぱり良い

丸山くんに関しては、「キャサリン」や「自転車少年記」に比べて演技が自然でこなれている感じがしました。一番演じやすいキャラクターなんじゃないかな。重い雰囲気のドラマの中で、彼はどちらかというとコメディ的な演技をしていましたけれど、浮くこともなく、良い感じで空気を和ませていたと思います。

そして、一人二役をがんばったすばるくんですが、そうですね、もう少しかもしだす雰囲気で二人の違いを出せたらもっと良かったと思いますが、実体は無邪気そうなまなざしと高めの声で、別人格は暗い目つきと低い押し殺したような声で演じ分けていて、まあ、良かったのではないかと思います。役柄にはまっていたし、セリフも、2個ほどモロ訛っていましたが、基本的に標準語のセリフを違和感なく言えていましたし、演技もあまり大げさでないのが大げさな演技が苦手な自分としては良かったです。ただ、本人もどこかで言っていたと思うけど、笑顔の演技が不自然というかぎこちないのと、受けの演技と言いますか、自分がアクションしていないときの演技がイマイチというか、ただ何もしないで自分の番を待っているだけのように見えるのが、課題ですね、私から見ると。二人のすばるが対峙するシーンなど、一人がしゃべっている時、もう片方が微動だにしないですからねー、やっぱりちょっと不自然ですよ、難しいとは思うけど。というか、若干緊張しているのかな、演技としての緊張感とは別の緊張感が全体的にそこはかとなく漂っていましたが。個人的には、物語冒頭、ホテルの窓の外を眺めながら野心的な言葉を口にして窓辺から立ち去るシーンの、その窓に映ったちょっと悲しげな表情がツボでした。あと、ツアーラストのコンサートで、客席からスバルを見つめる昴のニコニコ顔が子どもみたいに無邪気でかわいくてツボでした。

またしても、長く語ってしまいました。後は「蹴鞠師」ですか。コメディだとしたら、チャウ・シンチー映画にありそうですね。

|

« 関ジャニ8の関西テレビ制作ドラマ見ました① | トップページ | 関ジャニ8の関西テレビ制作ドラマ見ました③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/13725337

この記事へのトラックバック一覧です: 関ジャニ8の関西テレビ制作ドラマ見ました②:

» 関ジャニ∞がUFOのCM決定です!! [webnews]
関ジャニ∞が「日清焼きそば U.F.O.」のCMキャラクターに起用さたそうです テレビCMは3月からの放送予定・・・。 撮影は1月下旬、ナント!! [続きを読む]

受信: 2007.02.25 04:38

« 関ジャニ8の関西テレビ制作ドラマ見ました① | トップページ | 関ジャニ8の関西テレビ制作ドラマ見ました③ »