« 新車発表ラッシュ | トップページ | ライコネンのフェラーリデビュー 他 »

2007.01.20

ライコネンインタビュー by 20minuten

やっと終わりました。昨年の11/28のブログで書いたスイスの「20minuten」のライコネン独占インタビューの和訳ですよ。スーパーアグリ(初期)もびっくりの周回遅れネタです。年が明け、フェラーリの新車発表も行われ、新車のシェイクダウンも済み、ライコネンも、なんだか知りませんがイタリア語をちょこっとばかり記者会見で披露してみたりしてすっかりフェラーリ人モードなわけですが、これはまだライコネンがマクラーレン人だったときのインタビューです。

アドレス→http://www.20min.ch/sport/motorsport/story/25719890

ライコネンがチューリッヒで行われたタグ・ホイヤーのイベントに参加した際に、「20minuten」がインタビューしたものですが、この記事の書かれた日の「昨日」にイベントが行われたとあるので、11月の22日のものみたいですね(なお、現在、この記事の日付に関する部分は訂正されています)。では、行きます。

キミ・ライコネン、あなたはフェラーリで、ミハエル・シューマッハの後継者として、伝説を手本にやっていくことになります。あなたはそのプレッシャーとどのようにつきあっていますか?
「何も感じないね。もちろん、ボクはフェラーリのことは少ししか知らないよ。だけど、どんなことが自分に起こるのかなんて、結局のところわかりっこないんだよ。ボク自身、フェラーリでまだ何も見せていないしね。」

それと同時に、あなたにとっては、夢が一つ実現することになりますか?
「まあ、どのドライバーもフェラーリにぜひとも行きたいと思っているんだ、これは秘密のことではないよ。そうでなければ必ずしもフェラーリには行かなかっただろうね、他の選択肢もあっただろうと思うよ。」

あなたはペーター・ザウバーを通じてF1にやってきました。いまだに彼と連絡を取っていますか?
「レースのとき、時々会うよ。それ以外では基本的には会うことはほとんどない。彼はここからそうそう行けるところに住んでいるわけではないしね。」

そして、新しいチームメイトのフェリペ・マッサについてはどんなことを期待していますか?彼も元ザウバーのパイロットですね。
「もちろん彼のことはF1サーカス絡みで少しは知っているよ。だけど、本当にまだその方面のことは何も言えないんだ。今日に至るまで、まだ一日もフェラーリで仕事をしていないんだからね。」

あなたはWollerauに住んでいます。ミハエル・シューマッハやニック・ハイドフェルト、フェルナンド・アロンソなど他のF1のスターたちも同様にスイスに住居を構えていますね。税金が安いからですか?
「それだけではないね。スイスは素晴らしい国だし、中心部に位置している。ヨーロッパのどこにも近い。それにここではとてもリラックスできるんだ、だれもボクを煩わせないからね。」

では、Wollerauで、とあるお店であなたに出くわすなんてこともありうるということですね。
「うん。(にやっとして)ボクを見てボクが誰だかわかる人がたくさんいるとは信じられないね。」

スイスのアウトバーンではどれくらいのスピードに抑えていますか?時速120kmはあなたにはものすごく遅いスピードでしょう?
「いや、そんなことはないよ。一般道での運転にはたくさんの責任が伴うことはボクにもはっきりわかっているからね。」

ということは、あなたはどこにレーダーがあるかご存じないんですね?
「そう。ボクが知っているのはほんの少しだけなんだ・・・。」

あなたは熱狂的なスノーボーダーです。冬はゲレンデで過ごしますか?
「まだわからないんだけど、この冬はフィンランドで過ごすことが多くなると思う、友人や家族に会いに行くのでね。去年の冬は、ひざの手術をしなければならなかったから、全然すべれなかったよ。」

でも、契約でウィンタースポーツが禁止されているわけではないんですよね?
「そうだよ。もちろん、他のスポーツだってやっていいんだよ。ボクはとにかく慎重にしないとね。」

次のシーズンは3月18日にオーストラリアで始まります。休暇はあとどれくらいですか?
「ボクはこれからも体調を維持していくよ。それに加えて今年(2006年)中にフェラーリでどこかのテストに参加できたら良いんだけどね。」

あなたは5年間マクラーレンにいて、選手権2位に2度輝きましたが、不運にもたくさん見舞われました。あなたがフェラーリとの契約にサインして以来、みんな早くも来年(2007年)のアロンソとライコネンの対決を話題にしています。あなたは2007年にフェラーリでタイトルを獲得するのでしょうか?
「わからない。マクラーレン・メルセデスでは確かに失望することもあったけれど、そういうのもひっくるめてこのマクラーレンで過ごした5年間にはとても良い思い出があって、それを失いたくはないよ。だけど、誰もが知っていると思うけど、今年フェラーリは明らかに非常に強かった。実際にマシンの走りがどうなるかはだれにもわからないことだけれど、ボクとしては当然、来年もボクらが良いパッケージを持っていることを望んでいるよ。」


・・・とまあ、こんな具合です。例によって、全然自信はありませんが、まあ、それほど間違った訳はしていないと思いたい。なんか、あんまりツッコミどころのないインタビューだなあ・・・。

|

« 新車発表ラッシュ | トップページ | ライコネンのフェラーリデビュー 他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/12873771

この記事へのトラックバック一覧です: ライコネンインタビュー by 20minuten:

« 新車発表ラッシュ | トップページ | ライコネンのフェラーリデビュー 他 »