« スパイカーのレギュラードライバーにスーティル | トップページ | 「高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト」のクリスマスコンサート »

2006.12.24

今日の題名のない音楽会 他

昨日は「ザ少年倶楽部」という、びっくりするほど若い男性しか出てこないテレビ番組(注:ジャニーズの番組)を見たんですけど、まあ、思いのほか、KAT-TUNの赤西くんをたくさん見られたり、あと、自分が見ていないKAT-TUNの映像をいろいろ見られて面白かったです。「ザ少年倶楽部」と言えば、この前の「ザ少年倶楽部プレミアム」で渋谷すばるくんが歌っていたソロ曲「Greedy」(スペルに自信なし)、放送直後に書いたブログではちょっとテンション低めな感想を書きましたが、その後2、3回聞いてみたら、なんかえらく気に入ってしまって頭の中で数日間えんえん同じ箇所が流れ続けました、もうビデオを見ていないので頭の中のエンドレスリサイタルも終了しましたが。あそこがいいです、男性サイドの歌詞の部分が。あの、間奏部分からの曲の盛り上がりにのっかって勢いよく歌う声の力強さが好きです(バンドの音と、テンションというか勢いがよく合っているし)。なんか、前のブログでは「パンチがない」とかなんとか書いていたような気がしますが、もう忘れました。まあ、「パンチがない」という意味は、別に「声に力強さがない」という意味ではないんですけれど。やっぱりこの人の歌は好きだなあ、上手さでいえば「ジャニーズにしては上手い」のレベルなんだけど、型にはまらない魅力があります。模範解答ではないかもしれないけど、個性的で印象に残る名解答といった感じ(つくづく上手くないたとえだ・・・)。

さて、本題はクラシック系のお話ですね、今日の「題名のない音楽会」はイヴにふさわしくクリスマスの名曲を、「題名のない音楽会」2000回記念ガラ・コンサート出演の面々が演奏するというものです。メゾソプラノのキャサリン・ジェンキンスが「オー・ホーリー・ナイト」、ソプラノのスミ・ジョーが「カッチーニのアヴェマリア」、バイオリンのデヴィッド・ギャレットが「シューベルトのアヴェマリア」、モスクワ・フィルがチャイコフスキーの「白鳥の湖」を演奏ということで、まあ、自分の好きなラインナップだったんですけれども、「白鳥の湖」はともかくとして、ここらへんの歌(曲)は、多少技量は劣っていても、ボーイソプラノで歌われるのが一番自分は好きだと思いました。あの、俗っぽさのない美しい旋律には、透明感のある美しい声で歌われるということだけで必要にして十分という気がしますし、声の美しさそのものを際立たせる旋律なので技術とかで声そのものの美しさを相対的にかすませてしまうことなくただ純粋に声の美しさだけを感じながら聴きたいと思います。・・・なんか、上手く言いたいことが言えない。私は文章の技術がほしいです。

とはいえ、キャサリン・ジェンキンスの厚みのある歌声も魅力的ですし、ギャレット&羽田健太郎さんによる個性的なアレンジの「シューベルトのアヴェマリア」も面白いと思いました。とりわけ、スミ・ジョーのよく通る澄んだ歌声で繊細に丁寧に歌われたカッチーニの「アヴェマリア」は素晴らしかったと思います。

演奏の合間に、いろいろな国(出演者ゆかりの国)のクリスマスの光景のVTRが流れたのが良かったです。その映像の中で歌われているクリスマスの歌もフルで聴きたいと思いました。

|

« スパイカーのレギュラードライバーにスーティル | トップページ | 「高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト」のクリスマスコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/13191461

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の題名のない音楽会 他:

« スパイカーのレギュラードライバーにスーティル | トップページ | 「高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト」のクリスマスコンサート »