« F1のニュースがいろいろあったみたいで | トップページ | ロス・ブラウンがフェラーリ離脱 »

2006.10.23

2006F1ブラジルGP

2006年のF1シーズンをしめくくる最後の一戦、ブラジルGPは、波乱があり、素晴らしい走りがあり、たくさんの「おめでとう」と「さようなら」がある、なんだかとっても“良い”グランプリでしたね!などと、若干気恥ずかしい表現を使ってみましたが、まあ、思えばシーズン最終戦はいつもこんなものですね、今回に限らず。でも、なんか今回はあえて言ってみたい気分だったので、あえて書きました。

まずは2年連続のドライバーズタイトルとコンストラクターズタイトルを獲得したフェルナンド・アロンソとルノーにおめでとう!このドライバーとチームの実力には計り知れないものを感じます。昨年もそうでしたが、シーズン途中でぐっと沈んで、優位性を失ったように見えることがあっても、また終盤で巻き返してくるのを見ると、なんというか、常にライバルとの距離を測りながら、持っている能力をそのときに必要な分だけ出して、常に隠しだまの一つや二つ、懐に残したまま戦っているような、そんな余裕を感じます、実際のところは知りませんが。

そして、母国GPでポール・トゥ・ウィンを飾ったフェリペ・マッサにもおめでとう!危なげない見事な勝利でした。喜びを感情のままに爆発させているところがとてもほほえましかったです。それにしても、マッサって、この1年ですごく大きく成長した気がします。ザウバーにいた頃、もっとこうお茶目なレースしてましたよね。

それから、「おめでとう」とは違うのですが、スーパーアグリ、すごいじゃないですか。佐藤琢磨は17台残っている状態で10位に入りましたし、山本左近のファステストタイムは7位ですよ、ホンダやマクラーレンより上ですよ!レース途中に、字幕でファステストタイムの一覧が出たとき、佐藤琢磨の名前が上位8人の中にしっかり入っているのをみたときにはたまげました(それより少し前、地上波では実況がそのことでえらく盛り上がっていたらしいのですが、自分はF1に興味のない妹に熱く語るのに夢中で聞いていなかった)。すごいなあ、滑り込み参戦のチームが。なんか、普段ライコネンにしか興味ないくせに、あの瞬間(佐藤琢磨の名前がファステスト上位8位の中に入っているのを見たときのことです)すごく嬉しくなったんですよ、やっぱり自国のチームとかドライバーって特別ですね、今回のブラジル人の喜びがよくわかります。

個人的には、今回のレースの一番のヒーローは、これがラストレースのミハエル・シューマッハだと思います。なんかもう、ジェットコースターのようなレースでしたね、ガーっとすごい勢いで他車を追い抜いていったと思ったら、気がつくとレース中とは思えないまったり走行になって「トラブル?」とガクガクしているとまた、すごい勢いで追い抜いていく。見ていて疲れましたが、かっこよかったです、本当に。なんかもう、今までのツケがまわってきたかのように(失礼)、予選に始まり決勝でも不運が続いていましたが、おかげでミハエルの迫力ある素晴らしい走りを堪能することができました。スタートもすごく良かったし、短かったけれどライコネンとのバトルも良かった。予選でマシントラブルがなかったら、いや、予選でマシントラブルがあっても序盤のタイヤバーストがなければ、きっとミハエルが優勝できたと思います。でも、上にも書いたけど、あの数々の不運があったからこそ、あの走りが見られたわけですからね、ただトップをぶっちぎりで走っているだけより良かったのかもしれないと思いました(マッサはマッサであれはあれで良いんですよ。ただラストレースとしてはこっちの方がインパクトがあって良いという意味です)。本当良い置き土産でした。寂しいですね、もうあの走りも、けったい・・・いえ、非凡なファッションセンスあふれる私服ももう見られないのは。いや、ファッションセンスは見られる可能性はあるかもしれないですが。走りが見たいな、やっぱり。

今回はミハエルに限らず、ちょっとドイツ人ドライバー受難のレースでしたね。速攻リタイアのロズベルクとラルフ、とっちらかりまくった挙句壁に激突のハイドフェルトと、ドイツ人の皆さんは本当にお疲れ様でした。いや、みんなお疲れ様なんですが。というか、むしろ、ラルフとロズベルクは他の人より疲れていないかもしれませんが。トヨタは2台ともサスペンションですか・・・。なんかトヨタは詰めが甘いなあ。

そして、これがマクラーレンでの最後のレースとなったライコネンですが・・・、なんとも味気ないレースでしたね。ライコネンは、シーズンの最終戦は2002年からずっと表彰台に乗っているんですよね、だから今回も優勝は無理でもせめて表彰台で終わってくれたらと思いましたが、仕方ないですね。ライコネンもデ・ラ・ロサもまったりでしたから、マシンのレベルがレベルだったということですから。とりあえず、予選の2位と、ミハエルとのサイドバイサイドが見られただけで良しとします。

マクラーレンは結局今季未勝利に終わりましたが、ウィリアムズも散々なシーズンでしたね。それを象徴するかのような同士討ちによる1、2周でのリタイア。ウェバーは前もブラジルで同士討ちによるリタイアをやっていたような。ジャガー時代も含めると、ブラジルは3回連続同士討ちによるリタイアだったりしませんか・・・。なかなか珍しいと思うのですが。

81年生まれの二人(アロンソとマッサ)がそれぞれチーム関係者やファンと喜びをわかち合っている光景が交互にテレビに映るのを見たり、80年代生まれの3人が表彰台に乗っているのを見ると、本当にF1の世代交代を実感しますね。単にミハエルが引退したというだけでなく、F1の主要の座が80年代前後に生まれたドライバーたちの手に渡った感じがする。事実、アロンソ、マッサ、バトン、ライコネン、みんな1970年前後に生まれたチームメイトを凌いでいます(マッサは微妙ですが)。ミハエルがいなくなったから、来年はこの4人に、コヴァライネンとBMWの出来次第でクビカが加わってF1を盛り上げるのかな。私は年長者を尊重したい人間ですので、クルサード、バリチェロ、ヴルツ、フィジケラにエールを送りますよ!なんかでも、間違った方向に盛り上げそうなメンツという気がしないでもないですが。まあ、がんばってください。

|

« F1のニュースがいろいろあったみたいで | トップページ | ロス・ブラウンがフェラーリ離脱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/12398738

この記事へのトラックバック一覧です: 2006F1ブラジルGP:

« F1のニュースがいろいろあったみたいで | トップページ | ロス・ブラウンがフェラーリ離脱 »