« 天体話を書いていたらいつの間にか戦争話に | トップページ | タイトルつけるほどの内容もなし »

2006.08.25

冥王星降格

チェコのプラハで行われていた国際天文学連合総会で、新しい惑星の定義案が可決され、それによって、冥王星が惑星から降格になったそうですね。ちょっと前には惑星の数が増えるのではと言われていたのに、ふたを開けてみれば、一つ減って、世間の学生さんは知りませんが、自分が現役の学生ならラッキーと思うであろう結末になりましたが。しかし、多分誰もが太陽系惑星の並びをこの覚え方で覚えたであろう「すいきんちかもくどってんかいめい」って、語呂が良かったのにね。いや、「すいきんちかもくどってんかい」でも語呂悪くないけど、なんか「めい」がついたほうがよりかっこよい。「かい」と「めい」は時期によって順番が入れ替わる関係にあったはずですが、これで「かい」は太陽系惑星不動のどんじりですね。まあ、また新しい惑星の定義案が可決されて、浦和レッズのように復活するかもしれないですが。浦和レッズってでも今調べたら結構早くにJ1復帰していたんですね(1999年J2降格、2001年J1復帰)。・・・なんか、内容がないこと書いているな・・・、ここ数ヶ月、微妙にテンションが上がらないので・・・、いや、内容がないのは前からですね、テンション関係ないです。

|

« 天体話を書いていたらいつの間にか戦争話に | トップページ | タイトルつけるほどの内容もなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/11595928

この記事へのトラックバック一覧です: 冥王星降格:

« 天体話を書いていたらいつの間にか戦争話に | トップページ | タイトルつけるほどの内容もなし »