« ライコネンとデ・ラ・ロサの工場・博物館見学 | トップページ | ヴィルヌーヴ、ハンガリーGP欠場 »

2006.07.31

2006F1ドイツGP

とりあえず、何よりもまず、これが言いたいですよ、私は。ライコネン、ドイツGP初完走おめでとう(感涙)。ライコネンがF1参戦してから1度も完走できなかった抜群に相性の悪いホッケンハイムで初完走しかも表彰台(3位)ですよ。今回も相変わらずトラブルの神に付きまとわれていたみたいですが(しかしマクラーレンのピットでのトラブルはあれですか、なんかノルマか何かにでもなってるんですか(怒))、結果よければ全て良し(現段階では望みうる最高の結果だと思いますので。でもマシン自体もだいぶ良くなりましたね、良かった良かった)。特に最終スティントでのアグレッシブな走りは見ていて気持ちよかった。ウェバー、バトンとの競り合いが、さすがF1レーサー同士のバトルといった感じのすごく美しい動きで、見ていて楽しかったです。予選も完璧ですよ、ポールポジションを獲得してかっこいいところを見せつつ(まあ、ずば抜けて軽かったけど)、思いっきりコースオフして笑いもとるという、まさにかっこよくて面白いという今の時代のモテるツボを押さえた完璧な予選でした。「そつがない」そんな言葉はライコネンには似合わないから。そういえば、最近、マクラーレンは重タン作戦とらなくなりましたね。

そして、もはや隙が見当たらないまでに強いフェラーリチーム。なんかミハエルはこの調子でいくともしかしてもしかするかもしれないですね。なんだかすごく面白くなってきました。やっぱりこの人が強いと楽しいです。マッサも危なげない走りでしたね。もしかして、今回のレースは実はマッサの方が速く走れたのではないかという気もしますが、まあ、初心者はおとなしくしておきます。

あと、今回はホンダがなんか良い感じで。ただ、マシントラブルがどうしても出てしまうのがアレですね。それはウィリアムズも一緒ですが。今回ウェバーが良いところに行っていたのに本当に残念でした。あと、トヨタもこっち系ですね、トヨタは今回はマシントラブルというよりはアクシデントに振り回されましたが。あ、でもトゥルーリはエンジン交換でしたね。みんなストレスたまっているんだろうなあ・・・、この微妙にあと一歩具合に。

なんか今回のレースは、ほとんどが2ストップ作戦でわかりやすかったはずなのに、なんかやけに吹っ飛ぶ車あり、火やら煙やら吹く車あり、で、そっちのインパクトが強すぎて何がなんだかわけがわからなかったです。わけがわからないといえば、ライコネンがレース前に自分を映していたテレビカメラを手でのけましたが、あれはなんだったのか。まさか酒(以下省略)。まあ、なにはともあれ、完走できて本当に良かった。今年は鬼門のドイツ開催GPで両方完走できましたね、悪いジンクスを払拭できて良かったです。

|

« ライコネンとデ・ラ・ロサの工場・博物館見学 | トップページ | ヴィルヌーヴ、ハンガリーGP欠場 »

コメント

はじめまして、Rと申します。
最近こちらのブログの存在を知って、
楽しく読ませてもらっています!
自分は英語が全くだめなので、そっち方面(どっち方面?(;^ω^))の記事の情報を得ることができなかったのですが、
こちらで読むことができて、飛び跳ねるほど嬉しいです。

あと、私も気になりましたね、
あのカメラをのける仕草゚.+:。(*-ω-)(-ω-*)゚.+:。ウンウン

投稿: R | 2006.07.31 23:55

Rさん、初めまして、こんばんは。
コメントありがとうございます。

英語などの記事に関しては、下手の横好きで訳していますので、正しいか不安だし、下手でかなり恥ずかしいですが、Rさんのように言っていただけると、すごく嬉しいし、励みになります。ありがとうございます。

カメラをのけるのはほんと不思議でしたね~、普段はやらないのに。

投稿: 雪の子キノコ | 2006.08.02 01:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/11162080

この記事へのトラックバック一覧です: 2006F1ドイツGP :

« ライコネンとデ・ラ・ロサの工場・博物館見学 | トップページ | ヴィルヌーヴ、ハンガリーGP欠場 »