« 音楽ネタをいくつか | トップページ | 「性の世界への誘い」ってすごいな・・・(内容とほとんど関係なし) »

2006.07.17

2006F1フランスGP

大のF1ファンとして知られるキンキキッズの堂本光一くんは、雑誌「F1グランプリ特集」で毎月1回A4サイズ1ページ分みっちりとF1について語れる身分であるだけでは足りず、アイドル誌の主に自身の近況を語るためのページにおいてもF1ネタをノルマのようにすべりこませています。まあ、この人は、自分のラジオやテレビ番組、コンサートなどでも周囲の空気を顧みることなくF1の話を繰り広げるという噂を耳にしますので、当然のことかもしれませんが。で、某アイドル誌の最新号の、一人語り形式のインタビュー記事(テーマは「ブルー」)の最後に、テーマの「ブルー」絡みの話として、目下自分の応援している赤い車よりも、青い車の方が調子が良いので、まさに気分はブルーだとかなんとか、ダジャレまじりのコメントをしているのですが、そんな光一くんも今回は大満足だったのではないでしょうか、の、赤い車を運転するミハエル・シューマッハの圧勝に終わったフランスGPでした。なんか、最後の一行だけで事足りるな、最後の一行だけで。

シューマッハのレースは本当に危なげなかったから、レースそのものはまったりしていましたが(軽くスペクタクルだったモンテイロのスピンを除く)、フェラーリ&シューマッハはかなりお気に入りな自分としては、かつての勢いを取り戻したかのような彼の独走レースは大変気分が良いです。マッサ、良い仕事しましたよね、特にスタートで、スタートの良いルノーのアロンソを相手に2位の座をしっかり守り、アロンソはニュータイヤでマッサはユーズドを履いていたため(解説によれば)見るからにアロンソのほうがスピードが速かったにもかかわらず、何度仕掛けられてもアロンソを抑えきったのは素晴らしいと思います。それだけに、ピット戦略で負けて3位になったのは、すごく残念。

それにしても、ブリヂストンタイヤ、良いみたいですね。アメリカGPだけにかかっていた魔法かと思っていたんだけど、フランスでもミシュランを凌駕しているところを見ると、ちょっとこれからが楽しみになってきました、ミシュランが早くも撤退モードに入っているのかもしれませんが。トヨタもうまくタイヤとマシンが合ってきたのか、良い感じですね、このところ。予選速かったのに、二人とも燃料結構積んでいて驚きました。ラルフのピットでのトラブルとか、トゥルーリのマシントラブルとか、イマイチすんなり行かないのがアレですが。

さて今回からドライバーラインナップが一部変更になったけど、結局眉毛の薄いのと濃いののコンビに変わりはなかったマクラーレンですが、どうなんでしょうか、確かにファステストはフェラーリについで速いし、ラップタイム見ていないから確実なことは言えないですけど、撤退モードミシュラン(決め付け)を履いているにしてはレースペースも悪くなかったように見えたし、ドライバーやチーム関係者のコメントも楽観的ですが、予選の順位の割に燃料積んでいなかったし、3ストップ作戦のメリットでレースペースが良く見えた(上位と遜色なく見えた)だけのような気もします。ライコネンはまたしてもピットでタイムロスですか、地上波ではカットされたので何があったかわかりませんが。まあ、でも二人とも元気なレースしていましたね、もうそれだけで良いです。

最後に、今回のフランスGPは、フランスGPとは思えないほど、国際映像に偏りがなくて良かったです。縁石を乗り越えるマシンのスロー映像の多用は相変わらずですが。

|

« 音楽ネタをいくつか | トップページ | 「性の世界への誘い」ってすごいな・・・(内容とほとんど関係なし) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/10990041

この記事へのトラックバック一覧です: 2006F1フランスGP:

« 音楽ネタをいくつか | トップページ | 「性の世界への誘い」ってすごいな・・・(内容とほとんど関係なし) »