« ウィーン少年合唱団 in 東京オペラシティ | トップページ | サッカーW杯、日本がオーストラリアに逆転負け »

2006.06.12

2006F1イギリスGP

明日が、いや、今日が早いからさくさくと書きます。とりあえず今回言いたいことは5つ。

その1:マクラーレンの二人はよくがんばりました(注:これを書いている人間はマクラーレンファンですから)。
ライコネンの、予選2位、決勝3位は上出来だと思います。序盤、ミハエル、アロンソとごちゃごちゃやっていたときにはハラハラしましたが、何事もなく、終盤フィジケラに追い立てられるも抜かれることもなく、良かった良かった。モントーヤが遅かったのは序盤に他車と接触がありマシンが一部損傷したせいだということをコメントを読んで知りました。彼もよくがんばりました。なんだかえらそうですみません。どうでもいいけど、なんか、決勝の順位が見事に、ルノー、フェラーリ、マクラーレン、ルノー、フェラーリ、マクラーレンでしたね。

その2:BMWザウバーとトロ・ロッソがなんか良い意味で目立っていたと思います。
BMWザウバーに関しては国際映像がやたらヴィルヌーヴを映していたからそう感じたのかもしれないけど。ハイドフェルトは1回目のピットストップでのトラブルが気の毒でした。それがなければモントーヤは食われていたかもしれないですね。そして、トロ・ロッソ、初めてですよね、2台とも予選第2ピリオドに進んだのは。第1ピリオド、2台とも結構余裕で抜けましたよね、少なくともボーダー(15位)ではなかったし。もうそれを見て、自分、第2ピリオドは、録画映像に向かってかなり本気でトロ・ロッソ応援モードだったんですが、さすがに10位の壁は厚いですね。トロ・ロッソはまだエンジンが制限つきV10だったはずだから、10位の壁超えたらさすがになんか言われそうですが。それにしてもリウッツィ・・・、良いマシンに乗せてみたいです、つくづく。

その3:トヨタがなんだか不運でした。
予選のトゥルーリのエンジンブロー、決勝のラルフのアクシデントと、上手く行かない週末でしたね、トヨタは。ラルフとウェバーのアクシデントのシーンは地上波では映されなかったので何が起こったか全くわかりませんでしたが(←ちょっと怒り。地上波のカットもアレですけど、国際映像自体も、予選・決勝ともになんか脈絡のない映し方のような気がするのですが・・・(あくまで私見)。まあ、今回のGPに限ったことではないですが)、それはそれとして、あれがなかったらどこまでラルフが行けたのかというのはありますけど、Bスペックマシン、トゥルーリ見た感じではあまり相対的に良い感じではなさそうですね。

その4:だんだんとクリエンが心配になってくる今日この頃です。
いや、クルサード好きだから、彼には出来るだけ長くがんばってほしいですし、そのためには彼に良い成績を上げてほしいのですが、それはそれとして、このところ、コンスタントに予選・決勝ともにクルサードに敵わないクリエンが心配なのも本音です。あんまり根拠ないですけど、クリエンがクルサードを上回ったとしても、それがわずかなものだったら、クルサードのほうがチーム(レッドブルに限らず)からの需要があるような気がするんですよね、小さな差なら経験と実績がある方に魅力を感じると思う。ましてクルサードを上回れないようなら・・・と思うわけですよ、全てが自分の憶測に基づく仮定で言っているので、説得力も何もあったものではありませんが。正直なところ、クリエンには、クルサードを負かしてほしいのですが・・・。

その5:スーパーアグリ、ヨーロッパラウンド初の2台完走おめでとうございます。
ついでにサードカーデビューも。

|

« ウィーン少年合唱団 in 東京オペラシティ | トップページ | サッカーW杯、日本がオーストラリアに逆転負け »

コメント

クリエン君に目を付けておいでとは、視野がお広い。
私、モントーヤのシートが気になる。
キミ君にはマクラーレンに残って、アロンソと共にチームを盛り上げてもらいたいから。
トヨタ、大金をかけてもイマイチなのは一般車と一緒だなあ。
ソロバンを弾いてばかりでは、良い車も出来ないし良いファンも付かないと思う、車はホンダファンの私。

投稿: ぽんた | 2006.06.15 10:29

ぽんたさん、こんばんは。

モントーヤのシートも気になりますね。というか、今年はシート争いに大物が加わっているから、たくさん気になっています。でも一番気になるのはライコネンとシューマッハですね、やはり。

トヨタは昨年前半は結構良かったように思うのですが、今年はぐだぐだですね。私は家の車がトヨタだったという理由でトヨタも好きでしたが、恥ずかしながらよくわからないので、カラーリング(と好きなレーサーが所属していること)以外の部分で、このコンストラクターが好き、というのはあまりないです。

投稿: 雪の子キノコ | 2006.06.16 02:51

しかし実は父がトヨタグループの会社に勤めていましたので、恩恵で私はここまで育ちました。
しか~~し、ホンダを知ってしまうとトヨタには戻りたくないのヨン。旦那がホンダ党でアンチトヨタっぽいので大分毒されては居ます。
「世界バリバリバリュー」のモナコ特集はご覧になりましたか?
バトン、ラルフ、ハッキネン、ビルヌーブが写りました。
ビルヌーブはあまり好きじゃなかったけど、ああいうプライベートな会話が感じ良いと印象がコロリと変わります。
年が近いクルサードの方が常識人に見られているけど、それは仕方ないよね。
さ!キミ君はいずこに。

投稿: ぽんた | 2006.06.17 01:13

ぽんたさん、こんばんは。

ホンダの良さというのはチームカラーのことですか、それとも会社のカラーのことですか?私はあんまりそういうことがわからないので興味がありまして・・・。

「バリバリバリュー」見ましたよ、想像していたよりもF1レーサーが映ったので嬉しかったです。ラルフやフィジケラの奥さんも映っていましたね(F1パイロットの奥さんたちがモデルを務めるショーの場面で)。ヴィルヌーヴは良いノリしていましたね。あのインタビューをしていたモデルさんのお父さんはクルサードとも友達なんですよね。羨ましいです(笑)。

投稿: 雪の子キノコ | 2006.06.17 03:05

会社カラーかなあ。
なんせ毒されている、または洗脳されている、とも言えますので大きなことは言えませんけど。
雪の子さんのように真っ白なお気持ちで世の中見ないといけないなあ、とも思います。が、年をとると雑念もありまして。
フェラーリが息を吹き返したのはホンダのエンジニアが入ったから、というのは有名な話。ホンダというのは「どこにでも引き合いがあったら行って、今までの経験を生かしてきなさい。」といった会社。惚れるのよ、そういうところ。

クルサードさんを見直すきっかけは、あのお父さんのおかげでノーギャラで出演されたから。本当に凄い方ですよね。

投稿: ぽんた | 2006.06.17 21:13

ぽんたさん、こんにちは。
お返事遅くなってすみません。

つまりはホンダの度量の大きいところが良いということですね、単純に会社が儲かることだけを考えるわけではない、職人魂みたいなものが感じられるところが良い、と。確かにかっこいいですね。私はそのあたりの知識が全くないもので・・・。

クルサードは友人を大切にする人なんでしょうね>ノーギャラ出演。友達が多いのがわかる気がします。

投稿: 雪の子キノコ | 2006.06.22 09:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/10489356

この記事へのトラックバック一覧です: 2006F1イギリスGP:

« ウィーン少年合唱団 in 東京オペラシティ | トップページ | サッカーW杯、日本がオーストラリアに逆転負け »