« 「こうもり」見てきました | トップページ | ウィーン少年合唱団とイノッチの絡みは少なくとも2度目 »

2006.06.26

2006F1カナダGP

いきなり関係ない話ですが、W杯ポルトガル対オランダ戦、カードとしてはあまり興味がない組み合わせなんですが(日本戦以外だったらやっぱりイングランド戦かな!やっぱりベッカムかな!どうしようもないミーハーですな。いや、ベッカム好きだし、この人のFKとセンタリングはすごいと思いますけど、自分としては、前回大会では、というのは今回イングランド戦見ていないからなんですが、イングランド選手ではDF陣と特にオーウェンに惚れました。なんかびっくりしたんですよ、アルゼンチン戦でなんですが、オーウェンがパスを受けて、ボールを蹴りだしながら彼の前にいた二人の敵のDFの間を一瞬の間に駆け抜けていった光景に。なんか、アニメとか映画の演出によくある、敵の二人のDFの時間が止まっていて彼だけ動けるかのような、なにか違う時間軸の中に両者がいるように見えたから。まあ、今同じ光景を見たらどう見えるかわからないですけど。ちょっとオーウェンについて語りすぎました)、ワイドショーの超ダイジェストを見て、「これは見るべきだった」と後悔しました。なんだかすごい勢いで、レッドだ、イエローだ、飛び交っているじゃないですか(超ダイジェストなものだから、余計にインパクトが大きい)。なんでも、退場4人、警告16回の、記録的な殺伐とした試合だったそうで。こういうのこそ見たかったです。

なんか6時からBS第1で試合を見られたみたいなんですが、仕事で見られないので、せめてNHKで夜にやるダイジェストを見よう、と思っていたものの、結局見なかったのですが、それはF1カナダGPのビデオを見ていてすっかり忘れたからです(その程度の興味ですか、ポvsオ戦は)。なんだかもう、グダグダでしたね、別のマシンだの、壁だのにぶつかる車は続出するわ、ライン外して道じゃないところを走る車続出するわ。

まあ、そんな中でも、ひときわ目立っていましたね、マクラーレンメルセデス(チーム、ドライバー共に)。なにか、このレースのぐだぐだが全てこめられている、そんなレースっぷりだったと思います。ライコネンもとりあえず3位表彰台&ファステストラップは良かったし、全体的に良いレースをしていたと思うのですが、最後のミスはしてはいけないミスでしたね・・・、実際に順位を落としているという点で。でも、この人はどんなときでも攻めた走りをするし、攻めた走りをすればミスは起きやすいものだし、でもって、常に攻めた走りをするところが好きだから多少のミスは大目に見てしまうバカファンですよ、自分は。それに度重なるピットでのトラブルは本当に気の毒でした(SCも結果的には悪い方向に作用してしまいましたね・・・)。2度のピットイン共にトラブルで長引いたときには、「いや、ちょっと、いくらなんでもアロンソサポートは早すぎるよ、いくらなんでも」とピットクルーを心のうちでののしり・・・いえ、ツッコミを入れましたが、クラッチのトラブルだったみたいで。2度目のピットイン時にマシンが発進しなかったときに、普段「動かざること山の如し」のライコネンが、狭いコクピットの中で手ぐるぐる回してくねくね動きまくって見るからに慌てていたのには、「なんでこんなにトラブルが起きるんだ、ライコネンには」と怒りつつも、つい笑いがこみ上がってきました。モントーヤに関しては・・・、お願いだから落ち着いてくださいよ、本当に。元々この人はライコネンよりもさらにミスの多い人だけど、でもそんな実力じゃないと思うんだけど・・・。

ただ、マシンの速さ自体はだいぶ良くなっているみたいですね、別に特に燃料軽いわけでもないのに、予選トップ3に連続して入ってきているし、レース全体を通してみても良いペースだったように思います(モントーヤも結果はアレですが、速さはあるように見えましたし)。ライコネンもモントーヤもマシンにそれなりのスピードがあれば、結果がどうあれ、魅せるレースをしてくれるから、この流れは嬉しいです。スポーツは結果が全てではないですからね・・・、結果が全てなら試合なんて見る必要ないですよ、次の日にスポーツ欄見て結果を見れば良いだけの話。・・・・大変負け惜しみくさいですが、そのとおり、負け惜しみです。でも、結果が悪くてもレース内容が良ければそれで結構十分楽しかったりしますよね、特にモータースポーツの場合。

あとはそうですね、クルサードのアグレッシブな走りが良かったとか、どういう事情かわかりませんがトロ・ロッソのスピードが10位に入っていてちょっとびっくりしたとか、ラルフがとっちらかっていて面白かったとか(何のトラブルかと思ったらタイヤの選択ミスだったんですね、本人のコメントによれば)、トゥルーリがさりげなくアロンソの優勝に一役買っていたような気がするとか、まあそんなところです、感想は。

それにしても、アロンソ本人がどういおうと、やはりルノーのマシンは最強ですね、全くムラがない。フィジケラの、素人目にもはっきりわかるジャンプスタートがなければ、ワン・ツーも可能でしたよね。そして、予選ではかすんで見えたけど、やっぱりフェラーリのマシンも強いですね。ミハエルの、素人目にもはっきりわかるまったりスタートがなければ、最初のピットストップでライコネンはかわされていた可能性があったと思います。後方に沈んでもいつの間にか上位入賞しているマッサ、フィジケラを見ても、この2チームのマシンはやっぱり良いなと思います。でも、マクラーレンもだいぶ接近してきていると思うので(しかしまだだいぶ疑いの眼)、これからが楽しみです。

|

« 「こうもり」見てきました | トップページ | ウィーン少年合唱団とイノッチの絡みは少なくとも2度目 »

コメント

お久しぶりです♪
ウチもミーハーやからオランダvsポルトガルの試合は結果を知ってイエローの数に驚いてから、かなり見たくなってBSの再放送で見ましたよ(^^)

F1の試合めっちゃ楽しかった♪モントーヤのニコへの衝突は見ていて笑いました(^^;)やりやがった…みたいな(笑)
でも、そろそろアロンソもういいよ…って気分です↓
マクラーレンクルーって下手な時ありますよね↓自分の覚えてる限りではルノーはめったな事が無い限りピットクルーが失敗してるの見た事ないんですケド…('_')

早くライコネンが優勝して表彰台の一番上でシャンパン飲んでるのが見たい!!
地上波は二週間連続、衛生生中継で嬉しいけど…その場合インタビューとシャンパンファイトが見れないからイヤなんですよね~(>_<)

ライコネンとシューマッハって意外と仲良し??最近二人が談笑してる写真を何枚か見たんですけど…

投稿: セサル | 2006.06.29 21:03

セサルさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

オランダ対ポルトガル戦見たんですかー、いいですね。やっぱり、BSの再放送、ビデオに録れば良かった・・・(ちょっとビデオ録画することも考えたので)。

カナダGP、本当、面白かったですね。笑いどころがたくさんで。私も正直言って、もうそろそろアロンソでない人の優勝が見たい気分です。というか、ライコネンの優勝が見たい・・・。でも、かなり厳しそうですよね、優勝となると。

マクラーレンのクルーのポカって、私もよく見るような気がします。確かにルノーは失敗が少ないですね、あってもフィジコのピットインのときのような・・・。

地上波衛星生中継はインタビューとシャンパンファイトが見られないのもいやだけど、アクシデントの再現映像とか決定的瞬間とかがCMの間に流れてしまう可能性があるのもいやですね・・・。それでもなんか私も生中継は嬉しいです。

ライコネンとシューマッハ、なんか仲良さげな写真が結構ありましたね。あと、シューマッハがライコネンの後ろにそーっと寄っていって膝カックンしている映像も見ました。なんか去年あたりからツーショットの写真をよく見るけど、移籍問題と関係あるのかな、とちょっと思ってしまいます。

投稿: 雪の子キノコ | 2006.06.30 18:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/10693431

この記事へのトラックバック一覧です: 2006F1カナダGP:

» アロンソ強い! [etc 〜クルマな生活〜]
FIカナダGPの感想です。ルノーのアロンソの強さが目立つレースでした。この先のレースから目が離せません。 [続きを読む]

受信: 2006.06.29 09:45

« 「こうもり」見てきました | トップページ | ウィーン少年合唱団とイノッチの絡みは少なくとも2度目 »