« 私事とF1とウィーンネタ | トップページ | マクラーレンのエスカップCMの映像 »

2006.04.02

2006F1オーストラリアGP

今年から第3戦になったオーストラリアGPですが、マシンのクラッシュが相次ぎ、4回もセーフティカーが登場する波乱のレースになりました。なんかここまでクラッシュやマシントラブルが多いと見ている方も疲れてきますね、ただでさえ、どのレースでもいつもドキドキしながら見なければならないマクラーレンファンなのに。とまあ、それくらい波乱のレースで、なんだか知らないけど、しっかり2台完走を果たしているスーパーアグリには驚きました。

驚いたといえば、ラストあとちょっとのところでのジェンソン・バトンのエンジンブローもですが、バトンはね・・・。スタートでルノーに抜かれなかったのはすごいと思いましたが、セーフティカー明けに2度もパスされてしまうのは・・・。1回目のアロンソに抜かれた時はまあ相手が一枚上手だったということで仕方ないとしても(でも、加速が上手く行かなかったのか、なんかセーフティカーが外れる直前、あまりに無防備にアロンソに後ろにつかれすぎていたような気がします)、2回目のときには解説も言っていたけど(多分)、同じことをアロンソにやり返さなければならないのをできなかったばかりか(それは仕方ないにしても)逆にライコネンに同じようにやられてしまったのはね・・・。まあ、マシン(タイヤ含む)の問題もあるのかもしれませんが。

モントーヤは3回目のSCの時のピットストップが運悪くて気の毒でしたが、なんか久しぶりに面白いモントーヤを見たような気がする。スピンしたり、オーバーランしたりして順位を落とし、それでもぐんぐんすごい勢いで上がって来ていつの間にか元の位置に戻っているというのがモントーヤの魅力だと個人的には思っているんですが、今日のレースはそんな感じで。3回目のSCが入る直前、すごい勢いでライコネンに追いついてきた時にはかっこよかったです、ライコネンファンなので「やーめーてー」(バカ)と叫んでしまいましたが。

ライコネンは今日は速さがそれほどではなかったけど(マクラーレンは重タンとか言われていたけど他とほとんど同じだったし)、今日は割りと運も良かったし、堅実に2位が取れて良かったです。地上波ではラスト12周から一気にラスト3周まで飛んだのでよくわからないのですが、終盤えらい勢いでアロンソを追っかけていったみたいで。相変わらず最後まで全開ですね、そういうところ好きだけど、そのエンジン、次も使うのでは・・・。

アロンソ優勝でルノー3連勝ですか・・・。去年みたいになるのでしょうか・・・。

|

« 私事とF1とウィーンネタ | トップページ | マクラーレンのエスカップCMの映像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/9393703

この記事へのトラックバック一覧です: 2006F1オーストラリアGP:

« 私事とF1とウィーンネタ | トップページ | マクラーレンのエスカップCMの映像 »