« 題名のない音楽会と「LOVERS」とWBC | トップページ | 「さとうきび畑の唄」見ました(+α) »

2006.03.20

2006F1マレーシアGP

思えばライコネンは確かに不運だけど決勝リタイアってこのところなかったんですよね・・・。特に1周も走らずリタイアなんてしばらく見ていない・・・。しかもマクラーレン得意のマシントラブルではなく、他車との接触によるクラッシュ。グリッド中盤に沈むことは珍しくないけど、他車との接触は滅多に見ないので(接触するときは派手に接触するけど)、こういうこともあるなんて忘れていたよ・・・、とまあ、ショックがあまりに大きすぎてですね、なんだかエンジン音の低さとかマシンのカラーリングの区別のつかなさとかそんなことにまでイライラが募っている次第であります。ミッドランドって、フロントウィング赤かったでしたっけ。マクラーレンとカラーリング似ていたけれど、目立つ赤色の部分は被っていなかったように思うのだけど・・・と思って、バーレーンの画像を見直したら赤だ・・・何見ていたんだ、自分は。

まあ、そんなことはどうでもいいんですが、ライコネン、残念でした。この人には週末通して何かしらトラブルが発生せずにはいられないようですね。今シーズンに入ってからリアウィングもう2回外してますよ、他の人は1度も外していないのに。それはそれとして、懸念されていたMP4-21のエンジンの耐久性の良さは驚きでした。モントーヤはなんかまったりしていましたね、冷却のためにダウンフォースを削ったりタイヤにトラブルが出たりと決して良い状態ではなかったみたいですし、なにしろ2戦目のメルセデス・エンジンですから、飛ばしたい放題というわけには行かなかったんでしょうけれど・・・。ワンストップという特殊な作戦使ったマッサはともかく、エンジン交換でグリッド後方からのスタートで同じ2ストップ作戦(第一スティントの燃料量が同じ)でミハエルに5秒差までつかれるというのがね・・・。

ウィリアムズの2台は共にスタートがアレでしたが(いや、ウェバーがスタートがアレなのは重々承知でしたが、まさかウィリアムズが2枚ブロックでマクラーレンの前に立ちはだかるとは思いませんでしたよ・・)、良いレースをしていたので、共にマシントラブルでリタイアになったのは残念でした。マーク・ウェバーはとっちらかることもなくなりなんか手堅いレースをしているし、ニコ・ロズベルクも機を見てきれいにオーバーテイクする良いドライバーですね。

それと、ホンダのバトンは、良い走りをしていたのに、何かと自分より遅い車が前に来てしまってちょっとその点では運がなかったですね。バリチェロは・・・、まあ、がんばってください。何しろ新しいチームだから・・・でも、マッサやロズベルクは新チームでチームメイトと遜色ない走りしているから・・・。やはり適応するのに年とか関係あるのかな。

さて、今回、自分、佐藤琢磨選手をちょっと見直してしまいました。たった何日でしたっけ、120日かそこらでしたっけ、それくらいで用意し、ほとんどテストも出来ない状態で、4年型落ちのマシンで、良いレースしてましたね。ミッドランドやトロ・ロッソが相手ではありますが、速い車を先に行かせながら良いバトルしていてかっこよかったです。特に、スーパーアグリよりは明らかに格上のトロ・ロッソに乗るリウッツィ相手に一度抜かれたのをバックストレートエンド(多分)で抜き返したのはちょっと興奮しました。コーナーで外に流れて真ん前に入ってきた佐藤に追突しなかったリウッツィも上手でしたが。

最後にルノーは強いですね。フィジケラは見事なポール・トゥ・ウィンおめでとうございます。アロンソのスタートもすごかった。あれには感心しました。

|

« 題名のない音楽会と「LOVERS」とWBC | トップページ | 「さとうきび畑の唄」見ました(+α) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/9181360

この記事へのトラックバック一覧です: 2006F1マレーシアGP:

« 題名のない音楽会と「LOVERS」とWBC | トップページ | 「さとうきび畑の唄」見ました(+α) »