« マクラーレンのカラーリング発表(ちょっと冬季五輪ネタ) | トップページ | スーパーアグリのドライバー正式決定 »

2006.02.14

ライコネンの写真ネタとトリノ五輪ネタ(例によって内容はなし)

0046062

今日から開始のヴァレンシアのテストでのライコネンの写真。はるか昔公開されたガンダムシリーズの映画「逆襲のシャア」のシャアを彷彿とさせるんですが。もし実写版をやるならぜひ彼に(何があっても出演承諾しそうにないですが)。ところで、ライコネンおよび手だけ写っているモントーヤが持っているのはエスカップですね。エスエス製薬がマクラーレンと何か関係があるのでしょうか。まあ、なんでもいいですけど、とりあえずこの二人にはエスカップは不要なもの、という気がします、なんとなく。

それはそれとして、日本勢の不振が続くトリノオリンピックですが・・・。いまだにメダルがゼロ状態ですが、案外思っても見ないところでメダル獲得者が出るんじゃないかな、と思ったりもしています。いや、結構、その競技の第一人者がこけて、むしろ2番手3番手の人の方が上位に入る傾向が今回は特に顕著なような気がするんで。日本でもそうですけど、例えば、ノルディック・スキー競技、複合では、金は堅いと思われていたフィンランドのマンニネンがこけてなんか違う名前のフィンランド人が代わりに上位入賞していたし、ジャンプでも、第一人者のアホネンではなくハウタマキが(まあ、ハウタマキは強い選手だけど)表彰台に上がっていたりしていますね、そういえば(オランダのスピードスケート女子3000Mなんかもそうではないかと思うのですが、自分はノルディック・スキー以外はあまり興味がないのでわかりません)。ジャンプは、まあ、アホネンは名前のインパクトの割に(いや、名前にインパクトを感じるのは日本人だけでしょうが)、なんとなくジャンプのインパクトが弱いという印象を五輪のたびに受けていたので(W杯では強いみたいですが)、今回もきちんとそれを実践という感じでまあちょっと予想通りかなといった感じですが(いや、まだラージヒルがあるけど)、ノルウェー勢が表彰台の2席を占めるとは思いませんでした。ノルウェーって、クロスカントリーは強いけど、ジャンプはイマイチというイメージがあったから。いや、それは過去のものかもしれないですが。日本勢も含めて、かつて大活躍した人たちがかろうじて下位入賞もしくは思いっきり入賞圏外に名前を連ねているのを見ると、勢力図の移り変わりの激しさを感じます。移り変わりの激しさとはちょっと異なるけど、昨日のスピードスケート男子500mで、あのウォザースプーンが簡単にアメリカ人(優勝した人)においていかれるのを見たときはちょっとショックでした(いや、もちろん、一番ショックなのは日本人の結果でしたが)。

|

« マクラーレンのカラーリング発表(ちょっと冬季五輪ネタ) | トップページ | スーパーアグリのドライバー正式決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/8665265

この記事へのトラックバック一覧です: ライコネンの写真ネタとトリノ五輪ネタ(例によって内容はなし):

« マクラーレンのカラーリング発表(ちょっと冬季五輪ネタ) | トップページ | スーパーアグリのドライバー正式決定 »