« 今日の日記 | トップページ | 最後の(多分)トリノ五輪ネタ(男子スピードスケート) »

2006.02.26

ソルトレークのときのジュベール

荒川選手の金メダル効果なのかBSでフィギュアスケートの再放送をしていたので、男子フィギュアのフリーをビデオ録画しながらもう一度見ていたのですが、もともとオリンピック自体に興味がなくて男子フリーも今回初めて見た妹が「プルシェンコよりイリヤ・クーリック(長野五輪金メダリスト、念のため)の方がすごかった」と、そんな時代が違うんだから言っても仕方がないケチをつけ出したので、検証のためメダリストの演技だけ録画してあったビデオを探したのですが、残念ながら見つからず。私の曖昧な記憶ではクーリックの演技は隙がなく完璧というイメージがありますが、隙だらけだけど見ていてとても楽しかった3位のキャンデロロの演技の方が好きでそればかり繰り返し見ていたのでそちらの方が印象に残っています。キャンデロロは本戦から演技がエキシビション的だから。あのフェンシングのステップは何度見ても面白い。

で、かわりに見つかったのが、ソルトレークの時のブライアン・ジュベールの映像の入ったビデオ(フリー時)。見ながら録画したらしくとにかくジュベール限定で録画してあるので映像がプチプチ切れてこちらが切れそうになりましたが、一番残念だったのが、同組でおそらく一つ前に出番があったランビエールの映像が、ランビエールが一人でリンクに登場し名前紹介の字幕が出たところですっぱり切れていたこと。インターバルでの練習シーンは全部録画してあったのでまだコドモみたいなランベールのなかなか高さのあるジャンプを見ることができましたが。それにしても残念。

で、久しぶりに17歳の頃のジュベールの演技を見たのですが、よく実況の話を聞いてみると、「フランス期待の星」だの「この人も4回転飛びます」だの「○○(多分欧州選手権)で3位」だの、それなりに力があるというか、これからが期待できる選手であることの説明がなされていて、この前のブログで大したことがない選手だと当時思ったというようなことを書いていますが、それは、ここらへんの説明がすべて右から左に抜けて、おそらく「ショートプログラム17位(14位だったかな)」という説明と、ジャンプでの再三のミスと、可愛いルックスだけが頭に残っていたせいだと思われます。

もう一度見直すと結構良いジャンプ飛んでいたり、ステップのときに個性的な振りをしていたりしますが、やはり今のに比べると・・・。実況もふと気がつくと「(当時日本期待の星だった)本田まであと8人」とかよそに意識が行ったりしているせいか、終盤のジャンプで派手にしりもちをついてしまい、つい照れ笑いを浮かべる彼を「それでも笑顔!」って、確かに笑い顔だけどいわゆる笑顔とはニュアンス違いますよ、あれは、なことを言っていたりしましたが、彼が終わった時点で2位で、さりげなく3位(その時点で)のランベールより上に入っていました。それにしても、ランベールの映像がないのが残念ですよ。にわかファンはこういうところのつめが甘いです。

|

« 今日の日記 | トップページ | 最後の(多分)トリノ五輪ネタ(男子スピードスケート) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソルトレークのときのジュベール:

« 今日の日記 | トップページ | 最後の(多分)トリノ五輪ネタ(男子スピードスケート) »