« 「コシ・ファン・トゥッテ」(2002年・ベルリン) | トップページ | ルノーの新車発表 »

2006.01.29

as.comのライコネン・インタビュー

先週末、ライコネンが、友人のラリードライバー、ユッカ・ヤロネンのために、早朝こっそりモンテカルロラリーの各ステージを車で走って、注意書きを作ってあげたとかいう話(by Turun Sanomat )を海外掲示板で見ました。真偽のほどは知りませんが。

同じく、海外の掲示板に、スペイン人(多分)がas.com(スペインのサイト)のライコネンのインタビューを英訳しているのを見つけました。バルセロナでのテスト後に行われたものと思います。

Q:テスト復帰はどうでしたか?

A:良かったよ、かなり良かった。新しいエンジンパワーに何も問題なく適応できたよ。もっとドライビングが違ったものになると思っていたんだ。コーナーリングのスピードは去年と同じ感じで、唯一違うのはブレーキング・ゾーンへの到達が遅くなったこと。それと、エンジン音もだね、これもかなり違うね。

Q:この質問は必須ですね。あなたの現在在籍するチームにフェルナンド・アロンソがサインしたことについてどう思いますか?プレッシャーが増しましたか?

A:何の影響もないね。ボクはマクラーレンとの仕事を続けていく。もし、チームがボクを計算にいれているのなら、ボクは2007年にフェルナンドと一緒に仕事をするだろうね。

Q:ということは、あなたがたが同じチームで競い合うのをみられるかもしれないんですね?

A:そうだね。ボクは気にしないよ。だけどまだ、ボクはマクラーレンに残るかどうか決めていないんだ。これが、これからボクがしなければならないことなんだよ。

Q:ワールドチャンピオンと競い合うのに何か問題はありますか?

A:いいえ。誰がチームメイトかなんて気にしないから。今のモントーヤの場合と一緒だよ。彼と一緒に働くのに何の問題もないと思う。だけど、繰り返すけど、それは2007年のことで、今ボクらは今度のシーズンに焦点を絞っているんだ。

Q:最初の感触ではライバルたちについてどう思いましたか?

A:もちろん彼らがいかに僕らより速いかを見るのは楽しいことではない。彼らみんなは前の方で高性能を見せている。で、ボクらは後ろにいるんだ。何が欠けているかは知っている:それを解決するために、もっと多くのパワー(馬力)とパーツが必要だよ。ボクが知らないのは、それがいつ届くかなんだ。

Q:あなたは新しいルール、予選方式についてどう思いますか?

A:どう作用するかわからない(笑)

Q:ご存知でしょうが、3段階の予選です。10位になるよりも自由な戦略のとれる11位の方が良いだろうと言われています。好きなように燃料が使えますから。

A:へえ、そうなんだ?これから勉強していくよ。だけど、何かを言うのは早いよ、物事がどう動くかわからないし。今はそれについて心配しようがないよ。

Q:最後の質問です。バレンシアでロッシがF1ドライバーたちと一緒にテストすることについてどう思いますか?

A:彼はすでに他で何回かテストをしているけど、今度のテストは、トラック上に他の車があるから彼にとってはもっと面白いものになるだろうね。ボクにとっては本当にどうでもいいことなんだけどね。


何かこう、質問者が期待する回答をすべてよけてまわったような答えですね、ライコネン。それはいつもですか。


|

« 「コシ・ファン・トゥッテ」(2002年・ベルリン) | トップページ | ルノーの新車発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/8397391

この記事へのトラックバック一覧です: as.comのライコネン・インタビュー:

« 「コシ・ファン・トゥッテ」(2002年・ベルリン) | トップページ | ルノーの新車発表 »